JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
凱旋門賞特集

武豊騎手、4度目の挑戦


'06凱旋門賞

「凱旋門賞に初めて参加できたのは、94年のホワイトマズルでした。
いま振り返ると、このときのボクにはまだ凱旋門賞を勝つイメージがまったく想像できていませんでした。それこそ、文字通りの夢の舞台に引きずり出されて、フワフワ、地に足が着いていないような感覚だったかもしれません。

凱旋門賞は、いつか勝ちたいと思っているレースの一つですが、いま勝たなければもうチャンスはない、とも思いません。日本の多くのホースマンが勇気を持って挑戦を繰り返してきた成果で、ノウハウも年々レベルアップしてきています。いまや凱旋門賞は日本のトップホースのローテーションとして普通に組み込まれるようになっていますからね。日本の馬は目に見えて強くなっていますし、プライドの高いヨーロッパの人たちもそれを認めてくれているんです。それは、ディープインパクトが挑戦したときに皆さんも実感できたはずですし、ボクもホワイトマズルのときとは違って、勝つイメージをはっきりと頭に描いて乗ることができました。

メイショウサムソンにも勝つ力が十分に備わっていると思っています。それと、ボクが期待しているのはあの馬が持っている"意外性"なんです。元々が地味なイメージなのに、人知れず力をつけて二冠馬となったように、今回もまさかと思わせておいて、勝ってしまうんじゃないかと期待しているんです。なんとなく、そういうキャラクターじゃないですか。で、終わってみたら、いかにも凱旋門賞馬らしい血統背景の持ち主だったな、となるわけです。なんか、ボクもその気になってきました。

実はオリンピックのときはフランスにいて、テレビで観戦していました。北島康介選手の活躍などは胸に響きましたね。いままでは日の丸を背負う気持ちはなかったし、あえてそういうものは考えないようにしてきたんですが、今回はちょっと違います。背負うものは背負ったうえで、メイショウサムソンの頑張りに期待したいと思っています」

片山良三=文 text by Ryozo Katayama

 

仏・シャンティーから一時帰国した武豊騎手インタビュー
(9月27日阪神競馬場にて収録)

シャンティー競馬場で追いきりに騎乗しました。競馬場での調教ということで、馬にとってもテスト走行のような意味合いもありました。
僕は宝塚記念以来の騎乗でしたが、すごくよい動きで、元気もあり、状態はとても良い感じでした。
上り坂も下り坂も上手に走っていたと思います。

サムソンが戦ったことのない馬たちばかりなので、どういうレースになるかまだわかりませんが、いいコンディションでゲートインできれば、十分チャンスはあるのじゃないかと思っています。
宝塚記念以来のレースになりますが、昨年も秋初戦の天皇賞でいいパフォーマンスを見せてますので、レース間隔が開いたことに関しての不安はまったくないといえます。
いよいよという感じです。ほんとうの大一番ですし、馬もいい状態で出られそうですし僕もベストの騎乗をしたいと思っています。
日本馬初の凱旋門賞馬になれればいいな、と思っています。がんばります。

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN