JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
凱旋門賞特集




'86凱旋門賞
(優勝:ダンシングブレーヴ)

ヨーロッパ競馬史上最高のレースはどれか、という話題になると、必ず名前が挙がってくるのが、1965年の凱旋門賞である。
イギリスダービー馬シーバード、フランスダービー馬リライアンス、アイルランドダービー馬メドウコート、ソ連のダービー馬アニリンと、4カ国のダービー馬が顔を揃えたのに加え、アメリカから名手ビル・シューメーカーとともに渡仏したプリークネスS勝ち馬トムロルフ、イタリアから後のミラノ大賞勝ち馬マルコヴィスコンティが参戦。更に地元にはオークス馬ブラブラもいたという、夢のような顔ぶれが揃った一戦だった。このメンバーを相手に6馬身差の圧勝を演じたシーバードは、「世紀の名馬」と呼ばれるようになった。

これに匹敵する至高の戦いが展開されたのが、キングジョージとニ千ギニーを制していたダンシングブレーヴ、イギリスとアイルランドのダービーを連覇したシャーラスタニ、フランスダービー馬ベーリング、ドイツダービー馬アカテナンゴ、アイルランドのニ千ギニーを制していた"鉄の女"トリプティク、チリオークス馬マリアフマタ、そして日本ダービー馬シリウスシンボリという、鳥肌が立つようなメンバーが参集した1986年の凱旋門賞だった。
ここで、上がり1F=10秒8という疾風迅雷の末脚を発揮して優勝したのが、ダンシングブレーヴだ。余りの強さに、上限を140と定めたはずのヨーロピアンフリーハンデ(現在のワールドサラブレッドランキング)で、141という今も残る歴代最高レートを獲得することになった。

 


'70凱旋門賞
(優勝:ササフラ)

この他、ミルリーフが勝った1971年、アレッジドが連覇を達成した1978年、ラムタラが制した1995年など、名馬が名馬らしい勝ち方をして人々の記憶に残っている凱旋門賞がある一方、歴史的名馬が思わぬ敗戦を喫したことで、末代まで語り継がれることになった凱旋門賞もある。
1970年、関係者もファンも、この馬を見るためにロンシャンに集まったと言われたのが、アイルランドから遠征してきたニジンスキーだった。前走、デビューから無敗の11連勝でセントレジャーを制し、35年ぶり史上15頭目の3冠馬となったニジンスキーが、鞍上の名手レスター・ピゴットの必死の鞭にも関らず、伏兵ササフラに頭差敗れて連勝が止まった瞬間------。
何万人といるはずの場内が、水を打ったように静まりかえった。
誰もが、目の前で起きた光景を、信じられなかったのである。

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN