JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
凱旋門賞特集

メイショウサムソン (Meisho Samson)
"1年越しの夢、結実なるか"

■3歳時に皐月賞・ダービーの2冠を制覇。
更に4歳時には、史上4頭目となる同一年の天皇賞春秋連覇を達成した、日本競馬界近年屈指の強豪である。同時に、父がキングジョージ勝ち馬オペラハウスで、母の父が凱旋門賞やキングジョージを制したダンシングブレーヴという欧州色の強い血統から、早くから欧州への飛躍が期待されていた馬だった。
本来なら4歳時に渡仏していたはずが、馬インフルエンザ禍の影響で出国出来ず、1年待つことになった。昨年秋から今年春にかけて一時期スランプに陥ったが、いずれも僅差の2着となった春の天皇賞と宝塚記念におけるレース振りは、ほぼ完全復活を印象付けるものだった。
宝塚記念以来の出走だった昨年の天皇賞秋が極めて印象的なパフォーマンスだったことから、3か月振りという臨戦態勢は問題ないと思われる。


'07天皇賞(秋)

牡5歳
父:オペラハウス
母:マイヴィヴィアン
母父:ダンシングブレーヴ
調教師:高橋成忠

主な勝ち鞍
2006 皐月賞(JpnI)
2006 日本ダービー(JpnI)
2007 天皇賞(春) (GI)
2007 天皇賞(秋) (GI)

過去3走成績

2008/6/29 阪神競馬場 宝塚記念(GI) 2着 芝2,200m 武豊
2008/5/4 京都競馬場 天皇賞(春)(GI) 2着 芝3,200m 武豊
2008/4/6 阪神競馬場 産経大阪杯(GII) 6着 芝2,000m 武豊

 

 

ザルカヴァ(Zarkava)
"30年に1頭の名牝か"

■9月14日に凱旋門賞と同コース・同距離で行われたG1ヴェルメイユ賞を、デビューから無敗の6連勝で制覇。1973年のアレフランス以来となる、仏千ギニー・仏オークス・ヴェルメイユ賞の牝馬3冠を達成した。

ヴェルメイユ賞を勝つ前は、父が現役時代1200mまでしか勝ち鞍のなかったザミンダーという血統背景から、距離を心配する声もあったが、これも払拭。牝馬同士の対戦しか経験がないが、仏千ギニーで2着に退けたゴールディコーヴァが、その後マイル戦線で古馬を含む牡馬を破ってG1ムーランドロンシャン賞に優勝。今年のフランスの3歳牝馬はハイレベルとの評判が定着しており、中でも実力ナンバーワンのこの馬には、1982年のアキーダ以来となる牝馬による凱旋門賞制覇の期待がかかっている。



牝3歳
父:Zamindar
母:Zarkasha
母父:Kahyasi
調教師:A.ド・ロワイエデュプレ

主な勝ち鞍
2007 マルセルブーサック賞(GI)
2008 仏1000ギニー(GI)
2008 仏オークス(GI)
2008 ヴェルメイユ賞(GI)

過去3走成績

2008/9/14 ロンシャン競馬場 ヴェルメイユ賞(GI) 1着 芝2,400m C.スミヨン
2008/6/8 シャンティー競馬場 仏オークス(GI) 1着 芝2,100m C.スミヨン
2008/5/11 ロンシャン競馬場 仏1000ギニー(GI) 1着 芝1,600m C.スミヨン

 

ソルジャーオヴフォーチュン (Soldier of Fortune)
"天才が凱旋門賞向きと見極めた馬"

■ボビー・フランケルが持つ年間G1最多勝記録(25勝)を更新する勢いで、ビッグレースを勝ちまくっているエイダン・オブライエン厩舎の所属馬。豊富な持ち駒の中から、天才と言われるオブライエン師が早くから、今季の凱旋門賞はこの馬でと皮算用をしていたのが、ソルジャーオヴフォーチュンである。ロンシャンはここまで3戦2勝。過去最良のパフォーマンスが、不良馬場で行われたアイルランドダービーにおける9馬身差の大勝だから、確かに雨が降って消耗戦となった時の凱旋門賞には打ってつけのタイプだろう。今季は初戦のG1コロネーションCを快勝した後、G1サンクルー大賞で2着と敗れると、早々に秋に備えて休養入り。当初はバーデン大賞を叩かれるプランもあったが出走せず、凱旋門賞はぶっつけで臨むことになった。



牡4歳
父:Galileo
母:Affianced
母父:Erins Isle
調教師:A.オブライエン

主な勝ち鞍
2007 愛ダービー(GI)
2008 コロネーションC(GI)

過去3走成績

2008/6/29 サンクルー競馬場 サンクルー大賞(GI) 2着
芝2,400m C.スミヨン
2008/6/6 エプソム競馬場
コロネーションC(GI) 1着
芝12ハロン10ヤード
J.ムルタ
2007/10/7 ロンシャン競馬場 凱旋門賞(GI) 5着 芝2,400m J.ムルタ

 

デュークオヴマーマレイド(Duke of Marmalade)
"オブライエン軍団のエース"

■シーズン当初からG1ばかり使われ5連勝を飾っている、エイダン・オブライエン厩舎の大将格だ。8Fと10Fの路線を行き来しながら6戦し、2〜4着ばかりで勝ち星なしに終わった3歳時に比べると、まるで別馬のような進境ぶりである。
欧州における12F路線の前半の総決算キングジョージで、初距離を克服して勝利を収めた後、オブライエン師は「今後は10F路線に戻る」と宣言。
言葉通り次走はインターナショナルSに出て、ここも快勝したが、馬主サイドからは凱旋門賞参戦を望む声も聞こえてきている。
一方で、オブライエン師はダートのBCクラシック挑戦に含みを持たせる発言もしており、その動向は流動的だが、出てくれば有力馬の1頭となることは間違いない。



牡4歳
父:デインヒル
母:Love Me True
母父:Kingmambo
調教師:A.オブライエン

主な勝ち鞍
2008 ガネー賞(GI)
2008 タタソールズゴールドC(GI)
2008 プリンスオブウェールズS(GI)
2008 キングジョージY&クインエリザベスS(GI)
2008 英インターナショナルS(GI)

過去3走成績

2008/8/23 ニューマーケット競馬場 英インターナショナルS(GI) 1着 芝10ハロン J.ムルタ
2008/7/26 アスコット競馬場 キングジョージY&
クインエリザベスS(GI)
1着 芝12ハロン J.ムルタ
2008/6/18 アスコット競馬場 プリンスオブウェールズS(GI) 1着 芝10ハロン J.ムルタ


 

ヴィジョンデタ (Vision D'Etat)
"データがイチ推しする"

■過去10年の凱旋門賞をひもとくと、7年が3歳牡馬による優勝で、その全馬が前走G2ニエユ賞を使われて、このうち6頭が勝利を収めているとなれば、今年のニエユ賞勝ち馬ヴィジョンデタを軽視するわけにはいくまい。
ましてや、フランスダービーを含めてデビュー以来6戦負け知らずでここまで来ている馬である。
父が種付け料3500ユーロ(約53万円)という亜流の種牡馬で、兄に今年のグランドナショナルに出た障害馬がおり、自身も下級セールで3万9千ユーロ(約585万円)という廉価で購入されているという、実に地味なプロフィールのせいか、無敗のダービー馬のわりにはファンの人気もイマイチなのだが、実力を侮っていると痛い目にあいそうである。



牡3歳
父:Chichicastenango
母:Uberaba
母父:Garde Royale
調教師:E.リボー

主な勝ち鞍
2008 仏ダービー(GI)

過去3走成績

2008/9/14 ロンシャン競馬場 ニエユ賞(GII) 1着 芝2,400m I.メンディザバル
2008/6/1 シャンティー競馬場 仏ダービー(GI) 1着 芝2,100m I.メンディザバル
2008/4/24 シャンティー競馬場 シュレーヌ賞 1着 芝2,000m I.メンディザバル

 

ニューアプローチ(New Approach)
"異才の英国ダービー馬"

■日本で走りG1高松宮記念を制したシンコウフォレストの半弟。
そして、潜在能力という点で今年のヨーロッパにおける3歳牡馬ではピカイチと言われているのが、この馬である。
今年の英国ダービー馬なのだが、前半から馬が行きたがって、抑えようとする鞍上のケヴィン・マニング騎手と大喧嘩。空を仰ぎ見るほど頭を上げる場面を何度も見せながら、ゴール前で強烈な末脚を発揮して差し切り勝ちをし、「あんな勝ち方をしたダービー馬は見たことがない」と言わしめたのである。
欧州調教馬にしては珍しく、リードポニーに伴われて馬場入場をするほどの気性難は、ひと夏越しても解消せず、前哨戦のG1アイリッシュチャンピオンSでは勝利を収めながら、逆に評価を落とす結果となった。


牡3歳
父:Galileo
母:Park Express
母父:Ahonoora
調教師:J.ボルジャー

主な勝ち鞍
2007 ナショナルS(GI)
2007 デューハーストS(GI)
2008 英ダービー(GI)
2008 愛チャンピオンS(GI)

過去3走成績

2008/9/7 レパーズタウン競馬場 愛チャンピオンS(GI) 1着 芝10ハロン K.マニング
2008/8/23 ニューマーケット競馬場 英インターナショナルS(GI) 3着 芝10ハロン K.マニング
2008/6/7 エプソム競馬場 英ダービー(GI) 1着 芝12ハロン10ヤード K.マニング

 

 

ユムゼイン(Youmzain)
"堅実な末脚を武器とする古豪"

■一昨年9月から世界5カ国でG1ばかり11戦し、6着以下は一度もなし。
昨年はキングジョージでも凱旋門賞でも2着になっている、ヨーロッパ12F路線屈指の強豪である。
今年6月にはフランスにおけるこの路線のG1サンクルー大賞で、ソルジャーオヴフォーチュンをはじめとした好メンバーを斥けて、自身2度目のG1制覇を果たしている。
道中後方から直線だけで追い込むという、不器用なレースしか出来ないため、良く追い上げながらも届かずという競馬が多いことも確かである。
ハイペースが勝利への絶対条件だけに、オブライエン軍団あたりが用意するラビットがグイグイ引っ張る展開になれば、この馬の出番が来てもおかしくはなさそうだ。



牡5歳
父:Sinndar
母:Sadima
母父:Sadler's Wells
調教師:M.シャノン

主な勝ち鞍
2006 オイロパ賞(GI)
2008 サンクルー大賞(GI)

過去3走成績

2008/7/26 アスコット競馬場 キングジョージY&
クインエリザベスS(GI)
3着 芝12ハロン R.ヒューズ
2008/6/29 サンクルー競馬場 サンクルー大賞(GI) 1着 芝2,400m R.ヒューズ
2008/6/6 エプソム競馬場 コロネーションC(GI) 2着 芝12ハロン10ヤード R.ヒューズ

 

ゲッタウェイ(Getaway)
"最強タッグが送る刺客"ゲッタウェイ

■ドイツ産馬で、2007年のワールドサラブレッドランキングで首位となったマンデュロと同じウルマン卿の所有馬である。
そのマンデュロが故障発生で凱旋門賞を回避し、マンデュロの名代として出た凱旋門賞で4着と好走。
飛躍が期待された今季は、コロネーションC,サンクルー大賞がいずれも5着と、不本意な成績で前半戦を終えたが、凱旋門賞前のひと叩きとして出走したG2ドーヴィル大賞を、フランキー・デットーリを背に快勝。
凱旋門賞3勝の名手フランキーが、本番でも引き続き手綱をとる可能性が高い上に、管理するアンドレ・ファーブル調教師も凱旋門賞7勝の伯楽で、ブックメーカーの前売りでも、「馬の力+陣営の実力」が評価されての人気となっている。



牡5歳
父:Monsun
母:Guernica
母父:Unfuwain
調教師:A.ファーブル

主な勝ち鞍
2007 ケルゴルレイ賞(GII)
2008 ジョッキークラブS(GII)
2008 ドーヴィル大賞(GII)

過去3走成績

2008/8/31 ドーヴィル競馬場 ドーヴィル大賞(GII) 1着 芝2,500m L.デットーリ
2008/6/29 サンクルー競馬場 サンクルー大賞(GI) 5着 芝2,400m T.テュリエ
2008/6/6 エプソム競馬場 コロネーションC(GI) 5着 芝12ハロン10ヤード S.パスキエ

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN