JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
調教情報


紅一点のウオッカ、64年ぶり史上3頭目の偉業を達成!

 2004年生まれのサラブレットの頂点を決める第74回日本ダービーは、四位洋文騎手騎乗の3番人気ウオッカが優勝。桜花賞惜敗後、オークスをパスしての挑戦だったが、直線豪快に突き抜けて栄冠を勝ち取った。勝ち時計は2分24秒5。牝馬によるダービー制覇は、1943年のクリフジ以来64年ぶり史上3頭目の快挙。四位騎手、同馬を管理する角居勝彦調教師は日本ダービー初勝利。

2着は3馬身差で福永祐一騎手騎乗の14番人気アサクサキングス。3着は1馬身3/4差で岩田康誠騎手騎乗の4番人気アドマイヤオーラ。


ヴィクトリーが出遅れる波乱の展開

 スタートで皐月賞馬の17番ヴィクトリーが出負けし、波乱を予感させる展開。12番サンツェッペリンは注文通り前へ行く構えを見せたが、外から16番アサクサキングスがジワっと先行。先頭に立ちレースを引っ張った。以下、10番プラテアード、13番ローレルゲレイロらが続いた。

 逃げたアサクサキングスの前半1000m通過は60秒5。先週のオークスよりも遅く、例年のダービーに比べても緩い流れ。14番アドマイヤオーラ、15番フサイチホウオーといった上位人気勢も比較的前の位置。出遅れたヴィクトリーは持って行かれるように外目から押し上げて4番手。3番ウオッカは中団内からの追走となった。

 3コーナーを過ぎても全体的に淡々とした流れ。逃げ、先行馬が余裕を持って直線の攻防に突入した。各馬横一線になっての最後の追い比べ。外に出したアドマイヤオーラ、フサイチホウオーらがモタモタする中、脚色がいいのは内から抜けてきたウオッカ。豪快なストライド伸び、有力馬をアッという間に置き去りにすると、内々で逃げ粘るアサクサキングス目掛けてさらにエンジン全開。残り100mで先頭に踊り出ると、一気に突き放して3馬身差の圧勝を決めた。

力の違いを見せた上がり33秒0の爆発力

 牝馬の果敢な挑戦で話題を呼んだ紅一点のウオッカだったが、ケタ外れの強さを見せて歴史的勝利。道中あまりペースが上がらず、内でジックリ脚を溜められたのが良かったが、それにしても上がり3ハロン33秒0の爆発力は際立った。牡馬の一線級相手にも全くヒケを取らないどころか、力の違いを見せつけるかのような素晴らしいパフォーマンスだった。

 2着のアサクサキングスは、ここ2戦、道悪やテンから忙しい競馬で不本意な競馬。今回は無理せずハナを取って、上手くマイペースに持ち込めた。アドマイヤオーラは、外から懸命に脚を伸ばすも、伸びてくるのが遅く、3着に上がるのがやっとだった。

 圧倒的1番人気に推されたフサイチホウオーはまさかの7着に惨敗。馬場入り後、かなりイレ込み、道中少し引っ掛かっていたが、それにしても案外な競馬だった。ヴィクトリーはスタートの出遅れがすべて。

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN