JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
コース解説

ディープインパクト
コース図03年のコース改修後からCコースを使用

 スタート地点はホームストレッチのメモリアルスタンド前から。03年のコース改修後、BコースからCコース使用へと変わり、内ラチ沿いから6mのところに移動柵が設けられている。Cコース時の最初の1コーナーまでの距離は313m。最後の直線にある坂をほぼ上り切ったところのスタートとなり、1コーナー過ぎまでは平坦コースとなっている。

 1〜2コーナー中間から向正面直線の残り約1300mまでは緩やかな下り坂で、そこから急な上り坂。約60mほど平坦を走り、3コーナー手前から3〜4コーナーの中間まで再び下り坂。平坦の4コーナーをカーブを曲がり、ホームストレッチに入って間もなく約2mの勾配の最後の坂。ゴール前の直線は525.9mある。

直線は内が荒れ気味で外からの差しが決まる

 CコースはAコースに比べて最初の1コーナーまでの距離が短く、先手を奪いたい馬にとっては枠順がカギとなる。外枠からハナを叩くには苦労することになり、内枠の方がすんなり好位を取ることができる。しかし、ダービー週のCコースは内目の馬場が荒れ気味なので、終始内の経済コースを通って押し切る競馬はかなり難しい。

 昨年こそ逃げたアドマイヤメイン、インの好位にいたメイショウサムソンで決まったが、その前のディープインパクト、キングカメハメハ、ネオユニヴァースと、03〜05年の3年間は直線外に出しての差しが決まっている。それも中途半端に外ではなく、五分どころよりも外の位置からの伸び。末脚に自信がある馬は、思い切って大外に出した方が好結果が出そう。

高速馬場でペース緩まず最後は消耗戦

コース図 前週のオークスと違い、日本ダービーは流れが緩くならないのが特徴。かつての「テレビ馬」のような玉砕型の逃げ馬は、最近はほとんど見なくなったが、それでも何故か極端なスローペースになることは少ない。良馬場で行われた04年、05年の勝ち時計はともに2分23秒3と、以前に比べてかなり速くなっている。高速馬場の影響にもよるが、最後は消耗戦。一団になってのゴールとはなりにくく、能力の差が着差にハッキリ出てくる。

 全体的に広々としたコース。中山で行われた皐月賞で最後脚を余してしまったり、窮屈な競馬を余儀なくされてしまった馬が巻き返しやすい。最後の直線の坂はゆったりで、それほどの厳しさはないが、3歳馬の頂点を決めるレースだけあって、フルに力を発揮しやすいコースになっている。

 

 

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN