JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

競馬かわらVAN(リレーコラム)

競馬かわらVANバックナンバー

第96回 大女優ウオッカの引退

2010/3/22(月)

いよいよ、今年のドバイワールドカップデーが近づいてまいりました。
ドバイワールドCで最後の花道を飾るはずだったウオッカが、鼻出血のため、本番を前に引退となったことは残念で、寂しさはもちろんありますが、無事にアイルランドで待つダーリン・シーザスターズの元にお嫁入りができたことは、ほんとうに良かったと思います。

あらためて、ウオッカの競走成績を振り返ると、熱いものがこみあげてきます。

ウオッカ 2007年(平成19年)東京優駿(Jpn1)

2歳から5歳まで、4年連続GT制覇、 牝馬として64年ぶりの日本ダービー優勝に、日本の牝馬による史上初のジャパンカップ制覇、GT7勝、しかも内5勝は一線級の男馬を退けてのものですものね。それに加えて3度のドバイ遠征。4年連続JRA賞を受賞し、2年連続年度代表馬に輝きました。
一流の牡馬でも音を上げてしまいそうな道程を歩み、たくさんの興奮と感激を届けてくれたウオッカ。このような牝馬はもう、空前にして絶後ではないでしょうか。3年半にわたる春夏秋冬それぞれに思い出はつきません。

いつも近くで苦楽をともにされた、厩務員の中田陽之さんによると、ウオッカは負けることが嫌いで、写真を撮られることが大好き。優勝記念写真の撮影時は、とても気分よさそうにして、まるでスーパーモデルや女優のようだったとのこと。記念撮影がないと、負けたことがわかって怒っていたそうです。ふだんでも強い面が多かったけれど、たまにスリスリして甘えてくるときは可愛かったというウオッカ。これだけ活躍できたのは、彼女の能力の高さや卓越した精神力はもちろん、スタッフの力も大きいですよね。

「嬉しいことも辛いこともたくさん教えてくれた。人も馬に添ったが、馬も人に添った」という、角居勝彦調教師の言葉にそれが表れていると思います。

2009年の秋の天皇賞で負けたとき、応援に来ていて、泣いてしまったという3歳の息子さんにとって中田さんは自慢のお父さんのようです。お友達からも「パパすごいね」といわれるそうで、小さな子供たちにもウオッカはカッコイイと映るんですね。もう少し大人になったら、ウオッカのことをちゃんと話したいとおっしゃっていました。

ウオッカが自らベストパフォーマンスを選ぶとしたら、どのレースでしょう。聞いてみたいですね。
ウオッカさん、輝かしいGI7勝の中で、最も印象的だったレースは?
ウオッカ「それぞれが素晴らしく選ぶのは困難ですが・・・・・(ほんの少し間をおいて力強く)ダービーです。間違いなくダービーです。ダービーの勝利は大切な思い出として決して忘れないでしょう」――――はい、映画「ローマの休日」のラストシーン。どこの訪問地が最も印象的だったかを記者会見で聞かれたときのオードリー・ヘップバーン風に、ダービーと答えるシーンを想像してみました。私はダービー優勝が最も印象深いです。

ウオッカの流星の形が、映画「麗しのサブリナ」に登場するオードリー・ヘップバーンの姿に似ていると話題になりましたので、そんなシーンを思い描いてしまいましたが、ウオッカはまさしく、世界中から愛され、感動を与えたヘップバーンのような名女優、大女優でした。

やはりいつも近くにいてくれた岸本教彦調教助手ともドバイで別れを告げ、アイルランドに渡った彼女。淋しかったことでしょう。でもやっぱり芯の強い馬ですね。お疲れ様でした。あなたの走る姿に一喜一憂した幸せな日々に心から感謝します。
繁殖入りする今後も壮大なドラマが広がりそうで、楽しみにしています。良いお母さんになってくださいね。

ドバイワールドCでのバトンは、女王様からレッドディザイアに引き継がれました。
4歳になったばかりで初めての海外遠征に挑むレッドディザイアにとって、ウオッカの存在はとても頼もしかったと思います。ウオッカの胸を借りての調整は、どんなに心強いことだったでしょう。前哨戦での強さ、しびれました!ウオッカの分まで頑張ってくれることを期待します。
そして、ブエナビスタ、ローレルゲレイロ、グロリアスノアの活躍を見届けるべく、私も応援にいってきます。

新生・メイダン競馬場で、どんなアラビアンナイトになるのでしょうか、楽しみです。

私のコラムは今回で最後です。これまで読んでいただき、どうもありがとうございました。
また、どこかでお会いしましょう。それでは、みなさま、GOOD LUCK!

ライタープロフィール

鈴木 淑子 (すずき よしこ)

東京都出身。川村短期大学卒業後、三菱重工業(株)秘書課勤務でOLを経験した後、『夕やけロンちゃん』(東京放送[TBS])で放送業界にデビュー。TBSのお天気キャスターなどで活躍。『競馬中継』(〜1985年)、『チャレンジ・ザ・競馬』(1985年〜)の司会を経て、『スーパー競馬』(フジテレビ)のコメンテーターを務めた。また、グリーンチャンネル『鈴木淑子のレーシングワールド』ほか、各地競馬場でのトークショーなどで活躍。三冠馬・ミスターシービーの大ファンとしても有名。

競馬かわらVANバックナンバー

競馬かわらVANはケータイサイトならびにNEXTでもご覧いただけます。

ケータイサイトやNEXT Ver.5では、記事の中の競走馬、騎手、レース成績などのキーワードがリンクされており、簡単に詳細情報を見ることができます。

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN