JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

競馬かわらVAN(リレーコラム)

競馬かわらVANバックナンバー

第92回 夢ふくらむフォゲッタブル

2010/2/22(月)

2月14日、バレンタインデーに行われたダイヤモンドSを、フォゲッタブルが優勝。春の天皇賞へ向けて弾みをつけました。

フォゲッタブルって、ハンサムですよねえ。じ〜ぃと顔を見ていると、父ダンスインザダークや、母エアグルーヴの表情を思い出します。

エアグルーヴ1997年(平成9年)天皇賞(秋)
ダンスインザダーク1996年(平成8年)菊花賞

エアグルーヴのことは、現役時代、ずっと羨望の眼差しで見つめ続けていました。

母ダイナカールは、競馬を始めて最初に見たオークスの優勝馬。しかも、5頭が横一線でなだれ込む大激戦を制した姿が印象深い思い出の馬です。そして父は大好きな種牡馬トニービンということで、デビューのときから注目していました。

96年、オークス母娘制覇達成。97年の秋の天皇賞優勝をはじめ、一線級の男馬たちと大舞台で堂々と渡り合った強さと根性、そして牝馬らしい気品にあふれる姿に、あこがれと畏敬の念を抱いていました。

ダンスインザダークで忘れられないのは、96年菊花賞のレース後。検量室前で表彰式へ向かうまでの間、クーリングダウンをしていたダンスインザダークの脚(特に両うしろ脚)が、小刻みに震えていたのです。それは、もう無理かと思われたポジションから強襲し、残りあと50mのところから前のロイヤルタッチとフサイチコンコルドをかわして優勝。上がり3ハロン33秒8という閃光のような末脚で制したレースの凄まじさを物語っていました。ダービー2着の雪辱を見事、全身全霊をかけて果たした男の姿に胸を打たれました。

そんな同期のGⅠホースを両親をもつ、バリバリの良血のフォゲッタブルですが、デビューからの戦歴をみてみると、

『全レース成績』

日付・開催日
開催場
競走名
頭数
着順
騎手
距離
タイム(タイム差)
2010/2/14
東京
ダイヤモンドS(GIII)
16
1
武豊
芝3400
3:32:6(-0.2)
2009/12/27
中山
有馬記念(GI)
16
4
ルメール
芝2500
2:30:8(0.8)
2009/12/5
中山
ステイヤーズS(GII)
16
1
スミヨン
芝3600
3:51:3(-0.2)
2009/10/25
京都
菊花賞(GI)
18
2
吉田隼人
芝3000
3:03:5(0.0)
2009/9/20
中山
セントライト記念(GII)
18
3
吉田隼人
芝2200
2:12:1(0.1)
2009/8/23
新潟
阿賀野川特別(1000万下)
14
2
川田将雅
芝2200
2:14:1(0.8)
2009/8/1
小倉
高千穂特別(1000万下)
9
8
武豊
芝2000
2:01:1(1.6)
2009/7/5
阪神
生田特別(500万下)
12
1
武豊
芝2400
2:27:0(-0.2)
2009/6/14
中京
3歳500万下
15
2
岩田康誠
芝2000
2:00:8(0.2)
2009/5/24
中京
ぶっぽうそう特別(500万下)
9
6
幸英明
芝2000
2:00:4(1.0)
2009/3/1
阪神
すみれステークス(オープン)
9
5
武豊
芝2200
2:18:0(0.4)
2009/2/14
京都
3歳未勝利
16
1
武豊
芝2200
2:17:7(-0.3)
2009/1/18
京都
3歳新馬
12
5
武豊
芝2000
2:04:9(0.8)

と、超おぼっちゃまのローテーションにしては珍しいですよね。

特にデビュー4戦目のぶっぽうそう特別から、夏の間、約1ヵ月に1戦のペースで、しかも、中京、阪神、小倉、新潟と行脚ですもの。しかし、“可愛い子には旅をさせよ”の如くの武者修行が、体質の弱かったおぼっちゃまをたくましく成長させました。

セントライト記念3着で優先出走権を得た菊花賞で、僅差の2着。12月のステイヤーズSで重賞初制覇を果たし、有馬記念4着。この厳しいローテーションをこなし、好成績を残すところに良血・素質開花を感じさせます。そしてこの度のダイヤモンドSの勝利。担当の市川明彦厩務員も「とにかく根性が素晴らしい」とおっしゃっています。両親のいいトコどりなのかもしれませんね。父母をGⅠホースに導いた武豊騎手を背に“エアグルーヴの息子からいよいよGⅠウィナーの誕生”。その日の訪れが待ち遠しいです。
「まだまだ成長して、もっと良くなる」と管理される池江泰郎調教師も笑顔でした。

来年2月に定年を迎える池江調教師にとって、今年はラストイヤーとなります。

フォゲッタブル2010年(平成22)ダイヤモンドS
フォゲッタブルダイヤモンドS 口取り

先日も「もう時間がないからね。1日1日、懸命にやっているよ」とおっしゃっていました。ディープインパクトの初年度産駒も7〜8頭入厩予定とのことで、どんな馬に育てられるのか楽しみです。でも来年のクラシックの舞台には一緒にお立ちになれないわけですから淋しいですよねえ。

そのディープインパクトが愛用した馬服を着用しているフォゲッタブル。ダイヤモンドSのレースぶりや走り方にディープインパクトを重ねたかたも多かったのではないでしょうか。
金子真人オーナー、武豊騎手、池江調教師をはじめとするスタッフもディープインパクトと同じとなると、秋には――と私たちファンも大きな夢をみたくなります。

最後にもう一度、ヨーロッパの最高峰に挑戦してみたいという池江調教師の思い。また、最後にもう一度、先生のために凱旋門賞を目指したいという厩舎の皆さんの願いもあるのではないかと想像します。

池江調教師といえば、01年、ステイゴールドでドバイシーマクラシック優勝。ドバイのレースを初めて勝った調教師で、トゥザヴィクトリー(ドバイワールドCを逃げて2着)は、世界中のホースマンやファンを驚かせました。

ドバイでは、陽が昇り、気温が上がってからの日本馬の調教時間を、それでは暑くて馬へ負担がかかると、主催者側にかけあって、日の出前の涼しい時間帯に変えた調教師です。

世界の夢の舞台へもう一度――、その望みを現実にできる活躍をフォゲッタブルに期待しています。

ライタープロフィール

鈴木 淑子 (すずき よしこ)

東京都出身。川村短期大学卒業後、三菱重工業(株)秘書課勤務でOLを経験した後、『夕やけロンちゃん』(東京放送[TBS])で放送業界にデビュー。TBSのお天気キャスターなどで活躍。『競馬中継』(〜1985年)、『チャレンジ・ザ・競馬』(1985年〜)の司会を経て、『スーパー競馬』(フジテレビ)のコメンテーターを務めた。また、グリーンチャンネル『鈴木淑子のレーシングワールド』ほか、各地競馬場でのトークショーなどで活躍。三冠馬・ミスターシービーの大ファンとしても有名。

競馬かわらVANバックナンバー

競馬かわらVANはケータイサイトならびにNEXTでもご覧いただけます。

ケータイサイトやNEXT Ver.5では、記事の中の競走馬、騎手、レース成績などのキーワードがリンクされており、簡単に詳細情報を見ることができます。

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN