JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

競馬かわらVAN(リレーコラム)

競馬かわらVANバックナンバー

第69回 JRA−VANソフト作者との牧場見学

2009/9/14(月)

鈴木淑子さんが先週のこのコラム欄で、ファンのみなさんの北海道牧場めぐりツアーに同行して、ターフを去ったかつてのヒーローたちに再会できた喜び、そしてファンのみなさんとの楽しい旅を綴っておられたが、私も実はこの夏、毎週末の新潟競馬場での仕事の合い間に、わずか2泊3日の短い日程だったが、20人ほどのツアーに参加して、馬産地日高の牧場を回ってきた。

これまでにも北海道の牧場には、4年続けてのウインズ静内でのファンとともにの日本ダービー観戦のあと、ダービー優勝馬のふるさとを訪ねたり、年に1度の記者クラブの牧場見学会に参加したり、何度となく足を運んできているが、今回の牧場見学ツアーはこれまでにない楽しい、意義ある旅となった。

同行のメンバーはというと一般のファンではなく、JRA−VANに自分たちが作成したデータを提供している競馬ソフトの人気作者たち。われわれ現場派とは違って、開催日でもパソコンを前に、あれこれ考えながら、データ作りに没頭している競馬愛好家、というより技術者で、中には一流電気メーカーの社員までいて、年齢は20代後半から50歳半ばまで、競馬にはかなり詳しい面々である。

JRA−VANでは、これらソフト作者にファンが楽しめるよりよいソフトを、今後も作成してもらいたい。それには競馬場やトレセンなどの現場を見ることも必要だろうと、今回初めて企画したのが、「人気競馬ソフト作者懇談会・北海道競馬施設見学ツアー」である。

これまでにも東京競馬場でのレース観戦、美浦トレセンでの調教見学を実施しており、私も何度か顔を合わせてきた人が多く、今回もその案内役として、パソコン競馬ライターとして活躍中の市丸博司さんと2人、ゲストとして招かれての牧場ツアー参加だった。

新潟競馬場での土曜の仕事を終えて帰京、翌日曜日の8月30日から9月1日までの3日間。その行程はというと、

日高育成牧場
日高育成牧場 室内の1000mウッドチップコース
ディープインパクト
チチカステナンゴ
人気競馬ソフト作者懇談会・北海道競馬施設見学ツアー
30日(日曜)
10:00
羽田空港出発
13:00
札幌競馬観戦
16:00
バスで日高・静内のホテルへ
19:00
ホテルで夕食会・懇親会
21:00
懇親会終了
31日(月曜)
9:00
ホテル出発
10:30
JRA日高育成牧場見学
12:30
優駿ビレッジAERU(昼食)
15:00
JBBA静内種馬場見学
16:00
バスで札幌市内のホテルへ
18:30
ホテル着
1日(火曜)
8:30
ホテル出発
10:30
社台スタリオンステーション見学
11:30
ノーザンファーム見学
12:30
ノーザンホースパークで昼食
15:00
新千歳空港到着後解散

ゆったりしたスケジュールの3日間のバスの旅だったが、心配された台風も上陸することなく、東京は雨だというのに初日の札幌競馬場、2日目の日高の育成場、そして3日目の社台スタリオンでの種牡馬見学と、3日間ひと粒の雨も降らない好天に恵まれ、牧場見学は初めてというみなさんは大喜びだった。

静内のホテルでの夕食会、懇親会でとなり合わせた2人は、山口県の宇部市から参加とあって、私も2度ほど山口県のウインズ小郡へ出向いてきたので話は弾み、近い将来ウインズ小郡での再会を約束したほど、親近感をおぼえた競馬好きの2人だった。

2日目は静内のホテルから、浦河のJRA日高育成牧場まで、バスで1時間半ほど。私も少しでも役に立てればと、車中から目に飛び込んでくる有名牧場の所在場所、その光景をマイク片手に説明してきたが、みなさん熱心に耳を傾け、カメラのシャッターを切ったり、中にはパソコンを開いて休みなく手を動かしていた人もいて正直びっくり。こんなところでも、われわれ現場派との違いを、改めて知らされた思いだった。

広大な土地の日高育成牧場内をバスで見学。山の上の坂路コース、室内の1000mウッドチップコースでは、バスを降りて大地に足を踏みしめて感激もひとしお。「来てよかった」の声がみなさんから聞かれた。

移動してJBBA静内種馬場での種牡馬見学。その施設の豪華さにも驚いた様子だったが、みなさんの感激がピークに達したのは、最終日の社台スタリオンでの有名種牡馬16頭を目の前にしたときだった。

最初のマンハッタンカフェから、最後に出てきたジャングルポケットまでGIホース勢ぞろい。中でも注目を集めたのはひと回り馬体が成長したディープインパクトと、初産駒は来春からという期待の輸入種牡馬チチカステナンゴの、見映えのする芦毛の馬体だった。案内してくれた徳武さんの、「産駒がいまから楽しみな期待の種牡馬、憶えておいてほしい」の言葉に、カメラのシャッター音が一斉に聞かれてきた。

また、ノーザンファームに移動してからは、主任の中尾さんがわれわれのバスに乗って、場内の繁殖馬房から屋根つきの直線坂路コースまで、1時間もかけて親切に案内してくれたのには、みなさん感謝感激の様子だった。

ノーザンホースパークでの昼食が、3日間の楽しかった牧場見学のお別れ会となったが、これを企画したJRA−VAN、そして付きそったVAN社員の、怠りない事前の行き届いた準備があってこそで、VANソフト作者の初めての北海道牧場見学ツアーは大成功。みなさん大いに楽しみ、喜び、帰路についたのでは、と私もホッと安どの胸をなでおろした次第。今後のJRA−VANの、ファンへのますます充実したデータの提供を期待したい牧場同行ツアーだった。

ライタープロフィール

原 良馬 (はら りょうま)

1933年10月生まれ、群馬県出身。デイリースポーツ東京本社、中央競馬の予想記者担当を経て、独立。競馬ジャーナリスト活動を本格化した。ラジオNIKKEI『中央競馬実況中継・土曜日午前中』、テレビ東京『ウイニング競馬』のレギュラー解説、また雑誌の競馬コラムや美浦トレーニング・センターで行われるGIレース公開調教会の司会進行なども担当している。

競馬かわらVANバックナンバー

競馬かわらVANはケータイサイトならびにNEXTでもご覧いただけます。

ケータイサイトやNEXT Ver.5では、記事の中の競走馬、騎手、レース成績などのキーワードがリンクされており、簡単に詳細情報を見ることができます。

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN