JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

競馬かわらVAN(リレーコラム)

競馬かわらVANバックナンバー

第45回 今年もファンとともに

2009/3/30(月)

土曜日はラジオ、テレビの解説があるので競馬場で、日曜日は開催場を離れてウインズに出向き、ファンとともにのレース観戦、毎週ではありませんが、GIシーズンともなると、こんな週末を10年近くも過ごしてきました。今年もそんな季節がやってきました。

横手場外 外観

桜花賞トライアルのフィリーズレビューが行われた日(3月15日です)、秋田県の“横手場外”へ行ってきました。“なんでこんな時期に、GIレースもないのに?”と思われるでしょうが、この寒い冬の季節がもっとも活気があふれ、盛り上がる横手場外なのです。

というのも横手場外は“ウインズ”と呼ばれていないように、JRAの専用場外発売所ではなく、岩手県県競馬の施設の一部を借りているのです。県競馬が開催を休止している冬場は、関東エリアの全レースと、関西地区の後半4レースの勝馬投票券を発売してきた横手場外ですが、県主催の水沢、盛岡競馬が開幕しますと、種市場外や水沢、盛岡競馬場内と同じように、メインレースのみの発売となってしまいます。

3月15日は、次週から水沢競馬が始まりますので、中山競馬の全レースと阪神、中京開催の特別レースを、早朝から馬券を買って楽しめるという今年最後の横手場外で、県内はもちろん青森、山形、遠くは宮城県の仙台あたりから、熱心なファンが車を飛ばして駆けつけ、大いに賑わう中山競馬全レース発売のラストデーなのです。

“そんなところへ行って、なにをやるんだ、競馬ファンなんかいないだろう?”当初は記者仲間から冷やかな目で見られた横手場外行きでした。開催場の記者席でレースを観戦し、騎手や調教師から取材して記事を書く、これが競馬記者でしょう。私も長い間、この仕事を続けてきました。しかし全国のウインズ、場外発売所で競馬を楽しむファンは実に多く、ファンに喜んでもらえるならと目を向けたのが、ウインズでの仕事でした。

横手場外へ初めて出向いたのは‘02年のフェブラリーSの日です。土曜日の中山競馬場での仕事を終えて、夕方6時前の東京駅発新幹線“こまち”に飛び乗り、終着駅秋田の一つ手前の大曲駅で下車、在来線に乗り換えて横手に着いて、ホテルに入るのは10時前。いまでこそこのたびにも慣れて、遠くには感じない横手ですが、当時は猛吹雪の中で大曲駅に降りて、人っ気もない暗いホームで寒さに震えながら、“とんでもない所へ来てしまったナ”の思いと同時に、初めて開くイベントに、ファンはどのくらい参加してくれるのだろうか、初めて目にした2m近い積雪、高い雪の壁にもおびえて、不安いっぱいの横手の夜を過ごしたものでした。

しかし“エー?”と驚くほどの館内の賑わい、盛り上がりようでした。「あと200人で大台を突破できたのに・・・」JRAの職員である若い所長が言葉を弾ませて私に伝えた入場者数は、なんと9,800人。横手場外のこれまでの記録と聞いて“来てよかった”の思いでした。

最近は電話投票の加入者も増えて、年々減少気味のウインズ、場外の入場者数ですが、回を追うごとに顔なじみも増えて、熱心に耳を傾けてメモを取ったり、近寄ってきて気軽に声をかけてくれたり、開催場には遠くて出向けない地方のファンが、こんにちの競馬を支えてくれていると思うと、“これからも頑張るぞ”と、私の方も勇気づけられるウインズ巡りのきょうこのごろでしょうか。

今回の横手場外でうれしかったのは、初めて開いた競馬教室に大勢のファンが参加してくれたことでした。午前11時から会議室で、昼食後は指定席エリアで実践教室と長時間だったので、予定した20人も集まらないのではと所長も心配していたようでしたが、応募者はなんと36組82人と予想を上回り、結果は抽選で12組29人に参加してもらいましたが、聞けば仙台、盛岡、山形からご夫婦や家族連れ、若いカップルなど、競馬をこれから楽しもうというファンだけに質問なども多く、ほんとに楽しいひと時を過ごすことができました。

残念だったのは、大勢のファンのみなさんの前でのフィリーズレビュー、中山牝馬Sのレース展望で期待に応えられなかったことでしょうか。人気の中心と重い印を打ったミクロコスモスとザレマが、1番人気でともに4着と敗れてしまい、予想をはずしてしまいました。的中してファンにも喜んでもらえたら、こう願いながらのウインズ、場外での仕事ですが、思うようには事は運びません。

でも、少しでもファンのみなさんの参考になればと、聞かれたことにはなんでも答えられるよう、これまで以上に勉強して、今年も多くのウインズに出向いて頑張りたいですね。ファンの目線で、ファンといっしょに競馬を楽しむ、そのための全力投球は欠かせません。 

2008年秋華賞 横手場外での予想トーク

昨年は北は馬産地日高のウインズ静内での4年連続のダービー観戦から、南はジャパンCダートの日のウインズ小郡、そして8年連続となった福島競馬場での有馬記念と、GIレースの半数はウインズでの観戦でした。

全国のウインズ、場外のJRAの職員のみなさんも、これまで以上のファンサービスを、そして新しいファンの獲得にと頑張っています。それにマスコミの1人として少しでも協力できたらと、今年も積極的にウインズに出かけていきます。充実感を味わえるのはファンとともにの競馬観戦です。コラム『競馬かわらVAN』のファンのみなさん、ウインズでの出会いを待っています。


ライタープロフィール

原 良馬 (はら りょうま)

1933年10月生まれ、群馬県出身。デイリースポーツ東京本社、中央競馬の予想記者担当を経て、独立。競馬ジャーナリスト活動を本格化した。ラジオNIKKEI『中央競馬実況中継・土曜日午前中』、テレビ東京『ウイニング競馬』のレギュラー解説、また雑誌の競馬コラムや美浦トレーニング・センターで行われるGIレース公開調教会の司会進行なども担当している。

競馬かわらVANバックナンバー

競馬かわらVANはケータイサイトならびにNEXTでもご覧いただけます。

ケータイサイトやNEXT Ver.5では、記事の中の競走馬、騎手、レース成績などのキーワードがリンクされており、簡単に詳細情報を見ることができます。

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN