JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

競馬かわらVAN(リレーコラム)

競馬かわらVANバックナンバー

第36回 ’09年の大予言

2009/1/26(月)

丑年の’09年、4日の中山金杯からスタートして、すでに4週が終了しました。はやいですねえ。

毎年のことながら、気がつくともうクラシック開幕!なんてかんじになるのでしょう。

クラシックといえば、丑年の三冠レース、皐月賞、日本ダービー、菊花賞を振り返ってみました。

すると、皐月賞が創設され、三冠体制が整った昭和14年からの丑年は5回あり、そのうち4回で二冠馬が誕生しています。

昭和24年は、「希代の名馬」と呼ばれるトサミドリが、皐月賞と菊花賞を制覇。ダービーは7着も、その後3歳時は菊花賞も含めて9戦9勝。71キロの斤量でも勝っている強者で、後に顕彰馬にもなっています。

タケホープ1973年(昭和48年)日本ダービー

ミホシンザン1985年(昭和60年)皐月賞

サニーブライアン1997年(平成9年)日本ダービー

ブエナビスタ2008年(平成20年)阪神JF

昭和48年はタケホープが、あの国民的アイドルホース・ハイセイコーを、ダービーと菊花賞で敗って二冠に輝きました。

皐月賞を制したハイセイコーが、空前の単勝支持率66.6%という断然の人気で迎えたダービーを、9番人気のタケホープが直線で競り落として優勝。その夜、タケホープの稲葉幸夫調教師は、ハイセイコーの鈴木勝太郎調教師に「勝ってしまって・・・」と電話をされたそうです。

ホースマンにとって夢であるダービーを制しながら、なんとなく申し訳ないような気になってしまわれたというのですから、当時のハイセイコーブーム、ハイセイコー人気というのはすさまじいものだったということでしょう。

そして秋の菊花賞。ゴール前200mにわたる壮烈な叩きあいの末、わずかハナ差でタケホープが勝利。

2頭の強さはもちろん、鞍上のタケホープの武邦彦騎手がレースをさらに迫力ある素晴らしいものにした。競馬を始めてから先輩記者たちが口々にそうおっしゃるのを伺って、ああ、私もリアルタイムでみたかったなあとつくづく思う一戦です。

そして60年はミホシンザンが、皐月賞、菊花賞を制覇。

皐月賞を5馬身差で圧勝し、柴田政人騎手がダービー初優勝への手ごたえを感じたのも束の間、レースの4日後に膝の骨折が判明。ダービーの出走は叶いませんでした。しかし、菊花賞で、ダービー2着のスダホークに完勝。実力を証明してみせたのでした。

平成9年は、サニーブライアンが皐月賞、ダービーを、ともに18番の大外枠から見事な逃げ切りV。

「1番人気はいらない。1着がほしい。」は大西直宏騎手の名言です。馬を信じての騎乗ぶり。日本ダービーを逃げ切ることのカッコよさは、ファンをシビレさせました。

――と、個性的な二冠馬が誕生している丑年。果たして今年は――。

平成9年には、牝馬でもメジロドーベルがオークスと秋華賞で二冠を達成していますので、’09年、丑年は――

ズバリ、阪神ジュベナイルフィリーズを圧勝した、少女版ディープインパクト、ブエナビスタが、桜花賞、日本ダービーの変則二冠を達成する――と、私の希望、願望も込めて、ここに予言させていただきます。

昨年のような牝馬の時代は続くかもしれませんね。

ともあれ、今年も、競馬が素晴らしいドラマと感動で私たちを力づけてくれることを心から期待して、思いっきり楽しみましょう!

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



ブエナビスタの血統

ブエナビスタ
黒鹿毛 2006年生
スペシャルウィーク
黒鹿毛 1995年生
サンデーサイレンス
1986年生
Halo
Wishing Well
キャンペンガール
1987年生
マルゼンスキー
レディーシラオキ
ビワハイジ
青鹿毛 1993年生
Caerleon
1980年生
Nijinsky
Foreseer
アグサン
1985年生
Lord Gayle
Santa Lucia

 

ブエナビスタの成績(2009年1月26日現在)

開催日
開催場
競走名
着順
騎手
コース
タイム
2008/10/26
京都
2歳新馬
3
安藤勝己
芝1800 1.52.0
2008/11/15
京都
2歳未勝利
1
安藤勝己
芝1600 1.34.9
2008/12/14
阪神
阪神JF
1
安藤勝己
芝1600 1.35.2

ライタープロフィール

鈴木 淑子 (すずき よしこ)

東京都出身。川村短期大学卒業後、三菱重工業(株)秘書課勤務でOLを経験した後、『夕やけロンちゃん』(東京放送[TBS])で放送業界にデビュー。TBSのお天気キャスターなどで活躍。『競馬中継』(〜1985年)、『チャレンジ・ザ・競馬』(1985年〜)の司会を経て、『スーパー競馬』(フジテレビ)のコメンテーターを務めた。また、グリーンチャンネル『鈴木淑子のレーシングワールド』ほか、各地競馬場でのトークショーなどで活躍。三冠馬・ミスターシービーの大ファンとしても有名。

競馬かわらVANバックナンバー

競馬かわらVANはケータイサイトならびにNEXTでもご覧いただけます。

ケータイサイトやNEXT Ver.5では、記事の中の競走馬、騎手、レース成績などのキーワードがリンクされており、簡単に詳細情報を見ることができます。

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN