JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

競馬かわらVAN(リレーコラム)

競馬かわらVANバックナンバー

第33回 今年も応援よろしくお願いします。

2009/1/5(月)

競馬ファンのみなさん、明けましておめでとうございます。場内実況でおなじみのラジオNIKKEIの白川次郎アナウンサー、朝日新聞の名物競馬ヒゲ記者として活躍の有吉正徳さん、女性司会者NO.1として全国ファンのアイドル?鈴木淑子さん、そして、私の4人で、昨春のダービーの週からスタートしたリレーコラムの「競馬かわらVAN」、早いものであっという間に半年が過ぎて、2年目を迎えました。

正直なところこれまでは、ファンのみなさんにどの程度、目を向けていただいているのか、半信半疑で、年内いっぱいの打ち切りも覚悟していましたが、「もう1年、頑張って!」の担当者のひと言に、“金杯を勝って幸先よいスタートを”の厩舎関係者の合い言葉ではありませんが、「ダッシュよく飛び出して、ゴールまで一気に突っ走るぞ」今年はそんな意気込みで、このコラムに挑戦しています。

昨年はダービー馬カブラヤオーから、桜花賞馬タカエノカオリまで、駆け出し記者時代に、身近で接し取材してきた何頭かの馬を、“心に残る名馬たち”と題して取り上げてきました。

長い記者生活だけにスタンドで一喜一憂してきた馬は、決して少なくありません。あるときは感極まって、うれし涙を流したり。目の前の突然の悲しい出来事に心を痛めたり。そんなあの日あのときの感動、共感を、古い取材ノートをひも解きながら思い起して、これからも出会った数多くの心に残った名馬たちを伝えていけたらと思っていますが、“原さんの近況や最近の出来事にも”のファンの声も少なからず入ってきています。

そこで新たな年の第1回は、昨シーズンを振り返っての近況報告としました。

有馬記念が年の瀬も押し迫った12月28日、そして、新春競馬の開幕は、例年より1日早い1月4日。関東の美浦トレセンでは、元日も早朝の調教を実施という、あわただしい年末年始となってしまいました。

私の年末の10日間も、老体にムチ打っての実にあわただしいものでした。まず朝日杯フューチュリティSの日は、6回目を迎えたJRA−VANの鉄人の表彰式が中山競馬場で行われ、JRA−VANのイメージタレントの眞鍋かをりさんを迎えて受賞者のみなさんとなごやかな競馬観戦の1日でした。

ダービーや有馬記念の週は、毎年のことながらあちこちを飛び回る1週間です。昨暮れはどうだったか、有馬記念ウイークをここで簡単にメモってみますと・・・。

月曜日、夜に都内のホテルで開かれたI厩舎の忘年会に呼ばれて出席、冷たい雨が激しく降る夜でしたが、楽しいひとときを過ごして10時過ぎに帰宅。

火曜日、恒例の有馬記念調教見学会1泊バスツアーのゲストとして、全国から参加のファン(36人)と東京駅を午前10時に出発、中山競馬場、競馬学校の施設内を見学して、夜は宿泊先の鹿島のホテルで検討会、夕食会。

水曜日、目覚時計で起こされ、午前5時にホテルを出発、美浦トレセンへ。スタンドでマツリダゴッホ、スクリーンヒーローなど、有馬記念出走馬の調教を見たあと、坂路コース、プールなどの施設を見学、昼食後に帰路について、午後4時に東京駅で解散。帰宅、夕食後、原稿を執筆。

木曜日、正午過ぎの新幹線で、有馬記念フェスティバルの行われる新潟へ、終演後はゲストの杉本清アナ、後藤騎手、司会の鈴木淑子さんと最終電車で帰京。

金曜日、早起きしてウインズニュースを執筆、出稿、FM新潟のラジオの収録、そしてテレビ東京、朝日新聞などレギュラーの予想、コラムを提出したあと、JRA本部の記者クラブへ、午後5時前からウインズ後楽園での金曜発売のイベントの下調べ、準備をして後楽園、ファンの前で1時間ほどの検討会を終えて帰宅。

土曜日、中山競馬場での午前9時半からのラジオNIKKEI、午後2時半からのテレビ東京の競馬中継出演のため、朝6時半起床、8時出発。

ウインズ新白河トーク会場

日曜日、福島競馬場での8年連続しての有馬記念検討会に、午前9時東京駅発の新幹線で福島へ、昼休みと午後の二度、イベントがあって、夜に帰京。

簡単に有馬記念ウイークを振り返ってみましたが、こんな生活はもう7、8年になります。いま私の一番の楽しみが、地方都市のウインズに出向いて、ファンといっしょのGI観戦でしょうか。昨年は4年目となったダービーの日のウインズ静内、そして津軽、横手、種市、新白河の東北地方を中心に、石和から南は山口県の小郡、そして都内近郊は汐留から錦糸町、新横浜、エクセル伊勢佐木など、ウインズファンといっしょに一票を投じて、大型テレビの前で一喜一憂してきました。

ウインズ新白河トークショー風景

女傑ウオッカ、ダイワスカーレットに、ダービー馬ディープスカイの3強が、写真判定の大接戦を演じた秋の天皇賞は、ウインズ新白河で、ファンといっしょになって大歓声を上げて興奮、感動してしまいました。昨秋の天皇賞は“心に残る名勝負”として、心の中に強く焼きつき、ウインズ新白河でのあのひとときも、決して忘れることはないでしょう。

今年も1年、元気に全国のウインズに出かけて、ファンといっしょに競馬を楽しみ、コラム「競馬かわらVAN」に全力投球、そんな1年でありたいと願っていますので、応援もよろしくお願いします。

 

ライタープロフィール

原 良馬 (はら りょうま)

1933年10月生まれ、群馬県出身。デイリースポーツ東京本社、中央競馬の予想記者担当を経て、独立。競馬ジャーナリスト活動を本格化した。ラジオNIKKEI『中央競馬実況中継・土曜日午前中』、テレビ東京『ウイニング競馬』のレギュラー解説、また雑誌の競馬コラムや美浦トレーニング・センターで行われるGIレース公開調教会の司会進行なども担当している。

競馬かわらVANバックナンバー

競馬かわらVANはケータイサイトならびにNEXTでもご覧いただけます。

ケータイサイトやNEXT Ver.5では、記事の中の競走馬、騎手、レース成績などのキーワードがリンクされており、簡単に詳細情報を見ることができます。

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN