JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

競馬かわらVAN(リレーコラム)

競馬かわらVANバックナンバー

第97回 長い間ご愛読ありがとうございました

2010/3/29(月)

JRA−VANで競馬を楽しむ全国の熱心なファンのみなさんに支えられて、こんにちまで続いてきたリレーコラム「競馬かわらVAN」ですが、今週でお別れです。長い間のご愛読ありがとうございました。

場内実況でファンのみなさんにも人気のあるラジオNIKKEIのベテラン白川次郎アナウンサー。競馬だけではなくJリーグやF1など、プロスポーツの幅広い分野で活躍の朝日新聞の有吉正徳記者。そして紅一点、海外の競馬取材、観戦にも積極的に出向いて、競馬サークル内での知名度は抜群に高い鈴木淑子さん。

身近で親しくしてきた3人から“いいですよ”の快い返事をいただき、私を加えた4人でスタートしたリレーコラムの「かわらVAN」。一昨年(08年)の日本ダービーの週に始まって1年と10ヶ月。最初は何をテーマに、何を取り上げたら目を向けてもらえるのか、VANファンのみなさんの反応を気にしながら、頭を悩ませながらの月1回の執筆でしたが、回を重ねること97回。最終回を迎えて振りかえってみますと、実のある楽しい仕事をさせていただき、充実したひとときを過ごせた思いです。

初回が日本ダービーの週でしたから、私は“心に残るダービー馬”ということで、強さ、速さがいまでも心に焼きついて離れないカブラヤオー(昭和50年優勝馬)の思い出を綴ってみました。若い世代の競馬ファンに、あの日あのときの感動を伝えることができたり、それ以降も身近で取材し触れ合ってきた、駆け出し記者時代の実力馬の思い出を、取り上げてきました。

白川さんはアナウンサーの立場に立って、目にしてきた競馬の楽しさ、難しさや、トレセンに出向いて接してきた騎手や調教師さんの競馬の取り組み方、プロ意識など、ファンばかりでなくわれわれマスコミにも参考になる話を、送り届けてきました。

また、有吉記者はサークル内の近況報告や話題、出来事を中心に、最近のレースの回顧と今後の展望など、過去のデータをひも解きながら、ていねいに説明し、幅広いファンから支持を得る記事を提供してきました。

そして、いまでは世界のホースウーマンと呼ばれるほど、海外の競馬取材、観戦に世界各国を飛び回っている鈴木淑子さん。日本馬、日本人騎手の海外へのビッグレース挑戦には多忙な仕事を調整して自費で現地に飛んで、そのレース詳報、活躍ぶりをこまめにわかりやすく綴ってきました。先週のコラム“大女優ウオッカの引退”を執筆後に今年もまたワールドカップ取材、観戦に、ドバイへ出かけました。

このドバイへは有吉記者も出向いています。彼は会社から長期間の出張の許可を得て、先日にバーレーンで開催された世界最大のカーレースF1を皮切りに、ドバイでのワールドカップ、その後はオーストラリアに向かって、4月中旬にシドニーで開かれるアジア競馬国際会議を取材して帰国という、誰もがうらやむ1ヵ月半もの長期海外出張中です。

これまでにもJRA−VANからは少なからず仕事をいただき、お世話になってきた私です。“コラムを”の依頼を受けて、当初は期待にこたえられないのではと戸惑いましたが、執筆内容から執筆者の人選まで“自由に”の言葉をいただいてスタートしたこのリレーコラム。ここまで続けてこられたのは、むろんJRA−VANのスタッフのみなさんの理解と支えがあったからと感謝の気持ちでいっぱいですが、最後のゴールまで頑張り抜けたのは競馬の知識は豊富でキャリアは申し分なく、しかも仕事熱心な白川アナ、有吉記者、鈴木淑子嬢3人の競馬への熱意、愛情によるところ大ではなかったでしょうか。

競馬の仕事をしていると、時の経つのが早く感じます。1週間、1開催、1シーズンがあっという間に過ぎ去って行きます。日本列島、桜の開花が北上すると、競馬の方も3歳クラシックシーズンに突入します。緑のターフにどんなドラマが繰り広げられるのか、楽しみな毎週末です。

一票を投じてスタンドで一喜一憂するファン。的中馬券を手にする喜び。これが一番は、私も競馬ファンの1人として同じ思いですが、そればかりでなく、ドラマあり夢あり、またときおりロマンを感じるのが競馬です。先日の阪神大賞典、記者席で初めて目にした天皇賞馬メジロアサマからメジロティターン、メジロマックイーン、そして父子4代の天皇賞馬を期待してホクトスルタンに◎印を打ち、1票を投じて応援しましたが、残念ながら逃げて粘れず、優勝したトウカイトリックから0秒4差の5着に敗れてしまいました。

好みの馬、ひいきの騎手に1票を投じて熱い声援を送るのも、競馬の楽しみの1つではないでしょうか。競馬記者生活も40年を過ぎましたが、いつまで経っても楽しみ方はファンと同じ。GIレースの日は地方都市のウインズで、ファンとともにのレース観戦が今年もまた続きそうですが、的中率は? 成績は? と聞かれると、相も変わらず一進一退。しかし大型スクリーンの前でファンとともに一喜一憂するこの瞬間は捨てがたいもので、ウオッカ、ダイワスカーレットの女傑2頭が鼻づらを合わせてゴールへ飛び込み、長い写真判定を息をつめて見守った一昨年の天皇賞(秋)など、大勢のファンの中の1人として興奮感動、着順が点滅された瞬間は大声を張り上げていた私でした。

元気なうちは競馬場でウインズで、迫力あるこんな素晴らしいドラマを、ファンのみなさんといっしょに、まだまだ見ていきたい。この夏からあのディープインパクトの子どもたちがデビューしてきます。どんな走りを見せるのか、楽しみ多いこれからの競馬です。 

競馬の楽しさ、面白さを、これまで競馬に無関心だった人たちに広めたい。これが私に残された仕事と心に決めて頑張ります。JRA−VANともどもこれからも応援よろしくお願いします。長い間、コラムかわらVANのご愛読、ほんとうにありがとうございました。

ライタープロフィール

原 良馬 (はら りょうま)

1933年10月生まれ、群馬県出身。デイリースポーツ東京本社、中央競馬の予想記者担当を経て、独立。競馬ジャーナリスト活動を本格化した。ラジオNIKKEI『中央競馬実況中継・土曜日午前中』、テレビ東京『ウイニング競馬』のレギュラー解説、また雑誌の競馬コラムや美浦トレーニング・センターで行われるGIレース公開調教会の司会進行なども担当している。

競馬かわらVANバックナンバー

競馬かわらVANはケータイサイトならびにNEXTでもご覧いただけます。

ケータイサイトやNEXT Ver.5では、記事の中の競走馬、騎手、レース成績などのキーワードがリンクされており、簡単に詳細情報を見ることができます。

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN