JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

私の競馬はちょっと新しい
第55回 漫画家 甲斐谷忍さん

「競馬の楽しさが伝わればいいなあ、と思います」
甲斐谷忍さん写真
1967年生まれ、鹿児島県出身。大学卒業後、一般企業に就職し、その後漫画家に転身。「ONE OUTS」(ビジネスジャンプ)、「LIAR GAME」(週刊ヤングジャンプ)などのヒット作を送り出した。11年より「ジャンプ改」において、競馬を題材に描いた「ウイナーズサークルへようこそ」を連載中。

マンガの予想法には隙がなくてはいけない

市丸: 「ウイナーズサークルへようこそ」を読んで
  単複で勝負される方なのかと思っていましたが、
  実際はどのような買い方をされていますか?
   
甲斐谷: ふだんは複勝1点とワイド1点、
  たいがい人気薄しか買いませんね。
  6〜7番人気の複勝と、その馬からのワイドです。
  仕事をやりながらですと、
  全部の馬を精査する時間がなくて、
  だんだんそのようになってきました。
   
市丸: その「ウイナーズサークルへようこそ」の連載が
  2011年にはじまるわけですが、これはやはり、
  待望の競馬マンガということになりますか。
   
甲斐谷: 「待望の」という形ではなかったですね。
  編集長に「なにかやろう」とお話ししたときに
  「急いでやろう」と言われ、
  「急いでできるのは競馬しかありません」と
  はじめたものでした。
   
市丸: 壮大な構想があったわけではないのですね。
   
甲斐谷: 「ジャンプ改」は、創刊したばかりの
  雑誌なんですよ(2011年6月創刊)。
  そういう時期には、いっせいに描くメンツを
  揃えなければならなくて、
  すべての連載について
  急がなければいけないんですね。
  それで「早く立ち上げられるものを」ということで、
  「競馬ならすぐです」となりました。

甲斐谷さんインタビュー写真5

市丸: 読ませていただいて嬉しく思ったのは、
  主人公がずっと初心者のままで
  初心者向けにこれを描きたいという気持ちを
  お持ちなのかな、というところでした。
   
甲斐谷: ぼくが競馬をはじめた後よりも、
  その前のほうが競馬ブームだったと思うんですね。
  オグリキャップとか、ナリタブライアンのころは
  見てはいましたけれど、馬券は買っていませんでした。
  それから今は円熟期といいますか、
  マニアックなほうに行っていて、
  それはそれで良いと思いますけれど、
  もっと昔の競馬ブームのころのように
  みんなが気軽に競馬をやれるのもいいなあと、
  思う面もあるんですね。
  別に儲からなくても、みんなで競馬場に行って
  ひとつでも当たれば楽しいじゃないですか?
  そういう競馬の楽しさが
  伝わればいいなあ、と思っています。
   
市丸: わたしも初心者向けのお仕事の話を
  いただくことがありますが、
  どうすればいいのか難しくて、
  先生がこういう形で初心者の方を
  引っ張ってくださるのは嬉しく思っていました。
  さて、その「ウイナーズサークルへようこそ」の
  主人公・山川七雄クンですが、
  岡田繁幸さん(コスモヴューファーム社長)の
  相馬眼を持っているということが
  もともとのスタートだったそうですね。
   
甲斐谷: ぼく、岡田さんの大ファンなんですよ。
  「競馬場の達人」(グリーンチャンネル)で
  岡田さんが出演されたとき、その冒頭で
  「競馬に商売として関わっているプロとして
  競馬を極めれば馬券で儲かることを
  この場で証明します」と言われて、
  実際にプラス収支にされたんですよ。
   
市丸: それはかっこいいですねえ。
   
甲斐谷: これは本当にすごいな、と思って、
  それから岡田さんが出演される番組を
  見るようになったんです。
  そうしたらある番組で
  自分は絵を描くのが好きで、
  描いていると馬体の変化や特徴などを
  人よりも鋭く捕らえられるようになりますよ、
  とおっしゃっていたんです。
  そういうところを
  主人公のキャラクターとしていただきました。
   
市丸: すごいですよね、七雄クン。
  ちょっと見ただけでわかってしまうという……。
   
甲斐谷: ぼく自身はまったくわからないのですが(笑)、
  市丸さんはいかがですか?

甲斐谷さんインタビュー写真6

市丸: まったく見ないんですよ。
   
甲斐谷: 予想スタイルとしてタイムを重視されていますね。
   
市丸: ええ。
  今のところ、タイム理論を操るような
  登場人物は出ていないですね。
   
甲斐谷: マンガに出てくる予想法って、
  あまりしっかりしていると
  笑いが取れないんです(笑)。
  どこかに隙がないといけないんですよね。
  そういう意味で、
  市丸さんのように「IPAT馬券道場」で
  名人まで行かれるようでは……。
   
市丸: あのときは、もう今開催はダメだなと思っても
  不思議なことがいくつも重なりまして(笑)。

パドックの厩務員を見て馬券を買うという発想はすごいなあ、と思いました。

「私の競馬はちょっと新しい」インタビュー一覧

データ競馬のための最強ツール
TARGET(ターゲット)

  • 記事に紹介されているような分析が自分でできる!
  • あらゆる切り口で競馬データを分析可能!

ターゲット詳細

今すぐダウンロード

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN