JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

私の競馬はちょっと新しい
第55回 漫画家 甲斐谷忍さん

「競馬の楽しさが伝わればいいなあ、と思います」
甲斐谷忍さん写真
1967年生まれ、鹿児島県出身。大学卒業後、一般企業に就職し、その後漫画家に転身。「ONE OUTS」(ビジネスジャンプ)、「LIAR GAME」(週刊ヤングジャンプ)などのヒット作を送り出した。11年より「ジャンプ改」において、競馬を題材に描いた「ウイナーズサークルへようこそ」を連載中。

アシスタントと担当さんの影響で競馬好きに

市丸: それから少しずつ、
  馬券を買われるようになったのですか?
   
甲斐谷: いえ、たまに有名なレースを見るくらいでした。
  富山でどうやって馬券を
  買ったらいいのかわかりませんし……、
  電話投票の会員になればいいのでしょうけれど。
   
市丸: なかなか狭き門でしたよね。
   
甲斐谷: 馬券を買うようになったのは、
  2つめの連載(ソムリエ)を持っていたときです。
  アシスタントがものすごい競馬好きだったのですが、
  さらに担当の編集さんも競馬好きだったんです。
  さすがに2人が競馬好きとなると、
  仕事場に担当さんが来ると
  競馬の話になるわけですよ。
  そうすると、
  もう競馬がやりたくて仕方なくなりました(笑)。
   
市丸: それは何年くらいのことでしょうか?
   
甲斐谷: 98年くらいですね。
  オグリキャップ(引退レースは90年)から
  かなり時間が経ってからからなんですよ。
  それから半年ほどで電話投票に当選して、
  自分で馬券を買うようになりました。
   
市丸: 競馬場デビューもこの時期ですか?
   
甲斐谷: まず有馬記念は見てみたかったので。
  担当さんが競馬好きと知った直後の
  有馬記念には行きました。
  それから「ソムリエ」と同時進行で
  「ONE OUTS」の連載がはじまったのですが
  その担当さんが、ソムリエの担当さんに
  輪をかけて競馬好きで、
  それから毎週、競馬場へ行くようになりました。
  その方は「ビジネスジャンプ」で
  やまさき拓味さんの「優駿の門」と
  掛け持ちだったんですよ。
  「ONE OUTS」は野球マンガでしたが、
  なにかの役に立つかもしれないと思い、
  「取材」と称して一緒に行っていました。

甲斐谷さんインタビュー写真3

市丸: このあたりから、
  一気に競馬に入っていった感じでしょうか。
   
甲斐谷: そうですね。まわりの方に恵まれて。
   
市丸: それから「LIAR GAME」で
  主人公の名前を「秋山」とされて、
  ほかに「福永」など競馬関係者の名前が
  たくさん出てきますが、
  それまでは、登場人物の
  名前を覚えるのが苦手だったそうですね。
   
甲斐谷: その前の「ONE OUTS」という野球マンガで
  新しい対戦相手が出てくると、
  設定として25人から30人くらいの
  キャラクターを用意していたのですが、
  それが自分で作っていて
  全然覚えられなかったんです。
  そこで、これだけ自分が
  競馬を毎週見ているのだから、
  騎手の名前にすれば
  すっと入るのではないかと考えてはじめました。
   
市丸: そんな中で主人公の名前を「秋山」にされたのは、
  秋山(真一郎)騎手のファンでいらっしゃる……。
   
甲斐谷: もう大ファンです(笑)。
   
市丸: そのすぐ後に、07年のオークスが
  福永騎手のローブデコルテと
  秋山騎手のベッラレイアの決着でした。
   
甲斐谷: このときは
  「甲斐谷先生のおかげで馬券が当たりました」
  という方が何人もいらっしゃいました。
  自分はこれを買うとも、来そうだとも言っていない、
  実際に買っていないのに、
  みんなにお礼を言われて
  ちょっと情けない思いでした(笑)。
   
市丸: 秋山騎手は、昨年のNHKマイルCで、ついに
  G1を獲られましたね(カレンブラックヒル)。
   
甲斐谷: それまでもG1でチャンスがあるときは
  ずっと馬券を買っていたのですけれど、
  このときは「ちょっと今までとは違うぞ」
  と思いましたね。
  それでツイッターで大々的に
  「今度はついに取れそうなので、
  皆さん応援してください」と書いていました。

甲斐谷さんインタビュー写真4

市丸: 競馬場にも行かれましたか?
   
甲斐谷: アシスタントの仕事を休みにして、
  東京競馬場でその場に立ち会いました。
  長かったですね。
   
市丸: 競馬場では、
  騎手の名前など叫ばれたりするのですか?
   
甲斐谷: 秋山騎手のときは叫びますね。
  あと、最近は武豊騎手でも。
  年齢も近いですし、自分の思いや
  人生を重ねるように応援するようになりました。
   
市丸: あのレースは馬券もドーンと獲られたそうですね。
   
甲斐谷: 単勝は獲りましたけれど、
  その他の馬券は全部ハズレたので
  取りガミじゃないですか?
  世間の人は秋山騎手の単勝しか買っていないと
  思っていたかもしれませんね。

馬券はどのような買い方をされていますか?

「私の競馬はちょっと新しい」インタビュー一覧

データ競馬のための最強ツール
TARGET(ターゲット)

  • 記事に紹介されているような分析が自分でできる!
  • あらゆる切り口で競馬データを分析可能!

ターゲット詳細

今すぐダウンロード

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN