JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

私の競馬はちょっと新しい
第55回 漫画家 甲斐谷忍さん

「競馬の楽しさが伝わればいいなあ、と思います」
甲斐谷忍さん写真
1967年生まれ、鹿児島県出身。大学卒業後、一般企業に就職し、その後漫画家に転身。「ONE OUTS」(ビジネスジャンプ)、「LIAR GAME」(週刊ヤングジャンプ)などのヒット作を送り出した。11年より「ジャンプ改」において、競馬を題材に描いた「ウイナーズサークルへようこそ」を連載中。

オグリキャップの有馬記念で競馬と出会う

市丸: それでは、よろしくお願いします。
  先生は鹿児島のご出身で、
  鹿児島大学の工学部を出られたそうですね。
   
甲斐谷: 「これからはコンピューターの時代だ!」と
  電子工学科に行っていました。
   
市丸: 大学に進まれる以前から興味をお持ちで?
   
甲斐谷: パソコンは中学のころから使っていましたし、
  わりと得意でしたから、そういう分野に進もうと
  あまり深く考えないで進みました。
   
市丸: 競馬ファンには、
  学生時代に競馬に出会った方も多いと思いますが
  鹿児島というと馬産はありますけれど、
  競馬とは縁の薄い土地柄ですよね。
   
甲斐谷: 学生のときに、
  世間で言われる「競馬ブーム」が起きましたが、
  ぼくらのまわりには全然なくて、
  東京の大学へ行った友人が帰省してきたときに
  話を耳にするくらいでした。
   
市丸: 漫画のほうはいかがでしたか?
   
甲斐谷: 漫画も描いてはいませんでした。
  大学に入るまではゲームのプログラマーなどを
  やってみたいと思っていたのですが、
  大学で4年間勉強していくうちに
  「こういう仕事は向いてないな」と思ったんです。
  それで、卒業後は製紙メーカーの
  プラント設計などをする仕事に就きました。
  その時点でも漫画は考えていませんでしたね。

甲斐谷さんインタビュー写真2

市丸: では、どのようなきっかけだったのでしょう?
   
甲斐谷: サラリーマンになったらなったで、今度は
  「サラリーマンは向いてないな」と思って(笑)。
   
市丸: ええっ!?(笑)
  それで今度は漫画家を目指そうと?
   
甲斐谷: ちょうどそのころ
  青年漫画誌の週刊化が進んだ時期だったんですね。
  青年誌に勢いがあって、
  漫画家が足りない状況だったんです。
  それで「今なら簡単に漫画家になれるだろう」と、
  漫画家を目指しました。
   
市丸: それまでも趣味では漫画を描かれていたのですか?
   
甲斐谷: 漫画のようなアプローチで描くことはなかったです。
  落書きとかは好きでしたし、
  美術の成績も良かったですけれど、
  その程度でしたね。
   
市丸: 漫画家を目指すと決められて、
  会社を辞められたのでしょうか。
   
甲斐谷: 自分にどれだけ力があるかわかりませんでしたから、
  最初は会社に内緒で新人賞に応募していました。
  それで3つめの賞をいただいたときに
  会社にバレてしまったんです。
  ただ、そのときに
  「これだけ賞を取ったのだから頑張れば?」と
  逆に応援して、送り出されるような形でした。
   
市丸: いきなり新人賞を3つも! 凄いですよね。
  競馬と出会われたのもこの時期でしたか?
   
甲斐谷: そうですね。
  会社では富山に配属されたのですが、
  東京の大学を出て来る人も多かったんです。
  それで、年末年始に帰省しない人たちは
  独身寮で年を越すわけですが、
  そのときにはじめて、
  オグリキャップの引退レースを見たんですよ。
   
市丸: あの有馬記念ですか!
   
甲斐谷: それまで、テレビをつけたら
  たまたま競馬中継をやっていたことはありましたが、
  あのときは、有馬記念の以前から
  かなり特集が組まれていたんですね。
  それで、さすがに
  オグリキャップについての知識はついていました。
  そんな中、みんなでオグリキャップの引退レースを
  食堂のテレビで見ようという話になったんです。
  ああやって、みんなで競馬を見るというのは
  初めての体験でした。
   
市丸: 盛り上がりますよね。
   
甲斐谷: 先輩の一人が、オグリキャップが
  優勝したら泣いたんですよ。
  ぼくももらい泣きしそうになって、
  「競馬ってすごいな」と思いましたね。
  それからです、競馬をやりたいなと思ったのは。

それから少しずつ、馬券を買われるようになったのですか?

「私の競馬はちょっと新しい」インタビュー一覧

データ競馬のための最強ツール
TARGET(ターゲット)

  • 記事に紹介されているような分析が自分でできる!
  • あらゆる切り口で競馬データを分析可能!

ターゲット詳細

今すぐダウンロード

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN