JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

私の競馬はちょっと新しい
第52回 予備校講師 林修さん

「出馬表やレース結果、オッズなどは頻繁にJRA-VANで見ています」
林修さん写真
1965年生まれ、愛知県出身。東京大学卒業後、銀行勤務などを経て92年より東進ハイスクール講師。同校のCM「いつやるか? 今でしょ!」の台詞が話題を集め、テレビのバラエティ番組などに数多く出演。この春よりスポーツニッポンにG1コラム「いつ買うか? 今でしょ!」を執筆中。

中京競馬のレースは「G1」より上の「C1」だった

市丸:予想では、主にどのあたりに注目されていますか?

林:調教を一番見ますね。あと、最近はパドックもしっかり見るようにしています。

市丸:調教ではどういった馬に注目されますか?

林:やっぱり、強めに追って欲しいですよね。滞在競馬なのか、輸送競馬なのかにもよりますけれど、よほど体重のない馬ではないかぎり、しっかり追って欲しいと思っています。そうすると、今回(皐月賞)のロゴタイプのような馬は買えないのですけれどね。

市丸:パドックはいかがでしょう。

林:発汗や入れ込みも見ますけれど、まず元気そうな馬を選びますね。特に夏場は、元気な馬とそうではない馬がはっきりするので、注目しています。パドックで「いいな」と思った馬は結構来るんですよ。ただ、3場開催全部参加すると、パドックを見る暇がなくなってしまいますね。

市丸:パドックを重視されると、WIN5は買いづらい感じでしょうか。

林:WIN5は買ったことがないですね。3連単では配当が気になってしまいますが、なぜかWIN5は高配当に釣られることはないです。

市丸:馬体重もわからなかったりしますからね。

林:そうですね。ただ、馬体重も見るのがいいのかどうか、わからない部分はありますよね。たとえばアユサン(桜花賞)のマイナス12キロが良いのかどうか、見てみないことにはわかりませんし。競馬は考慮に入れなければいけないファクターが多く、収拾がつかなくてなかなか当たらないのですが、まれに収拾がつくと高い確率で当たっていると思います。レース展開も同じで、こんな展開になって、ゴール前はこんな形というように頭に浮かぶことがたまにあって、そういうときは高確率で当たるんですよ。ただ、そういうことはめったに起きないので、通算では結構負けていますね。

林さんインタビュー写真7

市丸:お仕事では全国各地に行かれてますが、競馬場はいかがですか?

林:6場です。北海道には行っていなくて、今度仕事で函館に行かせてもらえるので楽しみにしています。相性はあまり良くないのですが、がんばりますよ(笑)。あとは、東京、中山はもちろん、福島、中京には何回も、あと京都と小倉には行っています。

市丸:特にお好きな競馬場などはありますか?

林:名古屋出身だからというわけでもないのですが、中京至上主義で、中京競馬のレースは全部「G1」より上の「C1」と呼んでました。特に1200mのフルゲート18頭立てなど……。

市丸:荒れますよねえ。

林:荒れるんですよ! 開幕直後は未勝利戦でも時計が速かったりしますけれど、馬場が荒れてきて雨でも降ろうものなら、楽しくて仕方なかったですね。中京が好きといっても、初日2日目は見送って、3日目、4日目はぼちぼち参加、そして雨が降ったら喜んで参加していましたね。みんな外の方を走ってきて、1200mで1分11秒台、いや11秒までいかなくても10秒台とか言われると、わくわくしました。

市丸:そうしますと、コース改修前の中京のほうが……。

林:小回りで直線の短い、せこい競馬が好きなんです(笑)。しかも、唯一小回りの左回りだったので、中京替わりで突然走る馬がいて、新聞に「中京巧者」と書いてあったりすると喜んで買っていました。ファンドリショウリに鞍上が宝来城多郎とか、涙が出ますよね。あとヤマニンフォックスとか……、そういう競馬が楽しかったのですが、コースが改修されて寂しい気分がします。非常に特殊な競馬場でしたから。

林さんインタビュー写真8

市丸:ここまでのお話しからしますと、特にG1だから気合いが入るということはない感じでしょうか?

林:そうですね。ただ、競馬人生の最高傑作はブゼンキャンドルが勝った秋華賞でした(99年、馬連9万4630円)。前の日に「明日なにを買うんですか?」と聞かれて「ブゼンキャンドル(12番人気1着)とクロックワーク(10番人気2着)」と言い残して帰ったんですよ。

市丸:かっこいいですねえ。

林:2頭ともトライアルの3着馬だったんですね。それからトライアルの3着馬ばかり買っていた時期もありましたが、儲かった分は全部お返ししたような気がします(笑)。

市丸:ただ、基本的には特にG1がどうということはなく……。

林:G1のある日でも、同時開催の福島のメインはなにかな、最終はなにかな、と。メインが(不得意な)1800mなら最終に集中、最終が小倉の1200mなら、その最終レースが自分にとってメインになります。

市丸:また、最終をしっかり取ってこそ儲かるという面もありますよね。

林:最終レースをもっとしっかりと予想しなくていけないと、いつも思っているのですけれど、メインで忙しくなってしまうときもありますね。勝利ジョッキーインタビューなどに気を取られ、慌てて最終レースを買うと、予想通りに外れるんですよ。先日の桑折特別(4月14日、土曜福島最終レース)もそうでしたが、このレースは外れるな、という予想は当たるんですね(笑)。

それでは、JRA-VANについてもうかがいたいと思います。

「私の競馬はちょっと新しい」インタビュー一覧

Androidアプリ
JRA-VAN競馬情報

  • ケータイサービスの機能をアンドロイドアプリへ継承しつつパワーアップ!
  • My注目馬のデータはケータイサービスから引継可能!

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN