JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

私の競馬はちょっと新しい
第49回 中央競馬騎手 浜中俊さん

「iPhoneアプリのレース動画は、かなり細かいところまで見ています」
浜中俊さん写真
1988年生まれ、福岡県出身。07年に中央競馬の騎手としてデビュー。翌08年には地元・小倉の小倉2歳Sで重賞初制覇。09年の菊花賞ではスリーロールスに騎乗し、G1初制覇を成し遂げた。そして昨年は、自身初となる年間100勝を達成するとともに、131勝で全国リーディングを獲得。本年も既にシンザン記念、京都牝馬Sで重賞2勝を挙げている。

3年目にスリーロールスで菊花賞を制覇

市丸:04年に競馬学校に入学されました。やはり乗馬とはまったく違う感じでしたでしょうか。

浜中:カリキュラムの内容が濃いですし、トレーニングの内容もまったく違いましたね。

市丸:ただ、そんな中でも乗馬をやってきた経験が生きたところもありましたか?

浜中:そうですね。経験している分、実技の訓練で置いていかれるようなことはありませんでした。

市丸:そして07年にデビューされ、1年目の20勝も素晴らしい成績ですが、2年目には73勝と勝ち鞍を大きく伸ばされました。

浜中:2年目は競馬に慣れてきたこともありましたし、その慣れによってまた良い循環が生まれた面もありますね。

浜中さんインタビュー写真3

市丸:その2年目の夏には、小倉競馬場の小倉2歳S・デグラーティアで重賞初制覇を達成されましたね。

浜中:地元ですし、もちろん格別に嬉しかったです。

市丸:3番人気でしたが、勝てるという手応えは……。

浜中:2連勝していましたから、多少自信はありました。乗りやすい馬で、スピードもありましたし、仕上がりが早く、完成度も高かったですね。

市丸:翌年の春には通算100勝を達成され、見習い騎手(騎手免許取得期間3年未満、または100勝以下)を卒業されました。

浜中:減量の特典を自力で(免許取得期間ではなく勝ち鞍で)取りたいと思っていましたので、それは良かったと思います。

市丸:1キロ減がなくなったことについてはいかがでしたか?

浜中:減量があるから乗せていただけていた面もありましたから、自力で取れたところをアピールしつつ、レースでも結果を出さなければいけないと考えていました。それまでと大きく変わったところはありませんが、ここからが勝負だな、という気持ちは持っていました。

市丸:その3年目にスリーロールスで菊花賞を勝たれました。人気もあまりなかったですが(8番人気)、当時の新聞などによると、けっこう自信はお持ちだったそうですね。

浜中:菊花賞の前の勝ち方(野分特別、4馬身差)も良かったですし、枠順(1番枠)など良い条件も揃っていました。ただ、G1を勝つことがどれほど難しいか、今ほど分かっていなかった部分もあって、根拠もなく「いけるやろ」というような自信でした。

浜中さんインタビュー写真4

市丸:この年は少し勝ち鞍は減りましたけれど(50勝)、関西の「中央競馬騎手年間ホープ賞」を受賞されました。

浜中:減量がなくなり、勝ち鞍は伸びないかもしれないとは思っていました。ただ、G1を勝てたことで良いアピールができたのではと思いましたね。また、同期で、一番いいライバルでもある藤岡康太騎手が、先にG1を勝っていましたから(NHKマイルC、ジョーカプチーノ)、自分もその年にG1を勝てたのは良かったです。

市丸:藤岡康太騎手が先にG1を勝たれたとき、悔しさなどは……。

浜中:いえ、そのときはもう自分のことのように嬉しかったですよ。

市丸:同期はみなさん仲がよろしい感じですか?

浜中:そうですね。今年ももうすぐありますが、毎年同期会も開いています。また、その藤岡康太騎手とは昨日食事に行ったばかりです。

それから順調に勝ち鞍を伸ばされていますが、これまであまり大きな怪我はされていませんね。

「私の競馬はちょっと新しい」インタビュー一覧

iPhoneアプリ
JRA-VAN競馬情報

  • レース予想からネット投票までワンストップアプリケーション!
  • レース動画も閲覧可能

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN