JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

私の競馬はちょっと新しい
第48回 中央競馬調教師 安田隆行さん

「クラシックに出走してタイトルを獲る、それが来年の大目標になります」
安田隆行さん写真
1953年生まれ、京都府出身。72年に騎手としてデビューし、同年の関西新人勝を受賞。91年にはトウカイテイオーとのコンビで皐月賞、日本ダービーを制した。94年に調教師に転身し、10年にはトランセンドのジャパンCダートでG1初制覇。本年はロードカナロアで日本調教馬初の香港スプリント優勝を成し遂げた。

ほぼ「計画通り」の調教師転身

市丸:ただ、トウカイテイオーはそのダービー後に故障があって……。

安田:ダービーで骨折してしまって……、残念でしたね。

市丸:翌年から岡部さんに乗り替わることになりますが、そのときには調教師の試験も受けられていました。

安田:確かに調教師も1次試験に受かって、勉強もしていましたけれど、それで諦めるつもりはまったくなかったですね。ただ、ジョッキーとして甘いところもあって、もう少ししっかりしたのを乗せないといけないな、という形で岡部さんに替わったということだと思います。勝負師としては仕方ないですね。

市丸:岡部さんにはなにか、「こんな馬です」というようなお話しは?

安田:そんな大それたことはできないです(笑)。ただ、ジャパンCを勝ったときには厩舎にお祝いに行きましたね。今まで乗せていただいて有り難かったですし、感謝していましたから。

市丸:94年に調教師試験に合格され、騎手を引退されましたが、競馬ファンからすると「まだ早いな」という印象がありました。

安田:そんなことはないですよ。自分としては35歳から調教師試験にチャレンジして、40歳で合格、41歳で開業という計画を立てていたんです。1年ずれて、41歳で合格して42歳で開業することになりましたけれど、順調にきたかな、と思っていました。

市丸:厩舎を開業されて、最初の年から順調に勝利を重ねられました。

安田:淡々と、順調にきていましたね。それからここ最近でぐっと上がってきて、あと4勝で500勝、なんとか年内に達成できないかな……、というようなことは思わずに、慎重にいかないといけないと思います(笑)。ただ、ここにきて本当にリズムが良くなりました。

安田さんインタビュー写真5

市丸:そのきっかけといいますか、トランセンドの1回目のジャパンCダート(10年)が、厩舎として初のG1制覇となりました。

安田:すっごく嬉しくて、涙出てきましたよ。去年の2回目のときは「よし、よしっ、よしっ!」という感じでしたけれど(笑)。

市丸:そのあと、フェブラリーSも勝たれて……。

安田:強いな、と思いましたね。それからドバイに行って2着、そのあと南部杯とジャパンCダートも勝って、去年は5回使って3勝ですから。

市丸:ドバイはわたしも見に行っていて、思い入れもあるのですが、震災のあとでみなさん日の丸をつけたりして……。

安田:メイダン競馬場で殿下とお会いすることができ、「日本の馬で頑張ってくれ」といった声もかけていただきました。ヴィクトワールピサが勝ち、殿下もたいへん喜んでおられましたね。

市丸:トランセンドは非常に惜しい2着でした。

安田:一瞬勝てるかとも思ったのですが、よく頑張ってくれました。たまたまあのときは走破時計がふだんよりかかっていて、今年のドバイは2分2秒台でしたが、去年は2分5秒台後半でした。トランセンドもスローで行けましたし、日本馬がワン・ツーするようになっていたんですよ。神様が「日本もたいへんだろうし、ワン・ツーで行こうよ」と言ったのかもしれません(笑)。

市丸:秋には、まず東京で行われた南部杯を勝たれました。

安田:ハナを切れずに「エスポワールシチーに逃げられた!」と思ったら差しましたし、ダノンカモンに来られて「あああっ!」と思ったらこれも抑えて、あのときは本当に強いなと思いましたね。

市丸:それからJBCクラシック2着を挟んで、ジャパンCダートを連覇されました。

安田:連覇した馬はいないなどと言われていましたが、この出来なら十分だと、ある程度勝算はありました。1回目のときは、自分がG1なんか獲れるのかな、という気持ちもありましたけれど、去年は違いましたね。

市丸:危なげのないレースでしたね。

安田:16番枠を引いたときには「参ったな」と思ったのですが、ハナを切れたときには「すごいな」と思いましたし、そこで行き切れたことと、道中のペースを見て「勝てるな」とも思いました。

市丸:今年はフェブラリーSの後にドバイへ行かれ、その後はJBCクラシックまで間隔を取りました。

安田:海外に行ったあと、馬のためには半年くらいは休ませた方がいいだろうということで、そのような形になりました。そのJBCクラシックが3着で、前走のジャパンCダートも期待していたのですが、しんがりに負けてしまいました。次は東京大賞典を予定していて、その後は結果を見てオーナーと考えようと思っています。ただ、G1を4勝していますし、種馬になれるだけの資格は十分に持っている馬ですね。

市丸:その東京大賞典は大井競馬場になりますが、地方の競馬場でも安定して走っていますし、特に苦手ということはなさそうですね。

安田:勝ててはいないですが、苦手ではないと思います。一昨年の日本テレビ盃でフリオーソの2着でしたし、去年のJBCクラシックも2着ですから。

安田さんインタビュー写真6

市丸:続いてカレンチャンのお話しをうかがいます。この馬は、なんと言いますか、どんどんと強くなってきた印象がありますね。

安田:去年は休養明けのレースで3着のあと、1600万から阪神牝馬S、北海道で両方(函館スプリントS、キーンランドC)、そしてスプリンターズSですから、すごい勢いでしたね。

市丸:スプリンターズSは3番人気で……。

安田:ダッシャーゴーゴーのほうが人気で(2番人気)、両方を見るわけにもいかないですし、ダッシャーゴーゴーに注目していたんです。すると直線で囲まれ、出られなくなってしまい「ああ〜」と思っていたら、カレンチャンがスポーンと。あのときは胸がすっとしました。

市丸:そして今年の高松宮記念は、この2頭に加え、ロードカナロア、トウカイミステリーと4頭出しでした。一瞬、3頭で上位独占かというシーンもありましたが。

安田:カレンチャンが先頭に立って、外からサンカルロが来たときには「来るな〜! 待て、待て、待て!」と(笑)。後になって冷静に見ると、もう少しゴールが先でも負けてなかったですね。

その高松宮記念は、ロードカナロアが1番人気で3着でした。

「私の競馬はちょっと新しい」インタビュー一覧

データ競馬のための最強ツール
TARGET(ターゲット)

  • 記事に紹介されているような分析が自分でできる!
  • あらゆる切り口で競馬データを分析可能!

ターゲット詳細

今すぐダウンロード

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN