JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

私の競馬はちょっと新しい
第47回 アナウンサー 坂田博昭さん

「みなさんと一緒に、競馬を一生楽しみたいです」
坂田博昭さん写真
1968年生まれ、東京都出身。東京大学経済学部卒業後、JR東海に入社。00年6月に同社を退職し、翌年1月よりグリーンチャンネル「中央競馬中継」のキャスターをつとめる。ほかに地方競馬や競艇の実況、せり市のオークショニア、そしてイベントの司会など多方面で活躍中。

MS-DOS版の時代からターゲットを活用

市丸:さて、JRA-VANについてうかがいたいと思います。坂田さんは、いつごろからご利用ですか?

坂田:ターゲットがDOS版のころから使っていますので、もうかなり長いですね。まだ背景が黒かったターゲットを使っていたのは記憶にあります。初めて見たときのことは覚えていないのですが……。

市丸:ただ、それからはずっと利用されているのですね。

坂田:ですから、かなり衝撃を受けたのではないかと思います。関西の情報が関東では手に入れづらいような時代もあった中で、ターゲットでは常に最新の情報が手に入るわけですから、飛びついたと思います。「手放せないツール」ですね。

市丸:もう、ありとあらゆる機能を使われているような感じですか?

坂田:どうでしょう。ターゲットにかぎらずどんなものでも、機能というのはその一部を深く使えればいいと思っていますので、そのときどきで自分の必要な機能を深く使う形です。

市丸:具体的に「この機能をこう使っている」というのがあれば教えてください。

坂田:たとえば、以前、午前中のレースを担当していたときには、馬ごとにコメントや血統の情報をメモとして打ち込んで、それを準備して番組に臨むこともありました。午前中に走る馬は情報が少ないので、そんな小ネタもあっていいかと思い、準備をしていましたね。ただ、午後になるとほかに伝えることもありますので……。

市丸:そのあたりが、そのときどきで必要に応じて、ということですね。

坂田:今は成績を見ながら話していることも多くあります。競馬というのはどうしても「あのときのあのレース」という、うろ覚えのことがあるんですね。それは我々もそうですし、解説者の方とお話しをしている中でも「惜しい競馬ありましたよね」という会話もあり得るわけです。そんなときに、ターゲットの画面を開いていて「あのとき、この馬が勝ったレースですね」と言えれば、お客様にはそれが伝わるわけです。また、間違いがあってもいけませんから、いずれにしても、ちょっと昔のことを思い出す、確認する、そんな使い方ですね。

坂田さんインタビュー写真9

市丸:馬券もターゲットで買われているのでしょうか?

坂田:もちろん。間違いがないですから。

市丸:資金配分などもされているのでしょうか。

坂田:わたしは単複が中心なので、そこまで細かくは考えていないですけれど、資金配分をする方には便利ですよね。ただ、単複中心でも、データを見ながら買い目を打ち込んで1日分全部一括でまとめて買えるわけですから、非常にベーシックな馬券しか買わない場合でも、相当便利だと思います。あとはケータイでしょうか。

市丸:ケータイサービスもご利用いただいていますか。

坂田:ターゲットを使っていればケータイも無料で使えますから(JRA-VAN NEXT、DataLab.利用者向け優待サービス)、パソコンを開くまでもないような情報はケータイで調べています。移動中に、自分が馬券を買ったレースの結果を見たりもしますね。また、DataLab.にはない情報、たとえば競馬ニュースですとか、海外競馬の情報などはこまめに見ています。お客様も見られているとは思いますが、わたしも同じようにそのコンテンツを見て、海外のレースも一緒に楽しむ、ということになりますね。

市丸:JRA-VANから少しお話しは離れますが、馬券は以前から単複中心なのですか?

坂田:3連単のマルチを買っていた時期もありますし、今もほかの馬券を買うこともありますが、中心は単複になりました。なんでしょうね、考えるのがめんどくさいから(笑)、あと、当たらないですからね。単複だけ買っていれば、結構な回収率になっていると思うのですが。

市丸:穴っぽいところを狙われるほうですか?

坂田:かなり脂っこいところを買うんですよ、印があまりついていないような。今年も単勝万馬券が一度当たりました。

市丸:単勝で万馬券は素晴らしいですね。

坂田:海外で競馬を楽しんだ影響もあるかもしれません。ブックメーカーに行けば単勝、あるいは単複だけですし、また海外ではほかの種別を買うのがめんどくさかったり。あと「この馬」と、選んで買うことのおもしろさもありますよね。今年は競馬場で、初心者向け競馬教室の「REXS(レックス)」というイベントをお手伝いさせていただき、1頭の馬をきちんと追いかけ、その馬がどういうレースをしたかという競馬の楽しみ方を改めて認識しました。そこからさらに踏み込んでいける人は進んでいけばいいわけですが「入り口は単複だよな」と。そういう意味では基本に立ち返っていると言えるかもしれませんね。

坂田さんインタビュー写真10

市丸:JRA-VANを利用されていて、こんな機能が欲しい、こんなコンテンツがあれば、といったご要望はありますか?

坂田:どうでしょう……、逆に、なにかできないことはあるのかなあ、と書いていただいてもいいと思います(笑)。Windows8が発売されて、これまでパソコンがなければできなかったことが、タブレットでできるようにもなりそうですし。ネットに接続するのではなく、タブレットの中にすべてデータが入っていて手軽に見ることができると便利ですよね。

市丸:タブレットの操作に適したように調整が必要なソフトもあるでしょうが、タブレットでパソコンと同じことができればいいですよね。

坂田:あとは、この秋からIPATで地方競馬の馬券も買える時代になりましたから、交流重賞や、地方の基幹重賞に関するデータが、その週の分だけでも見られると良いかと思います。初めて見る馬、もしかしたらその人にとっては初めて見る騎手の情報がつぶさにわかるようになると、これまで垣根と思っていたもの、馬や人の垣根ではなく、楽しむ側の垣根がもっと低くなるように思えますね。

市丸:最後に、今後の目標、ビジョンなどお聞かせ願えますか。

坂田:死ぬまで競馬を楽しみたいです。みなさんと一緒に、競馬を一生楽しみたいですね。それが仕事という形で、テレビを通じていつまでお客様とともに楽しみ続けられるかはわかりませんが、それは別としてとにかく一生楽しみたいと思っています。また、今はこういう時代ですから、一人の客としての立場では馬券を買って競馬を応援する一方で、仕事としてお手伝いをさせていただいている立場としては、お客様と一緒に楽しむためにはなにができるかということを考え続けたいと思っています。ともかくベースにあるのは、お客様とともに競馬を死ぬまで楽しみ続けることです。これから何十年もたったあと、仕事をやめても周囲の普通のお客さん方と競馬場でわいわいやっている自分の姿は容易に想像できますね。

市丸:本日はありがとうございました。

Target frontier JVの活用法をご紹介!

「私の競馬はちょっと新しい」インタビュー一覧

データ競馬のための最強ツール
TARGET(ターゲット)

  • 記事に紹介されているような分析が自分でできる!
  • あらゆる切り口で競馬データを分析可能!

ターゲット詳細

今すぐダウンロード

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN