JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

私の競馬はちょっと新しい
第46回 放送作家 村上卓史さん

「中継のスタッフとしても、馬主としても競馬界に貢献していきたいです」
村上卓史さん写真
1966年生まれ、神奈川県出身。学生時代より放送作家として活動し、08年からはフジテレビ競馬中継「みんなのケイバ(現みんなのKEIBA)」を担当。また、日本国内やシンガポールで馬主免許を取得し、昨年はエンジェルツイートで東京2歳優駿牝馬を制した。

シンガポール、そして大井競馬で重賞制覇

市丸:馬主についてもお話しをうかがいたいと思います。免許を取られたのは……。

村上:地方が99年、中央の申請をしたのが08年です。あとシンガポールは……、10年は経っていると思います。

市丸:馬主になろうと思われたきっかけは、どんなことだったのでしょう?

村上:パソコン通信で知り合ったダビスタ作者の薗部博之さんが中央競馬で馬主になられて、「馬主ってなれるものなんだ」と思ったんです。馬主というと会社の社長とお金持ち……、いや、薗部さんもお金持ちですけれど、身近な人が馬主になられて、それで興味を持ちましたね。調べてみると、どうやら中央の馬主になるのは難しくても、地方競馬の馬主にはなれそうだということで、99年に岩手ではじめました。

市丸:その後がシンガポールですか?

村上:そうですね。ホッカイドウ競馬に所属されていた高岡調教師がシンガポールに行かれるとき、三浦牧場、今のオリオンファーム場長の三浦啓一さんから、後援するひとたちがみんなで馬をシェアするから、というお話しがあったのがきっかけです。地方競馬ではなかなか黒字にはなりませんでしたが、シンガポールでは活躍馬が結構出たので……。

市丸:エルドラドをお持ちだそうですね。

村上:シンガポールのゴールドCを3回も勝ってくれました。今はやりのステイゴールド産駒ですが、セン馬にしてしまったので種牡馬への道は叶いませんでしたが。

村上さんインタビュー写真7
2009年、エルドラドがシンガポールゴールドCを連覇したときの表彰式

市丸:エルドラドも共有されているのですね。

村上:お話しがあったとき「スターレーシング」で4頭くらいの募集があったのですが、その中の1頭がエルドラドでした。ただ、ステイゴールドは今ほど注目されていませんでしたし、シンガポールは輸送費もかかります。また、簡単にはレースを見ることもできませんから、この馬に出資したのはわたし一人だけだったんです。わたしが10分の1で、残りは大谷正嗣さん(オリオンファームオーナー)が持たれています。

市丸:大谷さんはシンガポール在住で、中央競馬の外国人馬主1号でいらっしゃいますね。

村上:その縁で、昨年の東京2歳優駿牝馬を勝ったエンジェルツイートも、大谷さん(オリオンファーム)と半々で持っています。

市丸:エンジェルツイートは、ツイッターで名前を募集されました。

村上:馬主といってもさほど競馬に貢献できませんが、そんな中でもなんとか競馬を盛り上げたいという思いがあって、そのひとつがツイッターでの馬名募集でした。中央で馬主になったとき、勝負服のデザインを麒麟の川島さんにお願いし、安田美沙子さんに「ハンナリト」という馬名をつけていただいたときに興味を持ってくれた方もいて、ツイッターでの反応も多かったんですね。それで今度は馬名を募集してみよう、と考えました。

村上さんインタビュー写真8
エンジェルツイート 東京2歳優駿牝馬表彰式 

市丸:すんなり「エンジェルツイート」に決まったのですか?

村上:5つくらい候補があって、2位が「ナウ」でした。当時はよく使われてましたけれど、今は死語になりかけてますし、もし「ナウ」だったらここまで来ていないかもしれませんね。また、次の年は、わたしがやっていた番組に「Oh!どや顔サミット」というのがあって、もう少しで「ドヤガオ」になりそうでした。最後の最後に「エストレーモ」という名前になりましたが、「ドヤガオで着外」というのもどうかと思いますし、毎回ひやひやしています(笑)。ツイッターは透明なのでズルできませんからね。

市丸:エンジェルツイートは、ホッカイドウ競馬から大井競馬に移籍しましたね。

村上:平和賞まではホッカイドウの角川(秀樹)厩舎で、そのあと大井の森下(淳平)厩舎でお世話になっています。森下調教師は今年、東京ダービーで1、2着を独占されましたが、この馬の東京2歳優駿牝馬が初重賞でした。実は平和賞は当初、違う騎手が騎乗予定だったのですが、病欠で乗れなくなってしまい、森(泰斗)騎手にお願いすることになりました。森騎手はリーディングで上位でありながら南関東では重賞勝ちはなかったのですが(荒尾では霧島賞を制覇)、昨年はこの馬で重賞を勝ち、今年は中央でも初勝利を挙げてオークスにも騎乗されたりと、結果的には森騎手にとっても大きな意味を持つ馬になってくれたかな、と思います。

市丸:今後のレースの予定などはいかがですか? 中央への参戦などは……。

村上:森騎手によると、芝も良さそうだということなので、いつか試してみたい気持ちはありますね。ただ、この前の復帰戦があまり良くありませんでしたので、今年は年末のシンデレラマイルが目標になります。今年は春2戦、秋1戦しか使っていませんが、森下調教師によると、今はあまり無理をさせずに4歳、5歳でも……、というお話しです。

市丸:これからまだまだ楽しみが広がりますね。

中央競馬のほうはいかがですか?

「私の競馬はちょっと新しい」インタビュー一覧

データ競馬のための最強ツール
TARGET(ターゲット)

  • 記事に紹介されているような分析が自分でできる!
  • あらゆる切り口で競馬データを分析可能!

ターゲット詳細

今すぐダウンロード

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN