JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

私の競馬はちょっと新しい
第43回 競馬エイト記者 津田照之さん

「ケータイやレーシングビュアーで昔では考えられないほど便利になりました」
津田照之さん写真
1970年生まれ、大阪府出身。大学卒業後に「ホースニュース社」に入社し、専門紙「馬」の関西所属のトラックマンとして主に栗東や北海道を担当。08年より競馬エイトに移籍。グリーンチャンネル「KEIBAコンシェルジュ」出演などさまざまなメディアで活躍中。

取材時に役立つJRA-VANケータイサービス

市丸:毎年夏には北海道に行かれていますが、やっぱり北海道は良いですか?

津田:函館では「函館が第二のふるさと」、札幌に行けば「札幌が第二のふるさと」です。大阪が第一で、ほかに滋賀や函館、札幌、2位タイがずらり並んでいます(笑)。

市丸:函館と札幌も、また全然違いますよね、特に言葉などは。

津田:札幌は、イントネーションが多少違うことがあっても標準語に近くて、函館は青森が近い影響もあるようですね。

市丸:小倉はどうですか?

津田:今は冬の小倉に週末だけ通っています。小倉の人は情に厚くて、函館は「来るもの拒まず」という……、港町なのでそういうイメージで見ているのもあるかもしれませんが。

市丸:そろそろご結婚などは? 独身でいらっしゃるのを意外に思われる方も多いと思いますが……。

津田:今までは仕事中心だった、ということですね。ただ、今は多少意識するようになって……、「いい人がいたらお願いします」と書いておいてください(笑)。

津田さんインタビュー写真9

市丸:今年、予想の調子はいかがですか?

津田:予想では3連単で130万馬券が当たりました。アグネスウイッシュが勝って、ビスカヤが2着だった2月の山城S(1→14→10番人気)で、単純に追い込み馬ばかりに印を打っただけでしたが。

市丸:そういう高配当を提供してくれた馬をまた追いかけたり、あるいは好きな馬がいたりはしますか?

津田:馬に対する思い入れは特にはないです。馬券を取らせてもらった時点では好きですけれど、次のレースでは嫌いになっていたりするので(笑)。注目するのは、その馬がそのレースで強いか弱いかで、追いかけるのも、そのうち馬券を取らせてくれそうかどうかという視点で、好き嫌いではないですね。いいんですかね、こんなドライで?

市丸:いえいえ、よろしいのではないでしょうか。あと、ブログなどを書かれたりは……。

津田:めんどくさがりなので、日々の更新とか無理ですね。発表の場を作るという意味では価値があると思いますけれど、自分にはエイトという発表の場がありますし……、ただ、めんどくさがりなのが8割です(笑)。

市丸:さて、JRA-VANについてうかがいますが、ふだんはどのサービスを利用されていますか?

津田:ケータイで利用させていただいています。ファンの方と違う使い方としては、取材のときによく利用させていただいていますね。質問などは事前に用意していくのですけれど、そのときに「逆質問」されることが多いんです。

市丸:どのようなことでしょう?

津田:たとえば「あのとき誰が乗ってたっけ」とか、「このレース、ハンデ何キロになった」とか、同じ条件のレースが2つあれば「どっちがメンバー弱いのか」などですね。ハンデはプリントアウトして持っていることも多いですが、持っていないときは、さも準備していたかのようにケータイでぱぱっと調べて「何キロですね」などと答えています。

市丸:ケータイなら、どこにいてもすぐに調べられますね。

津田:これがなかった時代は「どうやったっけ?」「う〜ん?」と言ったまま別れていましたから。今は情報がすぐにわかりますから、非常に助かっています。

市丸:さきほど、レースのVTRもよくご覧になるとのことでしたが……。

津田:JRAレーシングビュアーはパソコンで見ています。レースもそうですし、追い切りでも手前を変えたかどうかなど、一瞬ではよくわからないことも、繰り返し見て確認できますからね。ケータイサービスやレーシングビュアーができて、昔では考えられないほど便利になりました。

市丸:「お気に入り」などは活用されていますでしょうか?

津田:ええ、グループ分けして印を入れられるのが便利ですね。たとえば、結果分析の注目馬は「◎」、自分で良いコメントをした馬は「○」、次走以降に穴でおもしろそうだと言った馬は「▲」、そして人気になっても危なそうな馬は「×」などと決めて印を入れています。

市丸:ケータイからスマホに乗り換えようとは考えられませんか? 新機種もスマホばかりになってきていますし。

津田:買った人が使いこなせなくて「失敗した」と思っているのに、自分に「これは良いんだ」と言い聞かせるように、他の人に「スマホはこんなことができて……」などと言っているうちは買わないようにしようと思っています。

津田さんインタビュー写真10

市丸:わたしは両方使っていますが、スマホの良いところもあれば、ケータイにはケータイの良さもありますからね。

津田:市丸さんならパソコンにも精通されていますし、そうおっしゃっても無理をしている感じはないのですが、そうではない方もいらっしゃいますからね。そういう方がいるうちは、まだ早いと思っています。

市丸:最後に、これだけは伝えておきたいというようなことがあれば……。

津田:そうですね……、いや、特にはないですね。でも、いい人がいたら……。

市丸:それ、本当に書いてもいいんですか?(笑)

津田:つきあっている人がいたらマズいでしょうけれど、いませんから。よろしくお願いします。

市丸:わかりました(笑)。本日はありがとうございました。

JRA-VAN ケータイサービスをご紹介!

「私の競馬はちょっと新しい」インタビュー一覧

データ競馬のための最強ツール
TARGET(ターゲット)

  • 記事に紹介されているような分析が自分でできる!
  • あらゆる切り口で競馬データを分析可能!

ターゲット詳細

今すぐダウンロード

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN