JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

私の競馬はちょっと新しい
第40回 競馬ライター 井内利彰さん

「自分の目とデータを分け隔てなく使えるように心がけています」
井内利彰さん写真
1976年生まれ、大阪府出身。大学卒業後に株式会社JRDBに入社。予想理論「調教Gメン」を操り、「競馬予想TV!」出演や、競馬誌の連載、書籍の執筆など、さまざまなメディアで活躍。その後フリーとなり、テレビやイベント出演、JRA-VANの「若駒情報(デビュー前)」執筆などを行っている。

ターゲットのコメント機能で調教内容を入力!

 井内さんは「TARGET frontier JV」(以下ターゲット)のコメント機能を活用し、各馬の調教内容を管理されているとのことだった。ターゲットには「馬コメント」「チェック馬コメント」「レースコメント」など、さまざまな項目についてユーザーがコメントを入力できる機能が備わっており、デジタルのデータを補うアナログの情報も管理することが可能になっている。

 これらコメント機能について、詳しくはターゲットのヘルプなどをご覧いただきたいが、ここでは「予想コメント」の入力方法を紹介しておきたい。「予想コメント」は各レースの出馬表において、出走馬1頭1頭について気づいたことなどをレース前に記入して利用するものだ。ただ、これはあくまで基本的な使い方であり、井内さんの場合はここに中間の調教内容を記入されている。コメントの入力は、各レースの出馬表でウインドウ下部にある「予想コメント」タブを選択し、コメントを入力したい馬の「予想コメント」欄をダブルクリックする(または馬を右クリック→「○○の予想コメントを編集する」を選択)。予想コメント入力ウインドウが開くので、ここにコメントを入力すれば良い(画面1)。「馬コメント」「結果コメント」も、同様の手順でタブを選択すれば入力が可能だ。

 画面2は、井内さんからいただいたマイラーズCの出馬表画面(「★1」タブを選択)である。井内さんは、画面右上の「★項目設定」から「★1」タブの表示内容をカスタマイズされており、父名とレース間隔、前走と今回の予想コメントが同時に表示されている。そして前走、今回の予想コメント欄には、それぞれの中間の調教量やコースなどが記されている。また、チェック馬マークもカスタマイズされ、放牧先によって「し」(ノーザンファームしがらき)、「宇」(宇治田原優駿ステーブル)などと分類されているようだ。

 そして画面3は、優勝したシルポートの馬データ画面(「予想コメント」タブを表示)。予想コメント欄には、これまで出走した各レースにおける中間の調教内容が蓄積されているほか、前走後に宇治田原優駿ステーブルへ短期放牧に出ていたことを示す「宇」のチェックが入り、チェック馬コメントには「宇治田原」と記入されている。

画面1

【画面1】ターゲットではレースごとや馬ごとなど、さまざまなコメントを入力できる。画面は「予想コメント」を入力する例。出馬表から「予想コメント」タブを選択し、入力したい馬の「予想コメント」欄をダブルクリックすると入力ウインドウが表示される。

画面2

【画面2】井内さんが利用されているターゲットでマイラーズCの出馬表を表示した例。「★1」タブをカスタマイズし、父名や前走の予想コメント、今回の予想コメントが一覧できる。また、チェック馬機能では直前の放牧先も入力されている。

画面3

【画面3】シルポートの馬データ画面。予想コメントには、これまで出走したレースにおける中間の調教内容が蓄積されている。

 蓄積されたコメントは、出馬表以外からも参照することが可能だ。画面4は「出馬表分析」機能で、4月22日のレースに出走する馬を表示したものである。「出馬表分析」はメインメニューなどの「出馬表」から表示したい日を選択し、「出馬表レース選択」画面で「出馬表分析」ボタンをクリックすると表示できる。通常、この画面4の「★C馬コメ」タブでは「チェック馬コメント」のみが表示される。しかし井内さんはこのタブをカスタマイズし(画面右上「★項目設定」ボタンから)、前走と今回の予想コメントも同時に表示するように設定されており、放牧先と調教内容を同時に確認できるようにしているそうだ。

 また、画面5は春の天皇賞について「レース検索」機能で、過去5年の1〜3着馬を一覧表示したものである。メニューパネル等の「レース検索」から検索条件を指定できるほか、出馬表にある「傾向分析」ボタンからでも、こういった一覧、集計は可能だ。画面5は「全コメ」タブを選択しており、「予想コメント」欄には1〜3着馬の調教内容が記されている。これにより、そのレースではどういった調教を積んできた馬が好走しやすい傾向にあるか知ることができるのだ。この例は春の天皇賞という1レースを対象にしているが、たとえば「京都ダート1200m・1600万条件以上」などという条件でレース検索を行えば、そのコースの傾向を掴むことも可能になる。

 ターゲットでは、ほかにもコメントを入力、参照できる画面は多くあり、画面によってはコメントに入力されていた文字列で抽出することもできる(出馬表分析画面の「コメント検索」ボタンなど)。井内さんはさらに、これらコメントなどをデータベースソフトに取り込んで分析されているそうだが、ターゲット単独の利用でも活用できる場面は多そうだ。コメントをみずから入力、蓄積していくのはたいへんな労力を伴うが、それが回収率向上に役立つこともきっとあるに違いない。井内さんにとっての調教のように、みなさん独自の注目ポイントがあれば、それをターゲットにコメントとして入力してみてはいかがだろうか。

画面4

【画面4】出馬表分析機能で4月22日の出走馬を表示した例。「★C馬コメ」タブの表示内容をカスタマイズし、チェック馬コメントのほか、前走と今回の予想コメントも同時に表示されている。この画面ひとつで、その日の出走馬の放牧先や調教内容を確認可能だ。

画面5

【画面5】「レース検索」機能で、過去5年の春の天皇賞1〜3着馬を表示した例(「全コメ」タブ)。インタビューにもあったように、井内さんによればレースやコースによって適した調教があり、この画面でその傾向を知ることができる。

「私の競馬はちょっと新しい」インタビュー一覧

データ競馬のための最強ツール
TARGET(ターゲット)

  • 記事に紹介されているような分析が自分でできる!
  • あらゆる切り口で競馬データを分析可能!

ターゲット詳細

今すぐダウンロード

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN