JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

私の競馬はちょっと新しい
第38回 タレント 岡村麻純さん

「競馬に関わる人々に、たくさん触れていきたいと思っています」
岡村麻純さん写真
1984年生まれ、神奈川県出身。大学在学中にタレントとしてデビューし、ドラマやバラエティ番組出演、そして声優などさまざまな分野で活躍。08年秋から10年まで「競馬予想TV!」アシスタントを務め、11年からは「BSイレブン競馬中継」日曜放送分のアシスタント。ほかに野球中継出演や、コラムの執筆活動も行っている。

視聴者と同じ視点での番組作り

市丸:スタジオと現場を結ぶ形で進行されていますが、その場(競馬場)にいないことによる難しさなどありませんか?

岡村:難しいですね。ただ、ご自宅などで競馬中継を見ている方と同じ視点に立てる、という良さもあると思います。競馬場で見ていると空気で伝わるようなことでも、テレビで見ているとわからないことは質問できますから。

市丸:パドックで入れ込んでいる馬が多ければ、なにか外的要因があるのか、と。

岡村:そういうことですね。また、その場で見ていれば、その後落ち着いてくればわかりますけれど、テレビでは「さきほどは入れ込んでいましたが、その後どうですか?」と。気温にしても「そちらはお天気が良さそうですが、寒いですか?」などとなりますね。

市丸:また、レースがすべて終わったあと、17時からの30分ほどは、いろいろな特集をやっているのもおもしろいですね。

岡村:レースの中継を楽しみにしてくださる方も多いですが、その後の特集のコーナーが好きだという方も多いです。うちのおばあちゃんも実は競馬好きだったのですが、ハイセイコーの時代で止まっているんですね。ただ、このコーナーではかなり昔の映像も流すので、それを見て「良かったよ」と連絡をもらうこともあります。

市丸:特集のコーナーは、どのように作られているのでしょうか。

岡村さんインタビュー写真7

岡村:「こういうのをやってみよう」というところは作家さんからお話しがあるのですが、そこからいろいろと案を出し合ったりしています。また、名物化しているコーナーでも「出したい名レースはありますか」と聞いてくださったり。みなさん「あのレースは絶対!」などと思い入れをお持ちですしし、そういった意見はかなり聞いていただいています。

市丸:ほかに特集では……。

岡村:名馬の新馬戦を見ようという「割烹メイクデビュー」というコーナーもあります。京言葉など話せないのに、台本は全部京言葉で「おいでやす」「女将の麻純どすえ」と。TIMのレッド吉田さんが京都出身で、いつも「そのイントネーションは違う!」と言われています(笑)。

市丸:さきほどデータのお話しもありましたが、岡村さんが持たれているコーナーはどのようなものですか?

岡村:データのコーナーは、新しい開催になったときに、その開催ではどの騎手の成績が良いかなどをお伝えしています。また「オカパネの騎手指数コーナー」というのがあって……。

市丸:「オカパネ」ですか?

岡村:以前、アパパネの取材に行ったときに、ふだんアパパネが走っている坂路を走ろうという企画があったのです。200m55秒0くらいで、その日のアパパネは確か12秒5くらいだったと思うのですが、そのときから「オカパネ」と呼ばれるようになりました。

市丸:なるほど。そして「騎手指数」というのは……。

岡村:番組で「今日はこれで○勝です、絶好調ですね」などと言いますが、ふと「人気薄なのに3着に何度来た」という絶好調もあるのではないか、と考えたのです。最初は人気と着順の差を見ていたのですけれど、そのうち騎乗数を考えたり、馬券に絡まないと意味がないなと思ったり、いろいろ試行錯誤しました。

市丸:番組のコーナーのために指数を作られたのでしょうか?

岡村:いえ、完全に趣味の範囲で、馬券に対する欲望で指数を出していました(笑)。ただ、そういった話をしたら「番組でやれば」という話になったんですね。最初は「わたしは予想をする立場ではないから」と言ったのですけれど、「指数もデータのひとつだからいいんじゃないの?」ということになりました。

市丸:土曜の結果から指数を出されるのですか?

岡村:それも、前の週や前の開催などいろいろ試してみたのですが、週をまたぐと「絶好調」が繋がらないんです。番組では土曜の結果から日曜日の注目騎手を何人か挙げて、その中から「今日の一押し」を発表しています。ただ、その1レースを選ぶのが、すごく難しいんです。

岡村さんインタビュー写真8

市丸:わたしも「競馬予想TV!」をやっていて思いましたが、人前で発表した予想が当たるかどうかというのは、最終的には「運」であったり、その人が持っている「なにか」、そういうものが絶対にありますね。ただ、それが当たると視聴者の方に「参考にして当たりました!」と言ってもらえますよね。

岡村:それはうれしいですよね。ただ、その逆もあるので……。わたしは趣味を公表しているだけで、本職の予想家ではないMCとして見ていただいていているで、みなさん優しいですけれど、予想家の方というのは本当に大変なお仕事なのだなあ、と思います。

市丸:BS放送ですから、全国に視聴者の方がいらっしゃいますね。

岡村:北海道から沖縄まで、たくさんの方に見ていただいています。この中継がはじまって、ブログのアクセス数がとても増えて、本当に驚きました。

市丸:昼は12時から3時と、4時から5時半と長いですし、そして夜のハイライト番組(うまナビ!イレブン)もありますから、日曜日はたいへんですね。

岡村:でも、あっと言う間ですよ(笑)。自分のコーナーが終わって6レース、7レースあたりからは馬券も買って、自分の中でも常に楽しめるようにして、スタジオで大騒ぎしています。

市丸:叫ぶ方、多いですか?(笑)

岡村:多いです。違う馬を買っていると「粘れ、粘れ!」「差せ、差せ!」と、すごいですね。それでレースが終わって「いきまーす」という瞬間に切り替わるんです(笑)。

そんな「BSイレブン競馬中継」ですが、今後、このようにしていきたい、という思いなどはございますか?

「私の競馬はちょっと新しい」インタビュー一覧

データ競馬のための最強ツール
TARGET(ターゲット)

  • 記事に紹介されているような分析が自分でできる!
  • あらゆる切り口で競馬データを分析可能!

ターゲット詳細

今すぐダウンロード

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN