JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

私の競馬はちょっと新しい
第34回 中央競馬騎手 福永祐一さん

「JRA-VAN NEXTとレーシングビュアーは欠かせません」
福永さん写真
1976年生まれ、滋賀県出身。96年にデビューし、53勝で最多勝利新人騎手を獲得。99年の桜花賞でG1初制覇を達成すると、10年まで中央競馬G1・14勝。また、エイシンプレストンやシーザリオで海外G1制覇も果たしている。10年は関西リーディングを獲得。本年は全国リーディングトップの104勝(10月16日現在)を挙げるなど活躍中。

父親のキャリアを超えたのは「不思議」な感覚

市丸:その翌年はエリザベス女王杯のフサイチパンドラ、07年のオークスではローブデコルテと、牝馬に強いとよく言われますが、それについてはいかがですか?

福永:牝馬に強いというより、縁があるな、とは思いますね。牡馬と牝馬で乗り方を変えているかといえば、そんなこともないですから。また、当時はできれば男馬で結果を残したいと思っていました。今は牝馬も強いですけれど、当時は男馬のほうが強かったですし、桜花賞を3つ勝つよりはダービーを1つ勝ちたい、と。ただ、それも縁なので、牝馬との縁は濃いな、というのは思いますね。また、乗せる側のイメージとして、牝馬でちょっといい馬がいたら、祐一に頼もうかな、と思ってもらえているのかもしれません。

福永さんインタビュー写真5

市丸:ローブデコルテも、本当は短距離馬かな、という馬をもたせた感じでしたね。ダイワエルシエーロと違って差しでしたけれど。

福永:短距離馬ですね。また、本当は差すほうが距離はもたせやすいです。桜花賞に乗せていただいて4着だったのですが、スタートが今ひとつで、スタート練習をたくさんしました。また、ウオッカがダービーに向かい、ダイワスカーレットが回避して、ベッラレイアが1番人気に押し上げられたことで、チャンスが出てきたと思いました。そして、レースではトップスタートを切ることができたのが勝因です。もし出遅れていたら、着差も着差(ハナ)でしたから、わからなかったです。うまくいきましたね。

市丸:そして08年には1000勝を達成され、その前にはお父さん(福永洋一元騎手)の記録も塗り替えられました。お父さんの983勝や、1000勝というのは意識されていましたか?

福永:ありましたね。「1000勝ジョッキー」という言い方をされますし、トップジョッキーの証だと思いますから、100勝や200勝とは違った意識がありました。また、親父の勝利数を超えたときは、競馬会もわざわざ表彰する場を設けてくれるなど、親父の983勝というものを大事にしてくれていたのはうれしかったです。ただ、父親のキャリアを超えたというのは不思議でしたね。写真でしか見ていないですけれど、もうその写真の年齢を超えたのか、と。もっと自分は若いと思っていましたし、写真の親父のほうが老けて見えましたから(笑)。

市丸:そのころとは勝負服(の作り)も違いますよね。

福永:髪型の違いなんかもあると思います(笑)。でも、不思議な気分でした。

市丸:昨年は109勝で、ついに関西リーディングを獲得されました。

福永:デビュー当初から目標としてはありましたけれど、(武)豊さんがすごかったですから。もうダブルスコアくらいで負けていましたし、いつしか自分の中で野心が薄れていって、諦めさせられていました。そのくらい圧倒的な差がありましたから。

市丸:ただ、武豊騎手が大きな怪我をされて……。

福永:あと、岩田君も怪我をして。そういう中で、いろいろな方からハッパをかけられ、自分がやらなきゃどうするんだ、という声もかけられましたし、去年は自分の中で取るという気持ちを強く持ってやりました。

福永さんインタビュー写真6
2010年阪神ジュベナイルフィリーズをレーヴディソールで勝った福永騎手

市丸:今年は先週で100勝を突破されました。当然、ご自身の最高である109勝は……。

福永:そうですね。この時期に100勝を達成できたことはなかったですし、今年、誰よりも早く達成できたのは値打ちがあると思います。

市丸:全国リーディングも見えてきますね。

福永:自分の中ではもう一度、関西リーディングだったのですけれど……。内田さんが怪我なく乗られていれば分からなかったと思います。また、震災の影響で関東の開催がひと月ほどなく、東西のジョッキーで差もありますが、今は全国リーディングを取りたいですね。

市丸:やっぱり「相手」と言ってはおかしいですが、岩田騎手との戦いですか。

福永:そうですね。岩田君は2つ上なのですがほぼ同年代で、これまで同年代に強く意識し合える人がいなかったところに、すごく刺激をもらえる人が来てくれたので、もう一度自分の野心に火がつきました。その岩田君がトップを目指してやっていますし、自分も負けていられないですね。自分の中では、いい存在でいてくれています。岩田君がどう思っているかわからないですけれど。

市丸:福永さんから見て、岩田騎手のすごいところというのは……。

福永:めちゃくちゃ研究熱心ですよ。あの人ほどレースを見ている人はいないと思います。乗り方は感覚的なところがあるかもしれませんが、ものすごく馬を知っていますし、知識も豊富ですね。繊細なところがあって、ちょっと自分とは性格が違ったりしますけれど。

この秋は毎週のように楽しみなお手馬をお持ちです。

「私の競馬はちょっと新しい」インタビュー一覧

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

ネクスト詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN