JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

私の競馬はちょっと新しい
第33回 タレント カンニング竹山さん

「今でもグラスワンダーには感謝しています」
カンニング竹山さん写真
1971年生まれ、福岡県出身。高校卒業後に上京し、92年にお笑いコンビ「カンニング」を結成。04年より単独で「カンニング竹山」として活動し、現在はバラエティーやドラマ、映画など幅広く活躍中。

人生を変えたグラスワンダーの復活勝利

市丸:逃げ馬が好きだとか、追い込み馬が好きだというような好みはありますか?

竹山:極端な馬は好きかもしれません。大逃げを打ってぎりぎり逃げ切ってしまったり、もしくは金鯱賞のルーラーシップが見せたミスターシービーのようにわけのわからない、なんでこれで勝ててしまうんだという、ちょっとはらはらしてしまう感じの走りは好きです。見ていてわくわくするような競馬をする馬は、自分が馬券を買っていなくても「いけいけいけ!」と応援してしまいます。ただ、王道で4コーナー一番外に出して「来た来た来た!」というのもいいですよね。

市丸:フジノマッケンオーより後に、特に思い入れがあった馬というのはいましたか?

竹山:グラスワンダーです。実は、フジノマッケンオーの後「ちょっとおかしいことになっているな」と感じたんです。たとえば、ダービーは完全にナリタブライアンだろうという競馬なのに「俺はフジノマッケンオーだ!」と言ったりしていたんですね。これでは馬券を買えない、競馬ができないと思って、好きな馬は作らないようにしていました。ただ、それから何年か経ってグラスワンダーに出会ったんです。中山の新馬戦(97年秋)でえらいグリグリになっている馬がいて「なんだこれは」と見てみると、まだ浅い競馬歴でしたけれど、こんな走りは見たことないというようなバネ、収縮力で「これはすごいなあ」と。

市丸:もう一目ぼれですね(笑)。

竹山:それから連勝して、どんどん人気も上がっていって、強い馬というのはこういうものなんだ、と思ったのを覚えています。ちょうどそのころは辛い時期で、そのうち「願掛け」をするようになりました。次もグラスワンダーが勝てば俺も成功するとか、負けたら俺はもう終わりだ、とか。でも、強いから負けないですよね。それでまた自信を持ったりして、朝日杯のときには、当時持っていた現金にできるもの、たとえばラジカセとかビデオデッキなどをかき集めて質に入れ、8万か9万くらいのお金を全部つぎ込みました。

竹山さんインタビュー写真7

市丸:そういう勝負をした馬が勝ってくれると、思い入れもさらに強くなりますよね。

竹山:ただ、そのあと怪我をして、(同期の)エルコンドルパサーやスペシャルウィークが強いと言われるようになりましたし、復帰しても負けてしまって、自分も芸人としてはもうダメかな、これでダメだったら「もうやめるか」と相方に言わなきゃいけないかな、という決意をして馬場に行ったのが有馬記念でした。

市丸:そこまでの思いを持って見ていられたのですね。

竹山:人が多くて、内馬場のターフビジョンの横あたりで見ていたのですけれど、グラスワンダーが抜け出してきたのを見て、「競馬を見て泣くことがあるんだ」っていうくらいに泣きました。今でも泣きそうになるくらい、本当に大泣きしましたね。また、あれがなかったら、今の仕事をしていなかったかもしれませんし、くさい意見ですけれど「諦めちゃダメだ」と思いました。

市丸:それからお仕事も軌道に乗っていかれたのですか?

竹山:真剣に漫才に取り組むようになって、一回開き直ろう、自分がおもしろいことをやってから辞めようと思ったんです。それで、今まで漫才ではやってはいけないと言われていたようなことでも、おもしろいと思えば全部やってみよう、ということで出てきたのが「キレ芸」でした。アンケートで「カンニングは辞めさせろ!」と書かれたら、「お前らこんなこと書いたやろ!」「これ書いたヤツの好きな芸人なんかとっとと引退するわ!」なんて、お客さんを立たせたりしていました。みんなどん引きしているんですけれど、それでもお客さんが入るようになって、テレビ局の方にも目をかけていただけました。もうグラスワンダーのおかげですよね。

竹山さんインタビュー写真8

市丸:翌年の有馬記念は、僅差でスペシャルウィークが勝ったようにも見えたレースでしたが……。

竹山:その年も同じ内馬場て見ていました。ここで見るのがグラスワンダーへの自分の敬意だと勝手に思って(笑)。レースの直後は負けたと思って、そんなにショックでもなかったですけれど、駅に向かって歩いてました。ただ、そうしたら実はグラスワンダーが勝っていて、「やっぱり諦めちゃダメだ」「人生は大逆転があるんだ」と。今でもグラスワンダーには感謝しています。

グラスワンダーといえば、その近親に「スピードカンニング」という馬がいましたね。

「私の競馬はちょっと新しい」インタビュー一覧

データ競馬のための最強ツール
TARGET(ターゲット)

  • 記事に紹介されているような分析が自分でできる!
  • あらゆる切り口で競馬データを分析可能!

ターゲット詳細

今すぐダウンロード

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN