JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

私の競馬はちょっと新しい
第28回 中央競馬調教師 角居勝彦さん

「いい馬を作り続けていくのが使命だと思っています」
角居勝彦さん写真
1964年生まれ、石川県出身。グランド牧場勤務から、中尾謙太郎厩舎、松田国英厩舎での調教助手を経て、00年に調教師試験に合格。開業後はデルタブルース(菊花賞)を皮切りにウオッカやカネヒキリなどG1馬を続々と送り出し、本年はヴィクトワールピサで日本馬として初めてドバイワールドC制覇を果たした。

本当に日本人で良かったと思った瞬間

市丸:その後、ダイワスカーレットとの対決は松田先生と「師弟対決」などとよく書かれましたが、先生としてはどんなお気持ちでしたか? 秋の天皇賞での大接戦などもありましたが。

角居:師匠とこんな早くにこんな大舞台で戦えるんだなあ、と。ただ、調教師同士で競走するわけではないですからね(笑)。あの天皇賞は、競馬の「あや」というか、もう1回競馬をしたら順番も変わりそうで、ちょっとだけ運もあったかな、と思っています。

市丸:運、ですか。

角居:そうでしょうね。狙って2cmは難しいと思います(笑)。

角居さんインタビュー写真7

市丸:そのウオッカでは、3回にわたってドバイに遠征されました。そのあたりの経験も、ヴィクトワールピサに生きてくることになりましたか?

角居:ナドアルシバの競馬場に2回行って、3年目にメイダン競馬場のタペタを経験できたのが繋がっていきましたね。競馬場は変わりましたけれど、調教や検疫、飛行ルートなどがリスクにならないことはわかりましたし、それに加えてタペタ(オールウェザー)が日本の馬に向いている馬場だと感じました。

市丸:タペタは去年と今年では少し違う感じでしたね。ちょっと黒くなって。

角居:去年行ったときに、その前の年から作ってあったサブトラックを見たのですけれど、そのとき「こっちの馬場を使わせてくれれば日本の馬にもっと有利なんだけど」と言ったんです。そうしたら、今年の馬場は昨年のサブトラックと同じ色でした。ドバイの天気に1年さらされると、日本の馬により向きそうな状態になるようですね。

市丸:そのヴィクトワールピサですが、皐月賞を勝たれた後、ダービーは今までにないような超スローになってしまいましたが、あれはもう少しペースが速ければ、とかいうことは……。

角居:ないですね、競馬ですから。競馬の、そういうダービーに出走した、ということです。

市丸:凱旋門賞はいかがでしたか?

角居:以前、ウオッカで挑戦するという話もあって下調べはしていたので、自分の中でイメージは作り上がっていました。それで「向いていると思います」と言って行ったのですけれど、着順は悪かったですね。

角居さんインタビュー写真8
ドバイワールドカップ(ヴィクトワールピサ)

市丸:ただ、それから有馬記念を勝たれて、そしてドバイワールドCと。ドバイはスタートがあまり良くなくて、向正面で後ろから上がっていくレースになりましたが、見られていて「これでいいのか?」とは?

角居:ものの1分も考える間はなかったので、「それでいいのか?」とも思いましたし、「それでいいのかも」とも思いました。

市丸:最後の直線は、トランセンドと日本馬2頭で抜け出しました。

角居:レース前に「声を張り上げられるようなレースになったらいいね」と話していたんです。それで実際に力比べのレース、ありったけの力をぶつけるところまで行けていたので、ゴール前はそれだけでもずいぶん幸せでした。

市丸:表彰式で君が代が流れたときには、どんなお気持ちでしたか?

角居:世界のこの舞台で、外国の方が演奏される君が代を聴いて、感慨深く、心にしみました。本当に日本人で良かったな、という瞬間でしたね。

このところ日本馬がなかなか海外のレースを勝てなくなっている中でドバイワールドC、素晴らしいですね。

「私の競馬はちょっと新しい」インタビュー一覧

iPhoneアプリ
JRA-VAN競馬情報

  • レース予想からIPAT投票までワンストップアプリケーション!
  • レース動画も閲覧可能

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN