JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

私の競馬はちょっと新しい
第24回 中央競馬調教助手 谷中公一さん

「ファンに競馬の楽しさ、おもしろさを伝えていきたいです」
谷中公一さん写真
1965年生まれ、長野県出身。1985年に中央競馬の騎手としてデビューし通算145勝。現在は阿部新生厩舎所属の調教助手。スポーツ紙でのコラム執筆や、グリーンチャンネル「A1 NEWS STAGE」出演など、各メディアで活躍中。また、美浦でドッグガーデン「WANだら〜」を経営している。

競馬との出会いは高崎競馬

市丸:それでは、だいたい1時間くらいになるかと思いますが、よろしくお願いします。

谷中:ええ、もう3時間でも4時間でも、よろしくお願いします(笑)。

市丸:長野県の岡谷市出身ということですが、長野というと競馬もそうですが、公営競技がありませんね。

谷中:そうなんです。ただ、両親や親戚がものすごく競馬が好きで、子供のころ、よく隣の県(群馬県)の高崎競馬場に連れられて行っていたんですよ。

市丸:でも、岡谷から高崎って遠いですよね?

谷中:一昔前の典型的なレジャーですよね。親戚と家族で高崎競馬を見て、夜は伊香保温泉に泊まってゆったりして帰ってくるという。

谷中さんインタビュー写真2

市丸:高崎競馬を見て、すぐ騎手にあこがれたのですか?

谷中:いえ。最初、わたし自身はそんなに興味はなかったんです。スタンドの裏にある売店のおでんとかが大好きで、おばちゃんと仲良くなったりはしていたのですが。

市丸:騎手を目指したきっかけというのは?

谷中:小学校5〜6年になっても、体が小さかったんです。それで、まわりの人がみんな競馬好きですから「ジョッキーになってもいいんじゃない?」という「からかい」が始まって、両親も「おもしろそうだねえ」とか。それでも当時はまだその気はなかったのですが、中学になって少し意識し始めました。一般の社会に出るよりも、ちょっと変わったことをしてみたいな、と。

市丸:ただ、まだ競馬学校はなかったころですよね? インターネットももちろんないですし、騎手試験の応募要項などはどのように……。

谷中:親父がみつけてきて、それで「受けてみようか」と。乗馬経験があるわけでもなし、ものすごく騎手になりたかったわけでもなし、ちょっとした興味の延長で、サラリーマンになるよりは、ちょっと違った仕事をしてみたいと、それがきっかけですね。

市丸:競馬学校の前、というと馬事公苑だと思いますが、どうでしたか? 厳しかったですか?

谷中:厳しかったですね。まず、一番ショックを受けたのは、入学してすぐに丸坊主にすることでしたね(笑)。

市丸:子供のころから1回もなかったのですか?

谷中:なかったです。長髪が好きだったので……、市丸さんを見ていると当時を思い出しちゃいますね(笑)。

市丸:わはははは(笑)。

谷中:クリクリにされるじゃないですか? もうあのときは2日泣きましたよ(笑)。

授業や食事制限などはどうでしたか?

「私の競馬はちょっと新しい」インタビュー一覧

データ競馬のための最強ツール
TARGET(ターゲット)

  • 記事に紹介されているような分析が自分でできる!
  • あらゆる切り口で競馬データを分析可能!

ターゲット詳細

今すぐダウンロード

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN