JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

私の競馬はちょっと新しい
第13回 競馬ライター 須田鷹雄さん

「データが競馬のメジャーな馬券の買い方になるお手伝いをしたいです」
須田鷹雄さん写真
1970年生まれ。学生時代に「お笑い競馬ライター」としてデビュー。卒業後はJR東日本に就職したが、その後退職しフリーのライターとして新聞、雑誌やイベントなどで幅広く活躍。現在はグリーンチャンネル「日曜レース展望 KEIBAコンシェルジュ」などでデータを活用した予想を展開している。

「中央競馬レコードブック」で騎手の回収率に着目する

市丸:まず競馬のお仕事をはじめられたころのお話しをうかがいたいのですが……。

須田:大学1年の終わりからですね。社会人になるとき「就職しなくてもいいかな」という選択肢もあったのですけれど。

市丸:JR東日本に入られて。ライターとしての活動も続けられていましたよね。

須田:「現場試用」の期間があって、それがちょうど良かったんです。駅で泊まりとかひとときに働けば、その後はまとめて休めますから、サラリーマンよりも自由が効くので続けられた面はありました。ただ、当時体がしんどくて。今年40歳で当時よりさらに太ったりしていますけれど、今のほうがまだコンディションが良いという状態で。

市丸:そのあたりもあって辞められたのですか?

須田:現場試用の期間が終わってサラリーマンっぽい勤務になると、両立は相当難しくなる、というところで辞めようと。ただ、あまりやめる人間がいなかったので……、その後ぽろぽろ辞める人も出ていますけれど、当時は大騒ぎでした。普通なら駅長くらいで済むところが、支社の人事部から呼び出しを受け、本社からも呼び出しも受け(笑)。

須田さんインタビュー写真1

市丸:それからフリーとして活躍され、そして会社も設立されて今に至るわけですが……、パソコンとの出会いというのは?

須田:競馬と関係なくですか? それは、中学のころからパソコンのサークルに入っていましたから。

市丸:まだWindowsとか一般的になる全然前ですよね。持ってる人ならみんなちょっとしたプログラムくらい作れたり。

須田:先輩とかはかなりきっちりしたゲームを作って「I/O」に投稿したり、それがテープで商品化されたりというのはありましたね。ただ、わたしはそこまでプログラミングを極めたというわけではなかったです。

市丸:学生時代の原稿書きなどは?

須田:そのころはワープロ専用機でした。会社をやめて、今の仕事だけになったころがWindows95とか……。会社をやめたのが平成8年で、前の年にWindows95が発売されてインターネットブームが起きたとか、そういう時期ですね。

市丸:当時まだ競馬をデータで……、という時代ではなかったですよね。

須田:以前あった「中央競馬レコードブック」に騎手名鑑のようなものがついていて、勝率や連対率だけじゃなく、回収率まで出ていたんです。それで、100%を超えるのはトップジョッキーではなく、若手のちょっと気の利いた騎手が多かったんですね。これで、真価がまだ理解されていない若いジョッキーほど回収率が良くなる傾向にあるような「気がする」、ということを知りました。

市丸:今でも回収率ベースではトップジョッキーより若手という傾向はありますね。

須田:そんなこともあって、これまでのデータのあり方として「勝利度数」とか「勝率」「連対率」で善し悪しを論じるのはおかしいのではないか、回収率という指標も必要なのではないかと考えはじめました。

当時はそういったデータも簡単には調べられるものではなかったですよね。

「私の競馬はちょっと新しい」インタビュー一覧

データ競馬のための最強ツール
TARGET(ターゲット)

  • 記事に紹介されているような分析が自分でできる!
  • あらゆる切り口で競馬データを分析可能!

ターゲット詳細

今すぐダウンロード

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN