JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

私の競馬はちょっと新しい
第12回 タレント 安田和博さん

「競馬からはいろいろな感情をもらっています」
1967年生まれ。1988年に「デンジャラス」結成。相方は、オバマ大統領のモノマネで有名なノッチさん。最近は上島竜兵さん率いる「竜兵会」の総務部長としても有名。競馬は20歳ぐらいからキャリア20年以上。競馬場内FM放送のキャスターやグリーンチャンネル出演などの仕事もこなしている。

初めて行った京都競馬場で帰りは夜行バスに乗る羽目に

市丸:本格的に競馬を見るようになったキッカケを教えてください。

安田:その菊花賞後はたまに買う程度だったんですが、ナリタブライアンとマヤノトップガンの阪神大賞典(96年)を見まして。

市丸:はいはい、すごいレースがありましたね。1・2着がアタマ差で2・3着は9馬身差でした。

安田さん写真2

安田:あのときも新宿ウインズ行って、家に帰ってテレビで見て、すごい感動したんですよ。じゃあちょっと天皇賞(春)を見に行こうかと思い立って、当時付き合ってた彼女と一緒に淀(よど)に行きました。

市丸:ナリタブライアンを見に?

安田:はい、ナリタブライアンを応援しに。で、そのとき初めて朝から競馬場に滞在して1レースから買ったんですが、全然当たらなかったんです。でも、まあいいと。ナリタブライアンとマヤノトップガンの一点(馬連2.0倍)を買えば、絶対に大丈夫だからって。同じような感じですよ、さっきの菊花賞と。

市丸:4角で2頭が抜け出したのに、最後はサクラローレルが差し切っちゃった…(笑)。

安田:帰りは新幹線代がなくなって、初めて夜行バスで帰ってきました。

市丸:夜行バスで!? それで二度とやるか! みたいな感じになったんですか?

安田:はい(笑)。その後、今のように本格的にやるようになったのは30歳過ぎくらいからです。雑誌でお世話になってた編集者の人が競馬好きで、「今度競馬一緒に行こうよ」みたいな話しになって。府中競馬場に一回連れてってもらったんですよ。

市丸:本格デビューは割と遅かったんですね。

安田:当時は新宿のウインズで買うのが普通だったんで、当時千円単位だったでしょう。だから、1レースから行ってるにもかかわらず、千円単位でバンバン買ったんです。

市丸:それまでは重賞だけ買ってたから、その感覚だったわけですね。

安田:そしたら、またまた全然当たんなくて。一回金を下ろしに行って、それでも当たらなくて、なんだこれ、競馬って全然当たんないじゃんって。11レースまで一回も当たんなくて。でも、当然ですよね、知らないですし。ところが、たまたま最終レースで万馬券が当たって、半分くらいですけど返ってきたんです。負けは負けなんですが、返ってきたことで、すごい得した気分になって(笑)。

市丸:なるほど。

安田さん写真3

安田:じゃあもう毎週連れてってください、と。それから行くようになったんですよ。日曜は仕事が入ることが多かったんでほぼ土曜日ですけど、毎週行くようになりました。

市丸:当時の予想方法とかはどんな感じだったんですか?

安田:その編集者の人が血統がどうこうとかずっーと言ってたんですよ。じゃあそうなのかなあと血統を予想方法にし始めました。競馬ってレース間隔が30分ありますよね。詳しくないころは、その30分がすごい退屈だったんですけど、血統を考え始めて今日はどの傾向が来てるとか調べ始めると、30分なんかあっという間に過ぎちゃう。これでだいぶ楽しくなってきて、パソコン買って、ホームページでつくってみようとか思ったら、どんどん凝り出してハマっていったんです。

競馬が仕事になったのは、01年の場内FMのキャスターが最初ですか?

「私の競馬はちょっと新しい」インタビュー一覧

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN