JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

私の競馬はちょっと新しい
第12回 タレント 安田和博さん

「競馬からはいろいろな感情をもらっています」
1967年生まれ。1988年に「デンジャラス」結成。相方は、オバマ大統領のモノマネで有名なノッチさん。最近は上島竜兵さん率いる「竜兵会」の総務部長としても有名。競馬は20歳ぐらいからキャリア20年以上。競馬場内FM放送のキャスターやグリーンチャンネル出演などの仕事もこなしている。

ライスシャワーの差しで情けない顔になったノッチさん

市丸:初めての競馬の思い出はいつごろですか?

安田:一番初めに競馬を見た覚えがあるのは、高校生のころ、カツラギエースがジャパンCを逃げ切ったとき(84年)です。おやじがベッドタイム(2着)から馬券を買ってて、カツラギエースが抜けてすごく怒ってました。僕は後ろで見てて、心の中で「そのまま行け」って思ったんですけど(笑)。

市丸:その後、間が空いてますね?

安田:ええ。しばらく飛んで、20歳くらいのときから重賞だけ、なんとなく馬券を買うようになりました。当時は新宿のウインズへ行って、メーンだけ買って帰って家のテレビで見るみたいな感じでしたね。GIのときなんかは相棒と一緒にウインズへ行ったりもしましたよ。そうすると、相棒はGIだけしかやらないから、「何くる?」とか聞いてましたね。

市丸:なるほど。ノッチさんもキャリアはかなりあるわけですね。

安田:一度ね、忘れもしない、あいつがアパートの更新料を払えなくて困ってたことがあるんですよ。家賃1ヶ月分。で、手持ちのお金が少しだけあって、これを3倍くらいにすれば、なんとかなると。そのとき、菊花賞だったんですよ。ミホノブルボンの3冠がかかった菊花賞(92年)。

安田さん写真1

市丸:おお。劇的なレースですね。

安田:そのときに「何くるんだ?」と聞かれて、いやミホノブルボンの3冠は確実でしょ、と。相当強いよ、アレは。みたいなことをよく知らないくせに言ってたんですよ。その日、たまたま府中の近くで学園祭に出演する予定がありました。だから、朝まず東京競馬場に二人で買いに行ったんです。ミホノブルボンとマチカネタンホイザの馬連8.2倍一点に3割、押さえでミホノブルボンの単勝1.5倍を7割。これなら、馬連が来れば更新料が払えるし、馬連が外れても単勝は確実だから元手は返ってくる。これでOKだという話しになって。

市丸:3倍でOKなら、まあそうなりますよねえ。うんうん。

安田:そしたら、昼から学園祭でネタをやったんですが、相棒が関係ないのにお客さんの前で「マチカネタンホイザ」とか言ったりするんです。即興でつくった「マチカネタンホイザの歌」を口ずさんだり。そんなの、全然誰にもわからないですよ。だって府中だし、競馬興味ある人は競馬場に見に行くでしょう?

市丸:確かに。おっしゃるとおり(笑)。

安田:結局、出番が終わって3時20分くらいですかね、府中駅着いて、近くの電気屋さんで菊花賞を見たんですよ。キョウエイボーガンが逃げたけど、ミホノブルボンが2番手から先頭に立って、マチカネタンホイザが内から差してきて、「よしこの2頭で決まる!」と思ったときに…。

市丸:外から…(笑)。

安田:そう、ライスシャワーが来て差し切っちゃった。その瞬間、めちゃくちゃ笑いがこみ上げてきたんですけど、一生懸命それをこらえました。だって、笑えなかったですもん、相方の不幸を考えると。そのあと、帰りの電車で顔チラッと見るとすごい情けない顔してて、おかしくておかしくて。たまにチラッとおれの顔見るんですよ。で、「お前今笑ってただろ!」って突然怒り出す。それからですね、相方の前で競馬の話しするのやめたのは。

本格的に競馬を見るようになったキッカケを教えて下さい。

「私の競馬はちょっと新しい」インタビュー一覧

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN