第1610回 皐月賞への出走権を手にする馬は? スプリングSを分析する |競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1610回 皐月賞への出走権を手にする馬は? スプリングSを分析する

2022/3/17(木)

今週は変則の3日間開催で、重賞は4つ組まれている。今回は日曜日に中山競馬場で行われるフジテレビ賞スプリングSを分析する。ここで3着以内に入ると、皐月賞への優先出走権を得ることができる。いつものように過去10年のデータを分析して傾向を探り、今年のレースを占うことにする。データの分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 スプリングSの前走クラス別成績(過去10年)

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
新馬 0-  0-  0-  3/  3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
未勝利 0-  0-  1-  8/  9 0.0% 0.0% 11.1% 0 15
1勝 6-  4-  3- 39/ 52 11.5% 19.2% 25.0% 149 74
OPEN非L 0-  0-  1-  7/  8 0.0% 0.0% 12.5% 0 91
OPEN(L) 0-  0-  2-  1/  3 0.0% 0.0% 66.7% 0 183
G3 2-  3-  1- 32/ 38 5.3% 13.2% 15.8% 34 33
G2 0-  0-  1-  4/  5 0.0% 0.0% 20.0% 0 22
G1 2-  3-  1-  6/ 12 16.7% 41.7% 50.0% 47 75

まず過去10年のスプリングS(以下、同様)の前走クラス別成績(表1・中央のレースのみ)をみていこう。前走G1組の成績が全体的に良く、連対率41.7%、複勝率50.0%はなかなか優秀。ただし、回収率はやや低めだ。前走G2組は出走数が少ないこともあり、連対馬はいない。前走G3組は好走馬が6頭いるものの、好走率や回収率は目立たない。前走オープン特別組(L・非L)も連対馬はいなかった。前走1勝クラス組の出走数が最も多く、好走馬は13頭いた。また、前走1勝クラスは好走率も前走G3組より高く、単勝回収率は149%もある。スプリングSは前走1勝クラス組の取捨が、かなり重要なレースと言えるだろう。次からは前走クラス別に、気になるポイントをみていく。

■表2 前走G1組の前走着順別成績(過去10年)

前入線順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
前走1着 1- 1- 1- 2/ 5 20.0% 40.0% 60.0% 68 88
前走2着 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0% 57 57
前走3着 0- 0- 0- 0/ 0          
前走4着 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0 115
前走5着 0- 0- 0- 0/ 0          
前走6〜9着 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走10着〜 0- 0- 0- 0/ 0          

表2は前走G1組の前走着順別成績。前走1着と前走2着の間には、成績に大きな差はない。前走4着も連対率・複勝率は50.0%と、前走2着と変わらない。基本的には前走着順が良い方が安心はできそうだが、前走6着以下の出走例が少なすぎるため、何とも言えないところだ。ちなみに前走は朝日杯フューチュリティSか、ホープフルSのいずれかで、前者の方が出走例は多い。

■表3 前走G3組の前走着順別成績(過去10年)

前入線順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
前走1着 0- 2- 0- 4/ 6 0.0% 33.3% 33.3% 0 55
前走2着 1- 1- 0- 6/ 8 12.5% 25.0% 25.0% 88 41
前走3着 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 200 63
前走4着 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 73
前走5着 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走6〜9着 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走10着〜 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

表3は前走G3組の前走着順別成績。こちらは前走で3着以内に入っているのがベスト。ただし、前走1着の勝利はない。そして前走4着以下に敗れていると厳しく、巻き返すのは容易ではなさそうだ。

■表4 前走G3組の前走レース別成績(過去10年)

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
共同通信G3 1- 2- 0-15/18 5.6% 16.7% 16.7% 39 24
ラジオNIG3 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 600 190
きさらぎG3 0- 1- 1- 2/ 4 0.0% 25.0% 50.0% 0 165
京成杯G3 0- 0- 0-12/12 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
シンザンG3 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
新潟2歳G3 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
京都2歳G3 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

表4は前走G3組の前走レース別成績。前走京成杯組が【0.0.0.12】と不振である点が大きな特徴。2013年はフェイムゲーム、15年はベルーフが京成杯を勝ち、次走スプリングSに出走したがともに4着と敗れた。前走共同通信杯組は3頭好走しており、このうち12年2着ディープブリランテと15年2着のリアルスティールはクラシックでも連対を果たした。

■表5 前走1勝クラス組の前走着順別成績(過去10年)

前入線順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
前走1着 5- 3- 0-24/32 15.6% 25.0% 25.0% 190 62
前走2着 0- 0- 3- 4/ 7 0.0% 0.0% 42.9% 0 164
前走3着 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走4着 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7% 553 236
前走5着 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走6〜9着 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
前走10着〜 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

2020/3/22 中山11R スプリングステークス(G2) 1着 7番 ガロアクリーク

表5は前走1勝クラス組の前走順別成績。当然前走1着馬の出走が最も多く、なおかつ有力だが、前走2着以下に敗れていた馬を軽視してはいけない。前走2着は3着が3回あり、複勝回収率は164%。そして前走4着馬も2頭が連対しており、20年ガロアクリーク、21年アサマノイタズラと前走水仙賞で4着だった馬が、近2年で結果を出しているのだ。ちなみにガロアクリークは東京芝2000mの新馬戦を勝利していて、アサマノイタズラはデビュー2戦目、中山芝2000mの未勝利戦を勝利していた。ガロアクリークは重賞経験(ホープフルS11着)があり、アサマノイタズラはなかった。もしかすると芝2000mの勝利実績があるかどうか、というのが本競走におけるポイントかもしれない。

なお、前走オープン特別(L・非L)組の好走馬3頭は、いずれも前走1400〜1600mのレース(ジュニアC・クロッカスS)を勝っていた。前走新馬・未勝利組で好走したのは、21年に1番人気に支持されたボーデン(3着)だけ。基本的には厳しい傾向となっている。

【結論】

それでは今年のスプリングSを占っていく。出走予定馬は表6の通り。

■表6 今年のスプリングS出走予定馬

馬名 前走レース 前着 ※1
アサヒ 共同通信G3 5  
アライバル 京成杯G3 4  
アルナシーム つばき賞・1勝 2  
エンギダルマ 未勝利 1
オウケンボルト 水仙賞・1勝 2
グランドライン ホープフG1 9  
サトノヘリオス ホープフG1 13
サノラキ 未勝利 1  
ソリタリオ シンザンG3 2  
ディオ 未勝利 1  
トーセンヴァンノ すみれS(L) 6  
ドーブネ フューチG1 7  
ニシノスーベニア 1勝クラス 5  
ビーアストニッシド 共同通信G3 3  
リューベック 弥生賞G2 6

※1:芝2000mで勝利した実績

メンバー構成をみると、どうやらアサヒとアライバルが上位人気に支持されそうだ。アサヒは東スポ杯2歳S2着、アライバルは新潟2歳S2着の実績が評価されたということになるだろう。ただ、アサヒは前走共同通信杯で5着と馬券圏外だった。アライバルは前走京成杯で4着と敗れており、今回のデータでは買いづらいタイプとなった。

前走重賞組の中では前走シンザン記念2着のソリタリオ、前走共同通信杯3着のビーアストニッシドの方が上位評価となる。

2021/12/11 阪神9R エリカ賞 1着 8番 サトノヘリオス

それから注目の前走1勝クラス組は今年、前走1着の馬の出走がない。しかし、前走つばき賞2着のアルナシーム、前走水仙賞2着のオウケンボルトは侮れないとみるべきだろう。

そして、最後にサトノヘリオスという馬に注目してみたい。同馬は前走ホープフルSで13着と大敗したが、デビュー2戦目、中京芝2000mの未勝利戦を2歳コースレコードで勝利。続くエリカ賞(阪神芝2000m)も2歳コースレコードで制した。芝2000mでインパクトがある勝ち方をしているという意味で、本競走ではマークしてみたい。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)