第1601回 混戦必至のハンデ戦! 小倉大賞典を分析する |競馬情報ならJRA-VAN

競馬予想・競馬情報ならJRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1601回 混戦必至のハンデ戦! 小倉大賞典を分析する

2022/2/14(月)

今週は日曜日にG1・フェブラリーSが行われるが、その直前に行われる小倉大賞典にスポットを当てる。4歳以上・小倉芝1800mのハンデ戦で、予想は難しいが馬券的には楽しみなイメージがある一戦だ。いつものように過去のデータを分析し、同レース攻略のヒントを探っていく。なお、データの分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 過去10年の小倉大賞典の好走馬

日付 着順 馬名 人気 性別 年齢 騎手 斤量 所属 調教師
21年 1 テリトーリアル 11 7 石川裕紀人 56.5 (栗) 西浦勝一
2 ボッケリーニ 1 5 浜中俊 57 (栗) 池江泰寿
3 ディアンドル 12 5 団野大成 53 (栗) 奥村豊
20年 1 カデナ 4 6 鮫島克駿 57 (栗) 中竹和也
2 ドゥオーモ 10 7 勝浦正樹 52 (栗) 野中賢二
3 ジナンボー 2 5 シュタルケ 55 (美) 堀宣行
19年 1 スティッフェリオ 3 5 丸山元気 57 (栗) 音無秀孝
2 タニノフランケル 1 4 川田将雅 54 (栗) 角居勝彦
3 サイモンラムセス 14 9 小牧太 53 (栗) 梅田智之
18年 1 トリオンフ 1 4 川田将雅 54 (栗) 須貝尚介
2 クインズミラーグロ 15 6 丸田恭介 53 (美) 和田正道
3 スズカデヴィアス 4 7 吉田隼人 56.5 (栗) 橋田満
17年 1 マルターズアポジー 4 5 武士沢友治 56 (美) 堀井雅広
2 ヒストリカル 8 8 高倉稜 57 (栗) 音無秀孝
3 クラリティスカイ 5 5 田辺裕信 57.5 (美) 斎藤誠
16年 1 アルバートドック 2 4 川田将雅 55 (栗) 松田博資
2 ダコール 6 8 小牧太 58 (栗) 中竹和也
3 ネオリアリズム 5 5 岩田康誠 55 (美) 堀宣行
15年 1 カレンブラックヒル 3 6 秋山真一郎 58 (栗) 平田修
2 コスモソーンパーク 6 7 丹内祐次 56 (美) 池上昌弘
3 ダコール 11 7 藤岡佑介 57 (栗) 中竹和也
14年 1 ラストインパクト 1 4 川田将雅 55 (栗) 松田博資
2 カフナ 8 6 藤岡康太 57 (栗) 池江泰寿
3 ブレイズアトレイル 4 5 丸田恭介 55 (栗) 藤岡健一
13年 1 ヒットザターゲット 6 5 大野拓弥 57 (栗) 加藤敬二
2 ダコール 2 5 丸田恭介 55 (栗) 中竹和也
3 ダローネガ 5 4 北村友一 55 (栗) 佐々木晶三
12年 1 エーシンジーライン 5 7 川須栄彦 56 (栗) 坂口正則
2 スマートギア 10 7 松山弘平 56 (栗) 佐山優
3 コスモファントム 1 5 蛯名正義 57.5 (栗) 宮徹

2021/2/21 小倉11R 小倉大賞典(G3) 1着 3番 テリトーリアル

表1は過去10年の小倉大賞典の好走馬をまとめたもの。昨年は1番人気のボッケリーニが2着と好走したものの、11番人気のテリトーリアルが勝利し、3着には12番人気のディアンドルが残り、3連単は23万1750円という高配当となった。ここ4年は毎年、10番人気以下の馬が馬券に絡んでおり、特に3連複・3連単で大きな配当が生まれている。

そして、好走馬に目を向けると、ディープインパクト産駒のダコールが、2013年、15年、16年と3回も好走。勝利はできなかったが、15年は11番人気で3着に入り、高配当をもたらした。ディープインパクト産駒は過去10年で3勝2着4回3着2回と、合計9回3着以内に入っており、本競走との相性の良さがうかがえる。

年齢面では5歳馬が11頭と最も多く馬券に絡んでいる。7歳以上が10頭好走しており、ベテランの活躍も目立つ。性別は牡馬・セン馬が好走馬の大半を占める。牝馬の好走は18年2着クインズミラーグロと、前述のディアンドルの2頭だけ。ただし、ともに超人気薄での激走だっただけに、牝馬だからといって軽視はしづらい。

騎手では川田将雅騎手が4回好走している。そのうち3回は1番人気の馬に騎乗したときであり、人気馬での信頼度が高い。また、美浦の丸田恭介騎手も3回好走しており、もし騎乗する機会があるようなら要注目だ。また、中竹和也調教師の管理馬はダコールが3回、20年カデナが1回、計4回馬券に絡んでいる。

■表2 小倉大賞典の前走距離別成績(過去10年)

前走平地距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
同距離 0-  2-  0- 20/ 22 0.0% 9.1% 9.1% 0 67
今回延長 1-  1-  2- 32/ 36 2.8% 5.6% 11.1% 15 32
今回短縮 9-  7-  8- 73/ 97 9.3% 16.5% 24.7% 95 116
1400m 0-  0-  0-  3/  3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
1600m 1-  1-  2- 29/ 33 3.0% 6.1% 12.1% 17 35
1800m 0-  2-  0- 20/ 22 0.0% 9.1% 9.1% 0 67
2000m 7-  3-  5- 54/ 69 10.1% 14.5% 21.7% 119 116
2200m 0-  0-  1-  5/  6 0.0% 0.0% 16.7% 0 58
2400m 1-  3-  2-  8/ 14 7.1% 28.6% 42.9% 19 145
2500m 1-  1-  0-  2/  4 25.0% 50.0% 50.0% 195 205
2600m 0-  0-  0-  1/  1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
3000m 0-  0-  0-  3/  3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

表2は小倉大賞典の前走距離別成績で、非常に顕著な傾向が出ていることがわかった。今回距離延長・短縮の比較では、短縮の方が圧倒的に好走馬数は多く、好走率も高い。距離を個別で見ていくと、前走2000m組の成績が【7.3.5.54】で、単勝・複勝の回収率はともに100%を超えている。また、2400m組は【1.3.2.8】で連対率(28.6%)や複勝率(42.9%)が高い。2500m組は【1.1.0.2】と対象馬は少ないが、好走率・回収率ともに優秀だ。

一方、1600m組は【1.1.2.29】と平凡な成績。前走京都金杯組が【0.0.2.14】と不調なこともあり、本競走においては成績が芳しくない。

■表3 前走2000m組の前走クラス別成績

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
3勝 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0% 46 28
OPEN非L 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 41
OPEN(L) 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
G3 5- 3- 4-41/53 9.4% 15.1% 22.6% 141 140
G2 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 270 125
G1 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
重賞 6- 3- 4-43/56 10.7% 16.1% 23.2% 143 137

2020/2/23 小倉11R 小倉大賞典(G3) 1着 2番 カデナ

表3は前走2000m組の前走クラス別成績。前走2000m組の中ではG3やG2のレースを使っていた馬の成績が良かった。G1組は1頭しかいなかったので、基本的には前走重賞組が強いと言ってもいいだろう。特に前走中山金杯組が【4.1.2.21】と好成績。12年エーシンジーライン、13年ヒットザターゲット、20年カデナ、そして昨年のテリトーリアルと4頭の勝ち馬が出ている。

■表4 前走2000m・重賞組の斤量増減別成績

前走斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
今回増 2- 2- 0- 2/ 6 33.3% 66.7% 66.7% 190 130
今回1〜1.5kg増 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0% 135 105
今回2〜2.5kg増 1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0% 300 180
今回3kg以上増 0- 0- 0- 0/ 0          
今回減 0- 1- 2-14/17 0.0% 5.9% 17.6% 0 270
今回1〜1.5kg減 0- 1- 1-12/14 0.0% 7.1% 14.3% 0 186
今回2〜2.5kg減 0- 0- 0- 0/ 0          
今回3kg以上減 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0 990

表4は前走2000m・重賞組の斤量増減別成績。前走2000mの重賞組の中から、さらに有力馬を絞り込むために斤量別の成績をチェックした。すると、今回斤量増の馬が【2.2.0.2】で、単・複の回収率も100%以上という好成績だった。なお、好走した4頭はすべて前走芝2000mの重賞で5着以内、なおかつ小倉大賞典当日は3番人気以内に支持されていた。もし、この手のタイプが出走してくれば非常に有力とみたい。

一方、今回斤量減の馬は【0.1.2.14】と斤量増に比べると明らかに成績は悪い。しかし、好走した3頭は18年2着(15番人気)クインズミラーグロ、19年3着(14番人気)サイモンラムセス、21年3着ディアンドル(12番人気)とすべて超人気薄だったこともあり、複勝回収率は270%だった。ちなみに、この3頭は前走3、4コーナーを1、2番手で通過していた。前がかりの競馬をしていた馬は、惨敗していても巻き返す可能性を考えてみたい。

最後に表2へ戻り、前走2000m組以外にも少し触れておく。前走2400m組は【1.3.2.8】で好走馬は6頭いる。その内5頭がディープインパクト産駒だった。また、前走1800m組で好走した2頭も、ともにディープインパクト産駒だった。先ほども述べたが、同産駒は本競走と相性がいい。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)