第1166回 混戦ムード漂うマイルCSを分析する |競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1166回 混戦ムード漂うマイルCSを分析する

2017/11/16(木)

エリザベス女王杯に続いて、京都競馬場で今週はマイルCSが行われる。モーリスが引退してからはマイル路線において確固たるエース級の実績馬がおらず、今回も混戦ムードが漂っている。今回は2007年以降のマイルCS過去10年のデータから好走馬の特徴や馬券での狙いどころを探っていきたい。なお、データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した

■表1 マイルCSの人気別成績(過去10年)

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1番人気 2-  3-  2-  3/ 10 20.0% 50.0% 70.0% 61% 102%
2番人気 1-  2-  1-  6/ 10 10.0% 30.0% 40.0% 47% 80%
3番人気 1-  2-  0-  7/ 10 10.0% 30.0% 30.0% 59% 64%
4番人気 3-  1-  1-  5/ 10 30.0% 40.0% 50.0% 268% 136%
5番人気 1-  0-  2-  7/ 10 10.0% 10.0% 30.0% 98% 93%
6番人気 0-  0-  1-  9/ 10 0.0% 0.0% 10.0% 0% 38%
7番人気 0-  0-  1-  9/ 10 0.0% 0.0% 10.0% 0% 44%
8番人気 1-  0-  0-  9/ 10 10.0% 10.0% 10.0% 181% 39%
9番人気 0-  0-  1-  9/ 10 0.0% 0.0% 10.0% 0% 60%
10番人気以下 1-  2-  1- 85/ 89 1.1% 3.4% 4.5% 58% 36%

まず表1は人気別成績。1番人気馬は09年カンパニーら2勝で、連対率50%・複勝率70%と高い。連対率・複勝率はまずまず高いものの、近7年は勝ち切れていない。2番人気馬は13年トーセンラー、3番人気馬は昨年のミッキーアイルがそれぞれ1勝ずつ。4番人気馬が一昨年のモーリスら最多の3勝をあげている。以下、5・8・13番人気馬が各1勝。13番人気馬の勝利は10年エーシンフォワード。2・3着馬も下位人気まで幅広く分布している。

配当面では馬連での万馬券が10・11年の2回。近2年は比較的堅めの決着となっているが、3連単で10万円以上となったのは4回。人気薄の伏兵が激走するケースも多く、混戦ムードが漂う今年も波乱となるかもしれない。

■表2 マイルCSの所属別成績(過去10年)

所属 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
美浦 2-  3-  2- 51/ 58 3.4% 8.6% 12.1% 16% 46%
栗東 8-  7-  6- 93/114 7.0% 13.2% 18.4% 100% 57%
外国 0-  0-  2-  5/  7 0.0% 0.0% 28.6% 0% 80%

表2は出走馬の所属別成績。出走馬が多い栗東所属の関西馬が昨年のミッキーアイルら8勝をあげ、連対率13.2%・複勝率18.4%。毎年1頭は関西馬が馬券に絡んでいる。対する美浦所属の関東馬は一昨年のモーリスら2勝で、連対率8.6%・複勝率12.1%と関西馬を下回っている。勝利数、連対率・複勝率を見ても、関西馬がやや優勢といえそうだ。

なお、外国馬の3着2回は09年・11年のサプレザによるもので、今年は海外馬の出走はなかった。

■表3 マイルCSの年齢別成績(過去10年)

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
3歳 0-  0-  1- 30/ 31 0.0% 0.0% 3.2% 0% 12%
4歳 3-  5-  3- 25/ 36 8.3% 22.2% 30.6% 72% 86%
5歳 4-  4-  5- 44/ 57 7.0% 14.0% 22.8% 129% 91%
6歳 2-  1-  1- 31/ 35 5.7% 8.6% 11.4% 62% 28%
7歳以上 1-  0-  0- 19/ 20 5.0% 5.0% 5.0% 11% 6%

表3は年齢別成績。勝率・連対率・複勝率いずれもトップなのが4歳馬。一昨年のモーリスら3勝をあげ、複勝率30.6%と優秀だ。出走数が最も多い5歳馬は昨年のミッキーアイルら最多の4勝をあげ、連対率・複勝率も4歳馬に次いで高い。昨年は上位3着までを独占している。また、6歳馬は14年ダノンシャークら2勝も、連対率・複勝率では4・5歳馬に離されている。

なお、3歳馬は3着1回のみで不振傾向。ただし、今秋の古馬混合重賞では先週のエリザベス女王杯のように3歳馬が好走するケースも目立っている。3歳馬不振というデータだけで軽視するのは危険かもしれない。7歳以上の高齢馬は09年カンパニー(8歳)の1勝のみと苦戦する傾向にあるようだ。

■表4 マイルCSの前走レース別成績(過去10年)

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
天皇賞・秋 3- 0- 1-14/18 16.7% 16.7% 22.2% 92% 43%
富士S 2- 3- 1-43/49 4.1% 10.2% 12.2% 56% 38%
スワンS 1- 5- 1-35/42 2.4% 14.3% 16.7% 124% 63%
スプリンターズS 1- 1- 1- 6/ 9 11.1% 22.2% 33.3% 65% 155%
京都大賞典 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 235% 90%
安田記念 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0% 114% 42%
府中牝馬S 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 353% 90%
毎日王冠 0- 1- 1-13/15 0.0% 6.7% 13.3% 0% 48%
その他のレース 0- 0- 5-31/36 0.0% 0.0% 13.9% 0% 47%

表4は前走レース別成績。天皇賞・秋組が12年サダムパテックら最多の3勝をあげている。この組の3着以内馬4頭はいずれも過去にG1で連対した経験があった。

前哨戦の富士S組は14年ダノンシャークら2勝も、連対率・複勝率は高くない。出走馬が同じく多いスワンS組は10年エーシンフォワードの1勝のみで、2着が5回と多い。スプリンターズS組は昨年のミッキーアイルが勝利。少数ながら、複勝率33.3%と優秀だ。

その他では京都大賞典組・安田記念組・府中牝馬S組から1勝ずつ。特定のレースだけでなく、多くのレースから好走馬が出ていることがわかる。今年は雨の影響で天皇賞・富士S・スワンSの上位3レースがすべて道悪の中で行われており、前走の内容と今回は分けて考えた方が良いのではないだろうか。

■表5 マイルCSの前走上がり順位別成績(過去10年)

前走上がり順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
3F 1位 3-  4-  1- 11/ 19 15.8% 36.8% 42.1% 119% 97%
3F 2位 0-  1-  0-  6/  7 0.0% 14.3% 14.3% 0% 22%
3F 3位 0-  2-  1- 13/ 16 0.0% 12.5% 18.8% 0% 46%
3F〜5位 0-  1-  3- 22/ 26 0.0% 3.8% 15.4% 0% 29%
3F6位以下 7-  2-  3- 92/104 6.7% 8.7% 11.5% 97% 55%

表5は前走上がり順位別成績。黄色で強調したように前走で上がり最速だった馬が11年エイシンアポロンら3勝をあげ、連対率36.8%・複勝率42.1%と優秀だ。特に前走上がり最速で1着だった馬は【3.2.1.2】で連対率62.5%・複勝率75.0%と非常に高い。また、前走上がり最速で馬券になった8頭はいずれも前走で3着以内に入っていた。

■表6 マイルCSの種牡馬別成績(過去10年)

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
ディープインパクト 3- 2- 2-25/32 9.4% 15.6% 21.9% 89% 50%
フジキセキ 1- 1- 2- 6/10 10.0% 20.0% 40.0% 105% 128%
サンデーサイレンス 1- 0- 1- 4/ 6 16.7% 16.7% 33.3% 63% 76%
ミラクルアドマイヤ 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 76% 40%
Giant's Causeway 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 326% 103%
アドマイヤベガ 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 530% 135%
Forest Wildcat 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 2620% 535%
スクリーンヒーロー 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 570% 210%
ロドリゴデトリアーノ 0- 2- 0- 0/ 2 0.0% 100.0% 100.0% 0% 180%
ダンスインザダーク 0- 1- 0-10/11 0.0% 9.1% 9.1% 0% 14%
ダイワメジャー 0- 1- 0- 7/ 8 0.0% 12.5% 12.5% 0% 26%
キングカメハメハ 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1% 0% 97%
サクラバクシンオー 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3% 0% 25%
ムタファーウエク 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0% 345%
Sahm 0- 0- 2- 1/ 3 0.0% 0.0% 66.7% 0% 186%
ネオユニヴァース 0- 0- 2- 0/ 2 0.0% 0.0% 100.0% 0% 410%
アグネスタキオン 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5% 0% 75%
その他の種牡馬 0- 0- 0-68/68 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

表6は種牡馬別成績。出走数最多のディープインパクト産駒が昨年のミッキーアイルら最多の3勝をあげている。12年以降5年連続で3着以内に入っているものの、連対率・複勝率はそれほど高くない。同産駒の3着以内馬7頭中6頭は前走で3着以内に入っていた。

フジキセキ産駒は12年サダムパテックが勝利。一昨年・昨年はイスラボニータが続けて好走している。08年にも10番人気ファイングレインが3着と好走しており、相性が良い

前走レース同様に種牡馬も多岐にわたっている。キングカメハメハ産駒は【0.1.0.8】で2着1回のみだが、10番人気以下が多くて2着も11年に11番人気で激走したフィフスペトルと相性が悪いとはいえない。

■表7 マイルCSで複数回好走した馬(過去10年)

馬名 該当馬の好走歴
ダノンシャーク 13年3着、14年1着
フィエロ 14年2着、15年2着
スーパーホーネット 07年2着、08年2着
イスラボニータ 15年3着、16年2着
サプレザ 09年3着、11年3着

最後に表7は過去10年で複数回好走した馬の一覧。これら5頭のうち、勝利したのは14年ダノンシャークのみだが、2年連続で好走しているリピーターが多いことがわかる。サプレザのみ1年あけての好走だが、海外馬が複数回好走できるということはそれだけリピーターが好走しやすい条件だといえるのではないか。

<結論>

■表8 今年のマイルCSの出走予定馬(11/15現在)

馬名 性齢 所属 種牡馬 前走成績
サトノアラジン 牡6 栗東 ディープインパクト 天皇賞・秋 18着
イスラボニータ 牡6 美浦 フジキセキ 富士S 2着
ペルシアンナイト 牡3 栗東 ハービンジャー 富士S 5着
レッドファルクス 牡6 美浦 スウェプトオーヴァーボード スプリンターズS 1着
エアスピネル 牡4 栗東 キングカメハメハ 富士S 1着
サングレーザー 牡3 栗東 ディープインパクト スワンS 1着
レーヌミノル 牝3 栗東 ダイワメジャー 秋華賞 14着
ウインガニオン 牡5 栗東 ステイゴールド 関屋記念 2着
マルターズアポジー 牡5 美浦 ゴスホークケン 京成杯AH 4着
グランシルク 牡5 美浦 ステイゴールド 富士S 9着
アメリカズカップ 牡3 栗東 マンハッタンカフェ カシオペアS 1着
ダノンメジャー 牡5 栗東 ダイワメジャー スワンS 5着
ブラックムーン 牡5 栗東 アドマイヤムーン 富士S 8着
ジョーストリクトリ 牡3 栗東 ジョーカプチーノ 富士S 14着
ヤングマンパワー 牡5 美浦 スニッツェル 毎日王冠 5着
ガリバルディ 牡6 栗東 ディープインパクト 富士S 7着
ムーンクレスト 牡5 栗東 アドマイヤムーン スワンS 8着
クルーガー 牡5 栗東 キングカメハメハ 富士S 3着
グァンチャーレ 牡5 栗東 スクリーンヒーロー カシオペアS 2着
※フルゲート18頭。回避予定馬は除く。グァンチャーレは除外対象。

2017/10/28 京都11R 毎日放送賞スワンS(G2) 1着 3番 サングレーザー

 

今年の出走予定馬は表8のとおり。

混戦ムードで読みづらい面はあるが、スプリンターズSを勝利したレッドファルクス、富士Sで1・2着だったエアスピネル・イスラボニータの3頭が人気を集めそうだ。

レッドファルクスは春の安田記念でも僅差3着に入っており、マイルでも問題ないところを証明した。初めての京都コースがカギだが、右回りも問題なく上位争いになりそうだ。 富士Sではエアスピネルよりもイスラボニータを上に取りたい。前走の富士Sは不良馬場による部分が大きく、エアスピネルに向いた部分がある。イスラボニータはいかにも前哨戦で今回に向けた叩き台の2着。リピーターの好走傾向からしてもイスラボニータの安定感は今年も注目だ。

2017/4/23 京都11R 読売マイラーズカップ(G2) 1着 11番 イスラボニータ

 

その他の馬ではデータから前走スワンSを勝利したサングレーザーを推奨したい。4連勝で重賞初制覇も不振傾向の3歳馬、1600mへの距離延長で今回も中位人気あたりに落ち着くのではないか。ただし、表6で示したように前走上がり最速、それも1着だった馬は【3.2.1.2】と好走確率が非常に高い。今年は3歳馬不振のデータを覆すと期待してサングレーザーを中心に据えて馬券を組み立てていきたい。

ライタープロフィール

ケンタロウ(けんたろう)

1978年6月、鹿児島県生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。初めて買った馬券が大当たりし、それから競馬にのめり込むように。データでは、開催日の馬場やコース適性に注目している。好きなタイプは逃げか追い込み。馬券は1着にこだわった単勝、馬単派。料理研究家ではない。


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)