第1165回 注目のロードカナロア、オルフェーヴル両産駒の傾向を探る |競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1165回 注目のロードカナロア、オルフェーヴル両産駒の傾向を探る

2017/11/13(月)

12月の阪神JF、朝日杯FS、そしてG1に昇格したホープフルSに向けて、2歳戦が数多く組まれている。今年から産駒がデビューする新種牡馬の中でも、特に期待が大きいのがロードカナロア産駒とオルフェーヴル産駒。ともに現役時代に国内外を問わず、大活躍した両馬の仔に注目が集めるのも当然といえるだろう。今回のデータde出〜たでは、その両産駒のこれまでの2歳戦の傾向を探っていきたい。なお、データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した

■表1 ロードカナロア産駒とオルフェーヴル産駒の2歳戦成績(11/5終了時点)

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
ロードカナロア 23-15-17-57/114 20.2% 33.3% 48.2% 74% 88%
オルフェーヴル 7-11- 7-63/88 8.0% 20.5% 28.4% 36% 52%

表1はロードカナロア産駒とオルフェーヴル産駒の2歳戦成績一覧。まずロードカナロア産駒は32勝のディープインパクト産駒に次ぐ23勝と勝利数で2位に入っている。また、ロードカナロア産駒は勝率・連対率・複勝率いずれも非常に高い。早期から完成度が高い産駒が多いということだろう。ロードカナロア自身が現役時代すべて3着以内で崩れなかったように、平均点の高い優等生タイプの産駒が多い特徴があるようだ。

対して、オルフェーヴル産駒は2歳戦勝利数ランキングで15位タイの7勝。ただし、重賞勝利数は2勝で、キンシャサノキセキ産駒と並んで最多となっている。ロックディスタウン(札幌2歳S)、ラッキーライラック(アルテミスS)と、ともに牝馬が重賞を制している。オルフェーヴル自身も京王杯2歳Sで10着大敗を喫するなど本格化するまでにやや時間が掛かっており、産駒も今後の成長力に期待する部分が大きいだろう。

では、それぞれの産駒の特徴を掘り下げて見ていくことにしよう。

■表2 ロードカナロア産駒の距離別成績(11/5終了時点)

前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
1000m 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
1150m 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0% 120%
1200m 5- 1- 6-19/31 16.1% 19.4% 38.7% 39% 84%
1400m 8- 6- 4-18/36 22.2% 38.9% 50.0% 81% 98%
1500m 1- 2- 1- 3/ 7 14.3% 42.9% 57.1% 28% 71%
1600m 8- 3- 3-12/26 30.8% 42.3% 53.8% 152% 96%
1800m 1- 2- 1- 3/ 7 14.3% 42.9% 57.1% 18% 84%
2000m 0- 1- 1- 1/ 3 0.0% 33.3% 66.7% 0% 80%

表2はロードカナロア産駒の距離別成績。1400m戦・1600m戦で最多タイの8勝をあげており、1200m戦では5勝にとどまっている。ロードカナロアが安田記念を制しているように1200m専門というわけではなく、産駒は距離の融通性を持っているようだ。1200mよりもむしろ1600mを中心にその前後の距離で好成績を示していると見た方が良いのだろう。 1800m以上の距離にも十分に対応できており、3歳以降になっても期待できる部分は大きい。

■表3 ロードカナロア産駒のクラス別成績(11/5終了時点)

クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
新馬 9-  8- 11- 32/ 60 15.0% 28.3% 46.7% 46% 66%
未勝利 10-  5-  5- 22/ 42 23.8% 35.7% 47.6% 118% 126%
500万下 2-  1-  1-  0/  4 50.0% 75.0% 100.0% 100% 115%
オープン特別 2-  0-  0-  1/  3 66.7% 66.7% 66.7% 93% 73%
G3 0-  1-  0-  4/  5 0.0% 20.0% 20.0% 0% 24%

2017/8/12 札幌10R コスモス賞 1着 6番 ステルヴィオ

 

表3はロードカナロア産駒のクラス別成績。出走数が最も多い新馬戦よりも未勝利戦の勝利数が多く、勝率・連対率・複勝率いずれも上回っている点に注目。新馬戦で結果が出なくても元々の能力が高いタイプが多いため、未勝利戦での期待値が高くなっている。

また、500万下・オープン特別でも2勝ずつで非常に安定した好成績を残している。重賞は5頭挑戦してサウジアラビアRCにおけるステルヴィオの2着が最高成績だが、制覇するのも時間の問題だろう。ステルヴィオも新馬・コスモス賞と連勝、前走では後方から上がり最速の33秒5の脚で2着に突っ込んでおり、暮れの2歳G1でも楽しみな一頭だ。

■表4 ロードカナロア産駒の母父別成績(11/5終了時点)

母父馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
クロフネ 4- 1- 4- 1/10 40.0% 50.0% 90.0% 97% 124%
サンデーサイレンス 2- 5- 1- 6/14 14.3% 50.0% 57.1% 19% 75%
ファルブラヴ 2- 1- 0- 1/ 4 50.0% 75.0% 75.0% 125% 95%
Hard Spun 2- 1- 0- 0/ 3 66.7% 100.0% 100.0% 123% 110%
フレンチデピュティ 2- 0- 1- 0/ 3 66.7% 66.7% 100.0% 203% 126%
ダイワメジャー 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7% 126% 100%
ゼンノロブロイ 1- 1- 0- 4/ 6 16.7% 33.3% 33.3% 33% 183%
フジキセキ 1- 0- 3- 7/11 9.1% 9.1% 36.4% 16% 71%
アグネスタキオン 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0% 55% 62%
ダンスインザダーク 1- 0- 1- 1/ 3 33.3% 33.3% 66.7% 46% 76%
Giant's Causeway 1- 0- 1- 1/ 3 33.3% 33.3% 66.7% 806% 300%
※1勝以上で3着以内数2回以上を対象。

表4はロードカナロア産駒の母父別成績。母父クロフネがサフラン賞を勝利したレッドレグナントら最多の4勝をあげており、複勝率90%と非常に高い。これら表に黄色で強調したのは母父ノーザンダンサー系の種牡馬。軒並み好成績を示しており、単勝回収率・複勝回収率ともに優秀だ。ロードカナロア産駒は母父ノーザンダンサー系と非常に好相性というのは頭に入れておきたい。

また、母父がサンデーサイレンスならびにその後継種牡馬の場合は勝ち切れないケースも多々あるようだ。

■表5 オルフェーヴル産駒の距離別成績(11/5終了時点)

距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1150m 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
1200m 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
1400m 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0% 30%
1500m 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0% 55%
1600m 3- 3- 0-19/25 12.0% 24.0% 24.0% 51% 62%
1700m 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
1800m 4- 5- 3-21/33 12.1% 27.3% 36.4% 59% 71%
2000m 0- 3- 2-11/16 0.0% 18.8% 31.3% 0% 25%

続いて表5はオルフェーヴル産駒の距離別成績。1800m戦で札幌2歳Sのロックディスタウンら最多の4勝をあげており、勝率・連対率ともにトップ。2000m戦では勝ち星こそないものの、複勝率では30%を超えている。オルフェーヴル自体が三冠を制したように、産駒もマイルよりも中距離指向のタイプが多いようだ。

一方で1400m以下では連対馬が出ておらず、短距離は苦手としているのだろう。

■表6 オルフェーヴル産駒の馬体重別成績(11/5終了時点)

馬体重 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
〜399kg 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
400〜419kg 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
420〜439kg 1- 3- 0- 9/13 7.7% 30.8% 30.8% 84% 100%
440〜459kg 1- 1- 3-17/22 4.5% 9.1% 22.7% 16% 43%
460〜479kg 0- 6- 1-15/22 0.0% 27.3% 31.8% 0% 47%
480〜499kg 4- 1- 2- 6/13 30.8% 38.5% 53.8% 104% 83%
500〜519kg 0- 0- 0- 0/ 0 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
520〜539kg 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0% 102% 65%
540〜 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

2017/10/28 東京11R アルテミスステークス(G3) 1着 13番 ラッキーライラック

 

最後にオルフェーヴル産駒の馬体重別成績。同産駒の7勝のうち、480キロ以上の馬が過半数の5勝を占めており、複勝率も非常に高い。480〜499キロの4勝はロックディスタウンとラッキーライラックが2勝ずつ。ラッキーライラックのアルテミスSは先行して上がり最速で抜け出す快勝だった。牝馬でも馬格があるパワータイプの方が活躍する傾向が出ている。逆に480キロ未満の馬はやや勝ち味に遅い面が現状ではあるようだ。

オルフェーヴル産駒はロードカナロア産駒に比べて安定感でこそ劣るものの、3歳戦で急激に成長するタイプや牡馬の大物があらわれる可能性を大いに秘めている。

ライタープロフィール

ケンタロウ(けんたろう)

1978年6月、鹿児島県生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。初めて買った馬券が大当たりし、それから競馬にのめり込むように。データでは、開催日の馬場やコース適性に注目している。好きなタイプは逃げか追い込み。馬券は1着にこだわった単勝、馬単派。料理研究家ではない。


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)