第1144回 サマー2000シリーズの行方は!? 新潟記念を占う!|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1144回 サマー2000シリーズの行方は!? 新潟記念を占う!

2017/8/31(木)

今週は日曜日に新潟記念が行われる。今年のサマー2000シリーズは現在、札幌記念を制したサクラアンプルールがポイントで首位だが、このレースの成績次第で逆転優勝の可能性がある馬が何頭かいる。その点も含めて同レースの行方をいつものように過去10年の結果を振り返り、分析してみたい。データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 新潟記念の好走馬(過去10年)

着順   人気 ハンデ 主な実績
16年 1 アデイインザライフ 2 55  
2 アルバートドック 1 58 七夕賞1着
3 ロンギングダンサー 9 53 新潟競馬場開設50周年記念1着
15年 1 パッションダンス 6 56 13年新潟大賞典1着
2 マイネルミラノ 9 56  
3 ファントムライト 13 54 レインボーS2着ほか
14年 1 マーティンボロ 1 56 中日新聞杯1着
2 クランモンタナ 5 54  
3 ラストインパクト 3 57  
13年 1 コスモネモシン 10 52 ※11年福島牝馬S2着
2 エクスペディション 8 57  
3 ファタモルガーナ 7 55  
12年 1 トランスワープ 7 56 函館記念1着
2 タッチミーノット 9 56  
3 アスカクリチャン 8 57 七夕賞1着
11年 1 ナリタクリスタル 5 57.5 中京記念1着
2 サンライズベガ 9 56 新潟大賞典3着
3 セイクリッドバレー 3 57 新潟大賞典1着
10年 1 ナリタクリスタル 5 55  
2 トウショウシロッコ 10 56 08年新潟記念3着
3 サンライズベガ 4 55 七夕賞3着
09年 1 ホッコーパドゥシャ 5 56.5 小倉記念2着ほか
2 サンライズベガ 6 54 日本海S1着
3 メイショウレガーロ 12 55 函館記念3着
08年 1 アルコセニョーラ 16 52 福島記念1着
2 マイネルキッツ 2 55 七夕賞3着
3 トウショウシロッコ 14 55 07年天の川S2着
07年 1 ユメノシルシ 2 56 七夕賞3着
2 トウショウヴォイス 10 52 新潟日報賞1着
3 ヤマニンアラバスタ 7 54 05年新潟記念1着
※新潟芝1800mで施行

まずは過去10年の新潟記念好走馬を見ていく(表1参照)。優勝馬のうち07年ユメノシルシ、09年ホッコーパドゥシャ、10年ナリタクリスタル、12年トランスワープ、14年マーティンボロと実に5頭もの馬が、ここを制してサマー2000シリーズのチャンピオンに輝いている。これは同シリーズを構成するレースの中では最多の優勝馬を輩出していることになる。まだ敗れた馬の中でもシリーズのチャンピオンとなっている馬も複数いる。個別のレースポイントではG2の札幌記念の方が上だが、この新潟記念の方がシリーズ全体の行方に大きくかかわる重要なレースになっている。

では、過去10年で好走しているのはどんな馬なのか。やはり同年のサマー2000シリーズの実績は無視できない。昨年同シリーズの王者となったアルバートドックは、新潟記念こそ2着だったが七夕賞を制していた。12年トランスワープは前走函館記念を1着、同年3着のアスカクリチャンも同年の七夕賞を制していた。サマー2000シリーズに限らず、過去1年以内に芝2000mの重賞を勝っている馬が活躍している傾向。マーティンボロは中日新聞杯、08年のアルコセニョーラは16番人気と超伏兵だったが、前年の福島記念を制していた。

すでに重賞を勝っているのでハンデをかなり背負わされるケースもあるのだが、それでも対応して好走している。実際にはハンデは気になるところだが、取捨を決定づける材料にはなりにくい印象だ。あまり気にする必要はないだろう。

同年のサマー2000シリーズ好走馬は、勝ち馬に限らず注目。10年3着サンライズベガや09年優勝のホッコーパドゥシャなど、善戦馬が馬券になっている。ただし、近年は同タイプの好走馬が出現していない点がやや気になる。10年以降はこの点のタイプの好走馬が出ていない。

むしろ過去に新潟の芝重賞(特に古馬の中距離戦)で好走実績がある馬の好走が目立つ。15年パッションダンスや、13年に10番人気で制したコスモネモシンが該当する。コース実績がある点は強みで、リピーターが台頭しやすいレースであると言える。

新潟芝コースの実績馬は重賞以外も侮れない。1600万クラスで好走実績がある馬にも注目したい。昨年3着のロンギングダンサーや15年に13番人気で3着のファントムライトが該当。08年3着のトウショウシロッコも14番人気の伏兵だった。格下実績馬なので勝ち切るのは難しいようだが、二けた人気での好走もかなりあり、穴馬としてふさわしい存在だと言える。

以上のような実績があった馬を数えると、好走馬30頭中22頭が該当した。つまり好走馬のうち約70%がサマー2000シリーズでの好走や、新潟コースでの実績があった馬となる。そうした馬たちから中心馬を探すことが、このレース的中の近道と言えるだろう。

■表2 新潟記念出走馬の年齢別成績(過去10年)

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 0-  0-  0-  5/  5 0.0% 0.0% 0.0%
4歳 2-  1-  1- 17/ 21 9.5% 14.3% 19.0%
5歳 4-  5-  5- 43/ 57 7.0% 15.8% 24.6%
6歳 1-  2-  3- 41/ 47 2.1% 6.4% 12.8%
7歳 3-  2-  1- 19/ 25 12.0% 20.0% 24.0%
8歳 0-  0-  0- 11/ 11 0.0% 0.0% 0.0%

表2は過去10年の新潟記念出走馬の年齢別成績。3歳馬の好走はなく、古馬が中心。7歳馬の頑張りが目立つが、8歳以上での好走はない。複勝率では7歳馬よりも5歳馬が若干高くなっている。

■表3 新潟記念出走馬の前走レース別成績(過去10年)

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
小倉記念HG3 5- 2- 3-32/42 11.9% 16.7% 23.8%
七夕賞HG3 2- 4- 1-18/25 8.0% 24.0% 28.0%
函館記念HG3 1- 1- 2-12/16 6.3% 12.5% 25.0%
クイーンG3 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
常総SH1600 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
日本海H1600 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%
新潟日H1600 0- 1- 0- 2/ 3 0.0% 33.3% 33.3%
マレーシ1600 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
関屋記念G3 0- 0- 2-18/20 0.0% 0.0% 10.0%
新潟大賞HG3 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0%
モンゴルH 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
福島テレ 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
宝塚記念G1 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

最後に出走馬の前走レース別成績(表3参照)。好ステップはサマー2000シリーズ。小倉記念や七夕賞、函館記念からのステップが多くなっている。シリーズの勝敗をかけた戦いとなることが多いのは、出走馬の数にもよくあらわれている。同じ夏場の重賞でも関屋記念組は【0.0.2.18】で勝利がない。2000m路線を歩んできている馬の方が好走しやすく、1600万クラスからでもチャンスはある。

【結論】

それでは今年の新潟記念を占ってみよう。出走予定馬は表4の通り。

■表4 今年の新潟記念出走予定馬

馬名 ハンデ 年齢 主な実績
アストラエンブレム 56.5 4  
ウインガナドル 52 3  
カフジプリンス 55 4  
シャドウウィザード 51 7 15年新潟競馬場開設50周年記念2着
スピリッツミノル 55 5  
ソールインパクト 53 5 七夕賞3着
タツゴウゲキ 55 5 小倉記念1着
トーセンバジル 56 5  
トルークマクト 53 7  
ハッピーモーメント 54 7 16年日本海S2着
フルーキー 57 7 16年新潟大賞典2着
マイネルスフェーン 52 3  
マイネルフロスト 57 6 七夕賞2着
ラストインパクト 57.5 7 14年新潟記念3着
ルミナスウォリアー 57 6 函館記念1着
ロイカバード 55 4 佐渡S2着
ロッカフラベイビー 52 5 佐渡S1着

2017/8/6 小倉11R 小倉記念(G3) 1着 2番 タツゴウゲキ

まず今年の小倉記念を制したタツゴウゲキ、函館記念を制したルミナスウォリアーに注目。ここも勝利すれば文句なしに、今年のサマー2000シリーズ王者となる。ともに前走は上位人気ではない立場での勝利だったが、全く気にする必要はないだろう。トランスワープのようにここでさらに人気を落としながらも勝利したケースがあり、決して侮ることはできない。

あとは七夕賞2着のマイネルフロスト、同3着のソールインパクトが有力馬。特にマイネルフロストには、勝てばシリーズ優勝の可能性が残されている。

過去に新潟芝中距離重賞で好走実績があるという意味では、フルーキーやラストインパクトも注目馬になる。7歳馬である点はむしろ好材料なのだが、前走レースは感触が悪い。サマー2000シリーズのレースでないことが減点材料だ。

2017/7/16 函館11R 函館記念(G3) 1着 12番 ルミナスウォリアー

あとは、1600万クラスの新潟芝中距離で好走実績がある馬に注目。シャドウウィザート、ハッピーモーメント、ロイカバード、ロッカフラベイビーが該当する。傾向としては2〜3着候補になるが、人気が全くなくても警戒する必要があるだろう。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN