第1143回 明日のG1馬はいるか!? 札幌2歳Sの傾向とは|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1143回 明日のG1馬はいるか!? 札幌2歳Sの傾向とは

2017/8/28(月)

今週は土曜日に札幌2歳Sが行われる。年末のG1に向けて重要な一戦だが、その後のクラシックなどにもつながる注目の一戦だ。いつものように過去10年の同レースを分析し、傾向を探ってみたい。データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 過去10年の札幌2歳S好走馬

着順 馬名 人気 間隔 前開催 前走レース名 前距離
16年 1 トラスト 5 2 2札2 クローバ 1500
2 ブラックオニキス 10 2 2札2 クローバ 1500
3 アドマイヤウイナー 7 6 2函6 新馬 1800
15年 1 アドマイヤエイカン 2 7 2函4 新馬 1800
2 プロフェット 1 5 1札2 新馬 1800
3 クロコスミア 8 3 1札5 コスモス 1800
14年 1 ブライトエンブレム 5 10 3東7 新馬 1600
2 マイネルシュバリエ 11 6 2福8 新馬 1800
3 レッツゴードンキ 7 2 2札2 新馬 1800
※13年 1 レッドリヴェール 2 13 3阪1 新馬 1600
2 マイネグレヴィル 4 3 3函5 コスモス 1800
3 ハイアーレート 6 6 2福8 新馬 1800
12年 1 コディーノ 3 3 1札8 新馬 1800
2 ラウンドワールド 1 3 1札7 コスモス 1800
3 エデンロック 9 6 1札2 新馬 1800
11年 1 グランデッツァ 1 2 2札3 未勝利* 1800
2 ゴールドシップ 2 3 2札1 コスモス 1800
3 マイネルロブスト 5 5 1札6 クローバ 1500
10年 1 オールアズワン 3 5 1札5 未勝利* 1800
2 アヴェンチュラ 2 15 3阪2 新馬 1600
3 アドマイヤセプター 1 6 1札3 新馬・牝 1500
09年 1 サンディエゴシチー 3 2 2札7 クローバ 1500
2 モズ 4 4 2札4 新馬 1800
3 アーバンウィナー 6 7 2新1 新馬 1800
08年 1 ロジユニヴァース 1 13 3阪6 新馬 1800
2 イグゼキュティヴ 5 3 2札1 コスモス 1800
3 モエレエキスパート 3 5 1札6 クローバ 1500
07年 1 オリエンタルロック 6 4 1札7 未勝利* 1800
2 サブジェクト 1 7 1札2 新馬 1800
3 ホウザン 13 3 2札1 コスモス 1800
※13年は函館開催。

2008/10/4 札幌11R 札幌2歳ステークス(Jpn3) 1着 4番 ロジユニヴァース

表1は過去10年の札幌2歳Sの好走馬。函館開催で行われた13年の分も含めている。08年優勝のロジユニヴァース(日本ダービー)、10年2着のアヴェンチュラ(秋華賞)、11年2着のゴールドシップ(皐月賞・菊花賞)など、後にG1を勝つことになる馬が多数いる。一般的には年末のG1へ向けての前哨戦という位置づけだが、翌年のクラシックにつながる一戦となっている。そこにはやはり距離が影響しているのだろう。1800mという中距離で行われていることが大きい。同時に洋芝という特殊な条件下にあるのだが、中央のレースにも対応はできている。ただ、東京などの広いコースで瞬発力を生かすというよりも、スピードの持続力で勝負するタイプが多いような気がする。

2016/9/3 札幌11R 札幌2歳ステークス(G3) 1着 5番 トラスト

好走馬の人気を見ると二けたでの激走は3例ある。フルゲートが14頭ということを考えると、決して少なくない印象だ。昨年2着のブラックオニキスと、07年3着のホウザンは前走札幌のオープン特別を使っていた。二けた人気ではなかったが、昨年優勝のトラストも前走クローバー賞を使い2着と好走。同レースの1、2着馬が入れ替わっただけであり、結果的には昨年はクローバー賞のレベルが高かったということになる。オープン特別のレベルを正しく判断できるかは、このレース攻略のカギになると言えるだろう。

前走とのレース間隔はやや極端な傾向。表では2と示している(厳密には中1週のローテーション)馬の好走が多い。また、10(中9週)週以上開いていた馬の好走もあり、総合的にはこのタイプが多くなっている。特に中9週以上の馬は、前走北海道以外を使っていた馬となる。以前は他場で勝ち上がってきた馬の好走はほとんどない傾向だったが、近年はそんなことはなくなってきた。ただ、長距離輸送を伴い、環境がガラリと変わるのでゆったりとしたローテーションが逆に必須になると言えるかもしれない。

そうした他場からきて結果を残した馬がロジユニヴァースやアヴェンチュラ、レッドリヴェールなどである。今後、このようなタイプの馬が出てきたら後々のG1でも注目してみたいところだ。

■表2 札幌2歳S出走馬の前走距離別成績(過去10年)

前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1200m 0-  0-  0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
1500m 2-  1-  3- 19/ 25 8.0% 12.0% 24.0%
1600m 2-  1-  0-  6/  9 22.2% 33.3% 33.3%
1700m 0-  0-  0-  9/  9 0.0% 0.0% 0.0%
1800m 6-  8-  7- 64/ 85 7.1% 16.5% 24.7%

前走距離はそれほど大きな特徴はない。古馬のレースに比べてまだ距離のバリエーションが少ないということもある。札幌2歳S出走馬の前走距離別成績は表2にまとめた。1200m組の好走はない。1500m組はクローバー賞。1600m組は主に前走中央場所であり、総合的にはこの組の好走率が高くなっている。1700m組の好走はなし。1800m組は好走馬の数として最多だ。

■表3 札幌2歳S出走馬の前走レース別成績(過去10年)

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
新馬 5- 5- 5-60/75 6.7% 13.3% 20.0%
未勝利* 3- 0- 0-16/19 15.8% 15.8% 15.8%
クローバ 2- 1- 2- 9/14 14.3% 21.4% 35.7%
コスモス 0- 4- 2-15/21 0.0% 19.0% 28.6%
新馬・牝 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0%
函館2歳G3 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
中京2歳 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

前走レース別成績にも触れておくと、新馬組と未勝利組の差はあまりない。実際に勝ち上がった際のレース内容を重視すべきだろう。クローバー賞組は2勝に対し、コスモス賞組は未勝利。距離的には完全に後者が前哨戦として重要に思えるが、実際には前者の方がつながっている。

■表4 札幌2歳Sの騎手別成績(過去10年)

騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
岩田康誠 2- 1- 1- 1/ 5 40.0% 60.0% 80.0%
横山典弘 2- 0- 0- 3/ 5 40.0% 40.0% 40.0%
柴田大知 1- 2- 0- 1/ 4 25.0% 75.0% 75.0%
安藤勝己 1- 2- 0- 1/ 4 25.0% 75.0% 75.0%
藤岡佑介 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0%
武豊 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
田辺裕信 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
秋山真一郎 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
池添謙一 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7%
津村明秀 0- 1- 0- 3/ 4 0.0% 25.0% 25.0%

■表5 札幌2歳Sの調教師別成績(過去10年)

調教師 着別度数 勝率 連対率 複勝率
(栗)須貝尚介 2- 1- 1- 1/ 5 40.0% 60.0% 80.0%
(美)小島茂之 1- 0- 1- 0/ 2 50.0% 50.0% 100.0%
(美)藤沢和雄 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3%
(栗)田所秀孝 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0%
[地]河津裕昭 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
(栗)平田修 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
(美)萩原清 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
(栗)作田誠二 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
(栗)領家政蔵 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%
(美)和田正道 0- 2- 0- 0/ 2 0.0% 100.0% 100.0%

最後にこのレースとの相性を考え、騎手別成績(表4参照)と調教師別成績(表5参照)をチェックしておく。騎手では岩田康誠騎手が2勝で、複勝率は80%。先日のエルムSもそうだったが、札幌重賞での岩田騎手の強さは目立つ。あとは柴田大知騎手にも注目。トラスト(5番人気)、マイネルシュバリエ(11番人気)、マイネグレヴィル(4番人気)と、伏兵馬をかなり持ってくる傾向だ。横山典弘騎手は2勝で、いずれも藤沢和雄厩舎の馬だ。安藤勝己騎手は引退しているので、詳細は割愛する。

調教師は須貝尚介調教師の活躍が目立つ。複勝率は80%で、送り込んできた馬のほとんどが勝負になっている。美浦では小島茂之調教師。ブライトエンブレムで勝利し、12年は9番人気のエデンロックが3着に好走している。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN