第1123回 春のG1と宝塚記念の関連は?|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1123回 春のG1と宝塚記念の関連は?

2017/6/19(月)

今週は阪神競馬場で、宝塚記念が行われる。競馬番組上は既に夏競馬だが、春のG1戦線を締めくくるグランプリとの位置づけだ。そこで月曜掲載分の今回は、春のG1優勝馬と宝塚記念の関係を、騎手、厩舎、種牡馬から見てみたい。データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。なお、通常の宝塚記念過去10年の傾向については、木曜掲載分で紹介する予定だ。

■表1 宝塚記念優勝騎手の春G1成績

馬名 騎手 騎手の春G1 主な成績 G1優勝馬
07 アドマイヤムーン 岩田康誠 0-0-1-6 ダービー3着
08 エイシンデピュティ 内田博幸 0-0-0-9 ダービー6着
09 ドリームジャーニー 池添謙一 0-0-1-3 天皇賞(春)3着
10 ナカヤマフェスタ 柴田善臣 0-0-1-2 オークス3着
11 アーネストリー 佐藤哲三 0-0-0-3 皐月賞4着
12 オルフェーヴル 池添謙一 1-0-0-6 高松宮記念1着 カレンチャン
13 ゴールドシップ 内田博幸 1-0-1-5 ヴィクトリアM1着 ヴィルシーナ
14 ゴールドシップ 横山典弘 1-0-0-7 ダービー1着 ワンアンドオンリー
15 ラブリーデイ 川田将雅 1-0-0-5 安田記念1着 モーリス
16 マリアライト 蛯名正義 1-0-1-6 皐月賞1着 ディーマジェスティ

2016/6/26 阪神11R 宝塚記念(G1) 1着 16番 マリアライト (蛯名正義騎手)

まず、今回このデータを調べるきっかけになった宝塚記念優勝騎手から。近年の宝塚記念では、既に春のG1を勝っているジョッキーが優勝する例が多く思えたため、過去10年の優勝騎手について春G1成績を調べたのが表1である。G1だけに実績のある騎手が勝ち、そうなれば春に他のG1を制していても当たり前、とも思えるが、実際は12年を境にきっちり傾向が分かれた。

07年〜11年は、この宝塚記念が同年春のG1初制覇だった騎手ばかり。対して12年以降は、春のG1優勝騎手ばかりが勝利を挙げている。また、春G1を制した馬とは異なる馬で、この宝塚記念を制しているのも特徴的だ。00年以降の宝塚記念で、春のG1優勝馬が2勝目を挙げたのは、00年テイエムオペラオー、03年ヒシミラクル、06年ディープインパクトの3頭。過去10年では宝塚記念を含む春G1・2勝を挙げた馬がいないため、このような結果になっている。

■表2 宝塚記念優勝厩舎の春G1成績

馬名 厩舎 厩舎の春G1 主な成績 G1優勝馬
07 アドマイヤムーン 松田博資 0-0-1-4 ダービー3着
08 エイシンデピュティ 野元昭 不出走
09 ドリームジャーニー 池江泰寿 0-0-1-0 天皇賞(春)3着
10 ナカヤマフェスタ 二ノ宮敬宇 不出走
11 アーネストリー 佐々木晶三 0-0-0-1 ヴィクトリアM13着
12 オルフェーヴル 池江泰寿 0-2-1-3 皐月賞2着
13 ゴールドシップ 須貝尚介 0-0-0-4 天皇賞(春)5着
14 ゴールドシップ 須貝尚介 1-1-0-4 安田記念1着 ジャスタウェイ
15 ラブリーデイ 池江泰寿 1-1-0-2 オークス1着 ミッキークイーン
16 マリアライト 久保田貴士 不出走

2015/6/28 阪神11R 宝塚記念(G1) 1着 16番 ラブリーデイ (池江泰寿厩舎)

続いて、同様に厩舎成績を見てみよう(表2)。こちらは騎手とは違い、宝塚記念が春G1・2勝目だったのは、14年の須貝尚介厩舎、15年の池江泰寿厩舎のみ。ただ、春のG1初出走も含めれば、10年で半数の5回、そして3年連続、ということになる。近3年の傾向としては、勝っているか出走させていない厩舎が狙いだ。

■表3 宝塚記念優勝種牡馬の春G1(平地)成績

馬名 種牡馬 種牡馬の春G1 主な成績 G1優勝馬
07 アドマイヤムーン エンドスウィープ 0-0-0-1 ヴィクトリアM9着
08 エイシンデピュティ フレンチデピュティ 2-0-1-3 天皇賞(春)1着 アドマイヤジュピタほか
09 ドリームジャーニー ステイゴールド 0-0-1-5 天皇賞(春)3着
10 ナカヤマフェスタ ステイゴールド 0-0-0-2 天皇賞(春)7着
11 アーネストリー グラスワンダー 0-0-0-3 天皇賞(春)14着
12 オルフェーヴル ステイゴールド 1-1-1-3 皐月賞1着 ゴールドシップ
13 ゴールドシップ ステイゴールド 1-0-0-4 天皇賞(春)1着 フェノーメノ
14 ゴールドシップ ステイゴールド 1-1-0-4 天皇賞(春)1着 フェノーメノ
15 ラブリーデイ キングカメハメハ 3-1-1-11 ダービー1着 ドゥラメンテほか
16 マリアライト ディープインパクト 3-5-5-25 ダービー1着 マカヒキほか

そして最後は種牡馬成績。こちらは騎手同様に5年連続。08年にも勝っているため、春のG1優勝種牡馬の産駒が、10年で6勝を挙げている。騎手や厩舎に比べれば、あまり「勢い」云々は関係ないようにも思えるが、その年代に活躍馬を多く輩出し、リーディング上位につけるような種牡馬の産駒が勝ちやすいと、シンプルに捕らえればいいのかもしれない。

このように近年の宝塚記念では、騎手、厩舎、種牡馬とも、春のG1で勝っていることが望ましい。ただ、厩舎や種牡馬は同一G1に複数頭が出走することもあるのに対し、騎手は各レース騎乗馬1頭のみということを踏まえると、特に騎手は重視したい。

■表4 本年春のG1優勝馬と騎手、厩舎、種牡馬

レース 優勝馬 騎手 厩舎 種牡馬
高松宮記念 セイウンコウセイ 幸英明 上原博之 アドマイヤムーン
大阪杯 キタサンブラック 武豊 清水久詞 ブラックタイド
桜花賞 レーヌミノル 池添謙一 本田優 ダイワメジャー
皐月賞 アルアイン 松山弘平 池江泰寿 ディープインパクト
天皇賞(春) キタサンブラック 武豊 清水久詞 ブラックタイド
NHKマイルC アエロリット 横山典弘 菊沢隆徳 クロフネ
ヴィクトリアM アドマイヤリード ルメール 須貝尚介 ステイゴールド
オークス ソウルスターリング ルメール 藤沢和雄 Frankel
ダービー レイデオロ ルメール 藤沢和雄 キングカメハメハ
安田記念 サトノアラジン 川田将雅 池江泰寿 ディープインパクト

■表5 本年の宝塚記念登録馬(騎手は想定)

馬名 騎手 厩舎 種牡馬
キタサンブラック 武豊 清水久詞 ブラックタイド
クラリティシチー 上原博之 キングカメハメハ
ゴールドアクター 横山典弘 中川公成 スクリーンヒーロー
サトノクラウン M.デムーロ 堀宣行 Marju
シャケトラ ルメール 角居勝彦 マンハッタンカフェ
シュヴァルグラン 福永祐一 友道康夫 ハーツクライ
スピリッツミノル 幸英明 本田優 ディープスカイ
ヒットザターゲット 加藤敬二 キングカメハメハ
ミッキークイーン 浜中俊 池江泰寿 ディープインパクト
ミッキーロケット 和田竜二 音無秀孝 キングカメハメハ
レインボーライン 岩田康誠 浅見秀一 ステイゴールド

表1〜3を受けて、今年の春のG1の結果と、宝塚記念登録馬をみてみよう。表5はあくまで「登録馬」のため、出走しない馬が含まれていたり、騎手が変わったりする可能性があることは了承いただきたい。この中でもちろん注目は、大阪杯、天皇賞(春)と連勝を飾ってきたキタサンブラック。乗り替わりや転厩はないため、騎手、厩舎、種牡馬揃って「春のG1優勝」の実績をひっさげての登場になる。気になるのは、表1本文で触れたように、過去10年では宝塚記念で「春のG1・2勝目(以上)」を挙げた馬がいないこと。ここさえ問題にならなければ、当然最有力ということになる。

その他では、ともに5連勝中の「騎手+種牡馬」でクリアした馬がいれば良かったが、現時点の想定では該当馬は不在だ。「騎手+厩舎」でクリアしているのがスピリッツミノル。そして「厩舎+種牡馬」はクラリティシチーミッキークイーン。もしクラリティシチーやスピリッツミノルが勝てば大波乱になるが、どうだろうか。ミッキークイーンは、牡馬相手のG1で馬券に絡んだことこそないものの、15年のジャパンCは8着でも0.3秒差。そして昨年の有馬記念は0.4秒差5着と、展開ひとつでチャンスはありそうな雰囲気だ。また、表3の最後に触れたように騎手重視と考えれば、一昨年の有馬記念馬・ゴールドアクター。そして同馬を日経賞で下し、2500m以下では馬券圏外がないシャケトラにも注目したい。

以上、宝塚記念を「春のG1」との関係という視点からまとめてみた。冒頭にも触れたように、通常の過去10年の傾向は木曜掲載分で取り上げる予定だ。

ライタープロフィール

浅田知広(あさだ ともひろ)

1970年12月、埼玉県生まれ。立命館大学文学部中退後、夕刊紙レース部のアルバイト、競馬データベース会社を経て、現在はフリー。パソコンが広く普及する以前から、パソコン通信でデータ手入力方式の競馬予想ソフトを公開するなど、競馬のみならずPCやネットワークにも精通。その知識を活かし、Webや雑誌で競馬ライターとして活躍するかたわら、ネットワークの専門誌にも連載を持つ。


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN