第1122回 G1馬も参戦! 函館スプリントSを展望する|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1122回 G1馬も参戦! 函館スプリントSを展望する

2017/6/15(木)

今週の重賞は東京のユニコーンSと函館の函館スプリントSの2レース。昨年の当コーナーではユニコーンSを分析しているので、今回は函館スプリントSを展望したい。サマースプリントシリーズの第1戦というだけでなく、今年は高松宮記念を制したG1馬セイウンコウセイが出走を予定しており、秋に向けても重要な一戦となりそうだ。そんな芝1200m重賞を、過去10年のデータから分析してみよう。ただし、札幌で行なわれた09年は除外し、集計対象は函館で行なわれた9年分とする。データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
1番人気 2-  2-  0-  5/  9 22.2% 44.4% 44.4% 50% 55%
2番人気 2-  1-  1-  5/  9 22.2% 33.3% 44.4% 121% 75%
3番人気 1-  1-  1-  6/  9 11.1% 22.2% 33.3% 72% 73%
4番人気 1-  0-  3-  5/  9 11.1% 11.1% 44.4% 70% 171%
5番人気 0-  2-  1-  6/  9 0.0% 22.2% 33.3% 0% 101%
6番人気 1-  2-  0-  6/  9 11.1% 33.3% 33.3% 200% 191%
7番人気 0-  0-  1-  8/  9 0.0% 0.0% 11.1% 0% 35%
8番人気 1-  0-  0-  8/  9 11.1% 11.1% 11.1% 398% 160%
9番人気 0-  0-  0-  9/  9 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
10番人気〜 1-  1-  2- 47/ 51 2.0% 3.9% 7.8% 77% 105%

表1は人気別成績。注目したいのは複勝率で、1番人気から6番人気までほとんど横並びとなっている。勝率では1、2番人気の数字が若干高いものの、印が回っている馬であれば3着以内に入る確率は互角と考えてもいいのではないか。7番人気以下もポツポツ3着以内に入っており、穴馬の激走にも注意しておきたい。

■表2 枠番別成績

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
1枠 2- 2- 3- 7/14 14.3% 28.6% 50.0% 76% 107%
2枠 2- 2- 0-11/15 13.3% 26.7% 26.7% 62% 56%
3枠 2- 2- 1-11/16 12.5% 25.0% 31.3% 235% 146%
4枠 0- 0- 1-15/16 0.0% 0.0% 6.3% 0% 15%
5枠 1- 0- 0-16/17 5.9% 5.9% 5.9% 37% 14%
6枠 0- 1- 1-16/18 0.0% 5.6% 11.1% 0% 90%
7枠 1- 1- 1-15/18 5.6% 11.1% 16.7% 100% 110%
8枠 1- 1- 2-14/18 5.6% 11.1% 22.2% 218% 241%

表2は枠番別成績。明らかに1〜3枠の好走率が高いことがおわかりいただけるだろう。特に1枠は複勝率50.0%で、2頭に1頭は好走する計算となる。外の7、8枠は、好走率こそ内枠には見劣るものの、単複の回収率がすべて100%以上となっており、穴馬の激走に注意したい。そのあいだに挟まれた4〜6枠は好走率が低く、苦戦の傾向が出ている。

■表3 牡牝別成績

性別 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
牡馬・セン馬 5- 7- 4-77/93 5.4% 12.9% 17.2% 73% 77%
牝馬 4- 2- 5-28/39 10.3% 15.4% 28.2% 135% 150%

表3は牡牝別成績で、セン馬は牡馬に含めている。ご覧の通り、勝率から複勝回収率までの5項目すべてで牝馬が優位に立っていることが一目瞭然。昨年もソルヴェイグが12番人気1着、レッツゴードンキが7番人気3着と、2頭の牝馬が激走して穴をあけている。「夏は牝馬」という格言が見事に当てはまっており、今年も牝馬には警戒したほうがいいかもしれない。

■表4 年齢別成績

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
3歳 1-  3-  2- 17/ 23 4.3% 17.4% 26.1% 171% 159%
4歳 2-  2-  3-  6/ 13 15.4% 30.8% 53.8% 53% 153%
5歳 3-  1-  2- 32/ 38 7.9% 10.5% 15.8% 38% 37%
6歳 2-  3-  2- 22/ 29 6.9% 17.2% 24.1% 84% 159%
7歳以上 1-  0-  0- 28/ 29 3.4% 3.4% 3.4% 123% 49%

表4は年齢別成績。注目は4歳馬で、出走例は決して多くないが、好走率は突出して高い。出てきたら要注意だ。回収率が高いのは3歳馬で、連対率や複勝率も4歳馬に次ぐ数値となっている。6歳馬まではチャンスがありそうだが、7歳以上で好走したのは14年1着のガルボのみ。高齢馬には割引が必要か。

■表5 前走着順別成績

前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
1着 3-  2-  1- 12/ 18 16.7% 27.8% 33.3% 87% 72%
2着 1-  1-  1-  8/ 11 9.1% 18.2% 27.3% 16% 49%
3着 2-  2-  0-  5/  9 22.2% 44.4% 44.4% 118% 208%
4着 0-  1-  0-  9/ 10 0.0% 10.0% 10.0% 0% 36%
5着 0-  0-  2-  7/  9 0.0% 0.0% 22.2% 0% 41%
6〜9着 0-  1-  1- 19/ 21 0.0% 4.8% 9.5% 0% 26%
10着〜 3-  2-  4- 44/ 53 5.7% 9.4% 17.0% 176% 153%

表5は前走着順別成績。これを見ると前走でも1〜3着に入っていた馬の好走率が高く、まずは順当な傾向といえる。それでいて、前走10着以下から巻き返した馬が9頭もいるので侮れない。前走10着以下の好走率は、前走4着や前走5着と遜色なく、回収率は非常に高いので侮れない存在となりそうだ。

■表6 前走クラス別成績

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
1000万下 0-  1-  0-  0/  1 0.0% 100.0% 100.0% 0% 160%
1600万下 1-  0-  1-  6/  8 12.5% 12.5% 25.0% 78% 258%
オープン特別 1-  3-  1- 52/ 57 1.8% 7.0% 8.8% 11% 43%
G3 2-  1-  2- 15/ 20 10.0% 15.0% 25.0% 53% 61%
G2 2-  0-  1-  6/  9 22.2% 22.2% 33.3% 230% 97%
G1 3-  4-  4- 24/ 35 8.6% 20.0% 31.4% 220% 180%

表6は前走クラス別成績。好走率が高いのは前走でG1やG2に出走していた馬で、こちらも順当な傾向が出ている。前走G3も回収率は振るわないものの、好走率はまあまあ。しかし、出走例が最多の前走オープン特別は好走率がかなり低い。前走1600万下や前走1000万下にも見劣るほどで、前走オープン特別出走馬は過信しないほうがいいかもしれない。

■表7 前走距離別成績

前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
1000m 0-  1-  0- 10/ 11 0.0% 9.1% 9.1% 0% 125%
1200m 5-  5-  3- 59/ 72 6.9% 13.9% 18.1% 75% 56%
1400m 3-  1-  2- 17/ 23 13.0% 17.4% 26.1% 119% 138%
1600m 1-  2-  3- 18/ 24 4.2% 12.5% 25.0% 164% 155%
1800m 0-  0-  0-  1/  1 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
2400m 0-  0-  1-  0/  1 0.0% 0.0% 100.0% 0% 760%
※出走例のある前走距離のみ

表7は前走距離別成績。前走でダートの出走していた馬はいなかったので、前走はすべて芝のレースとなる。出走例が多いのは前走も同距離の1200mだった馬だが、前走で1400mや1600mに出走していた馬のほうが好走率、回収率とも上回っているようだ。特に、前走が1400mだった馬の好走率が高く、該当馬がいたら注目してみたい。

【結論】

2017/3/26 中京11R 高松宮記念(G1) 1着 6番 セイウンコウセイ

今年の函館スプリントSの登録馬は全部で13頭。まずは好走率の高い牝馬から、データ的に有力と思われる馬を挙げていこう。

牝馬の登録は5頭。そのなかで、好走率が非常に高い4歳馬に唯一該当するのがブランボヌールだ。前走のシルクロードSでは13着に大敗も、表5の項で述べた通り、このレースでは前走10着以下から巻き返した例も多い。2年前の函館2歳S勝ち馬だから、コース適性という点でも心強い。また、3歳馬、前走G1、前走1600mと、回収率の高いデータに複数合致するジューヌエコールも面白そうな存在。牝馬からもう1頭挙げるなら前走G1出走のクリスマスで、こちらは4年前の函館2歳S勝ち馬になる。


2016/8/28 札幌11R キーンランドカップ(G3) 1着 14番 ブランボヌール

牡馬の注目は、なんといってもセイウンコウセイだ。4歳馬、前走G1出走、前走1着という好走率の高いデータを満たしており、これといった弱点は見当たらない。目標は秋のスプリンターズSだと思われるが、やはり有力なのは間違いない。高松宮記念でこの馬より人気を集めていたのがシュウジ。前走G1出走の4歳馬という点はセイウンコウセイと同様で、昨年の当レース2着馬だから適性面も問題ない。最後にもう1頭、9歳という年齢は気になるものの、好成績の前走1400mで1着だったエポワスも穴候補に挙げておきたい。

ライタープロフィール

出川塁(でがわ るい)

1977年熊本県生まれ。上智大学文学部卒業後、出版社2社で競馬専門誌、競馬書籍の編集に携わり、2007年からフリーライターに。「競馬最強の法則」「サラブレ」「優駿」などへ寄稿するほか、出版社勤務時代を含めて制作に関わった競馬書籍は多数。馬券は単勝派だが、焼肉はタン塩派というわけではない。メインの競馬のほか、サッカーでも密かに活動中。


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN