第1107回 芝中〜長距離の距離延長・短縮を考える|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1107回 芝中〜長距離の距離延長・短縮を考える

2017/4/24(月)

今週は春の天皇賞が行われるが、人気を二分しそうなサトノダイヤモンドは芝3000mの阪神大賞典から、そしてキタサンブラックは芝2000mの大阪杯と、まったく異なる距離のステップレースから参戦してくる。その天皇賞の分析は木曜掲載分で行うが、月曜掲載分の今回は芝の中〜長距離戦全体について、距離短縮馬・延長馬の成績を調べてみたい。データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 天皇賞(春)前走レース別成績(好走馬輩出レース)

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収 平均人気
日経賞 3-4-2-43/52 5.8% 13.5% 17.3% 123% 105% 9.1
大阪杯 3-3-2-10/18 16.7% 33.3% 44.4% 143% 130% 6.4
阪神大賞典 3-1-4-47/55 5.5% 7.3% 14.5% 309% 130% 8.9
京都記念 1-1-0-3/5 20.0% 40.0% 40.0% 118% 176% 6.4
ダイヤモンドS 0-1-0-8/9 0.0% 11.1% 11.1% 0% 70% 8.1
大阪―ハンブルクC 0-0-1-17/18 0.0% 0.0% 5.6% 0% 158% 12.0
ドバイワールドC 0-0-1-1/2 0.0% 0.0% 50.0% 0% 770% 7.5

まずは、天皇賞(春)過去10年の前走レース別成績から見てみたい。今年は背景緑の4レースからの出走馬しかいないが、その中で好走確率が高いのは、天皇賞(春)とはもっとも距離が離れている大阪杯組だ。また、今年は該当馬がいないものの、芝2200mの京都記念から駒を進めた馬も、ジャガーメイル1着、トーセンラー2着と、5戦2連対という結果を残している。日経賞や阪神大賞典は出走馬が多く、平均人気が低い影響もあるだろうが、距離延長が割引材料にはならない、というくらいは言えそうな傾向だ。

■表2 芝3000m以上、前走距離別成績(1)

前走距離(芝→芝) 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収 1〜3番人気 同複勝率
今回延長 54-53-53-611 7.0% 13.9% 20.8% 76% 74% 36-22-23-83 49.4%
500m以上延長 48-49-47-521 7.2% 14.6% 21.7% 60% 71% 32-21-21-70 51.4%
同距離 0-2-0-5 0.0% 28.6% 28.6% 0% 82% 0-1-0-1 50.0%
今回短縮 8-7-7-77 8.1% 15.2% 22.2% 68% 51% 6-5-3-9 60.9%

ここからは、天皇賞以外も含めたレースについて見ていきたい。表2は、07年以降(本年4月16日まで)の芝3000m以上のレースについて、前走距離別の成績を見たものである(前走も芝限定)。3000m以上の長距離戦は数が限られるため「同距離」の例は非常に少ないが、距離延長、短縮の好走確率に大きな差はない。1〜3番人気に限れば「短縮」の成績が良いものの、3000m級のレースで「短縮」という出走例自体がさほど多くはない。

■表3 芝3000m以上、前走距離別成績(2)

前走距離(芝→芝) 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1600m 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
1800m 1-0-1-24 3.8% 3.8% 7.7% 73% 31%
2000m 5-10-10-95 4.2% 12.5% 20.8% 32% 62%
2200m 8-5-6-99 6.8% 11.0% 16.1% 33% 51%
2400m 17-19-20-168 7.6% 16.1% 25.0% 48% 87%
2500m 16-14-10-119 10.1% 18.9% 25.2% 122% 85%
2600m 0-0-1-15 0.0% 0.0% 6.3% 0% 32%
3000m 7-6-5-91 6.4% 11.9% 16.5% 172% 92%
3200m 0-1-0-2 0.0% 33.3% 33.3% 0% 83%
3400m 2-3-3-31 5.1% 12.8% 20.5% 52% 53%
3600m 6-4-4-45 10.2% 16.9% 23.7% 80% 51%

2009/10/25 京都11R 菊花賞(Jpn1) 1着 1番 スリーロールス

表2のデータをもう少し細かく、前走の距離ごとに区切ったものが表3である。さすがに1800m以下からは参戦する馬も少なく、優勝したのは菊花賞のスリーロールス、そして3着はステイヤーズSのデスペラードのみとなっている。春の天皇賞では、集計期間外にはなるが、クシロキングやサクラローレルが1800mの中山記念から連勝した例もあるが、いずれにしても例外的な存在だ。 もっとも好走馬が多く、好走確率も高いのは芝2400〜2500m。それでも3000mとなれば500〜600mの延長と決して小さな差ではないが、このあたりならまったく問題はない。また、天皇賞(春)で好成績を残す大阪杯の芝2000mからでも、極端に成績を落とすほどではないようだ。もちろん、個々の馬の適性や実力などにも左右されるが、単純に「前走との距離差が大きいから」といって、大きく評価を下げる必要性は薄いのが芝3000m以上の長距離戦だ。

■表4 芝2300〜2600m、前走距離別成績

前走距離(芝→芝) 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収 1〜3番人気 同複勝率
今回延長 748-736-719-6908 8.2% 16.3% 24.2% 76% 77% 459-371-314-1055 52.0%
400m以内延長 534- 492- 497-4215 9.3% 17.9% 26.5% 80% 79% 341-255-229-754 52.2%
500m以上延長 214-244-222-2693 6.3% 13.6% 20.2% 69% 73% 118-116-85-301 51.5%
同距離 248-268-270-2188 8.3% 17.4% 26.4% 62% 76% 161-157-118-464 48.4%
今回短縮 122-110-112-1165 8.1% 15.4% 22.8% 100% 83% 71-54-51-165 51.6%
400m以内短縮 90-90-89-938 7.5% 14.9% 22.3% 90% 81% 48-44-40-131 50.2%
500m以上短縮 32-20-23-227 10.6% 17.2% 24.8% 139% 93% 23-10-11-34 56.4%

2012/12/23 中山10R 有馬記念(G1) 1着 13番 ゴールドシップ

続いて表4は、芝2300〜2600m戦における前走距離別成績である。こちらもおおむね好走確率に差は少ないものの、中では「500m以上延長」馬の成績が他をやや下回っている。3000m級のレースに比べると、走破距離に占める「500m」の割合が大きくなる分、その影響が結果に出ている可能性がありそうだ。 一方、同じ「500m以上」の変化でも、「500m以上短縮」なら勝率は10%台に乗せ、単複の回収率も上々だ。3000m級のレースが少ない中で、ほとんどの競走馬にとってこの距離への「500m以上短縮」は、走り慣れた距離に戻ることになる。この芝2300〜2600mへの「500m以上短縮」というと、大レースでは菊花賞→有馬記念が該当するが、昨年のサトノダイヤモンドなど、有馬記念では菊花賞組も多くの好走馬を輩出している。

■表5 芝2000〜2200m、前走距離別成績

前走距離(芝→芝) 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収 1〜3番人気 同複勝率
今回延長 749-720-721-8070 7.3% 14.3% 21.3% 71% 74% 484-352-269-1065 50.9%
〜200m延長 576--533-526-5348 8.2% 15.9% 23.4% 71% 76% 366-277-207-835 51.0%
〜400m延長 154-158-167-2011 6.2% 12.5% 19.2% 73% 72% 91-66-57-203 51.3%
500m〜延長 19-29-28-711 2.4% 6.1% 9.7% 67% 56% 7-9-5-27 43.8%
同距離 738-754-725-6500 8.5% 17.1% 25.4% 78% 76% 495-397-324-1100 52.5%
今回短縮 318-342-336-3039 7.9% 16.4% 24.7% 72% 81% 215-175-143-495 51.8%
400m以内短縮 272-300-297-2558 7.9% 16.7% 25.4% 69% 81% 185-163-127-436 52.1%
500m以上短縮 46-41-39-481 7.6% 14.3% 20.8% 88% 80% 30-12-16-59 49.6%

最後に、芝2000〜2200mについても見ておきたい。こちらは該当レース数が多いため、集計期間を短縮して12年以降としている。この集計では明らかに「500m以上延長」は大きなマイナス材料で、連対率どころか複勝率すらひと桁台にとどまっている。また、300〜400mの延長でも複勝率20%を割っており、距離延長馬なら200m以内が望ましい。一方、距離短縮でも「500m以上短縮」になると好走確率はひと息。また、表の右に掲載した1〜3番人気にかぎった成績でも、500m以上の延長、短縮馬の複勝率は低めだ。やはり、走破距離2000mや2200mという中での「500m以上」の差は大きい、ということだろう。

以上、芝の中〜長距離戦における、距離延長・短縮による成績の違いを探ってみた。2000m超、あるいは2300mあたりからひとくくりに「長距離戦」と言われることも多いものの、そんな中でもそれぞれ違いはありそうで、それが「中距離」になればその差はさらに大きくなる。今週の天皇賞(春)のような大レースなら前走レース別成績を調べやすいが、それ以外のレースでも、こういった傾向も参考にしつつ組み立てたい。

ライタープロフィール

浅田知広(あさだ ともひろ)

1970年12月、埼玉県生まれ。立命館大学文学部中退後、夕刊紙レース部のアルバイト、競馬データベース会社を経て、現在はフリー。パソコンが広く普及する以前から、パソコン通信でデータ手入力方式の競馬予想ソフトを公開するなど、競馬のみならずPCやネットワークにも精通。その知識を活かし、Webや雑誌で競馬ライターとして活躍するかたわら、ネットワークの専門誌にも連載を持つ。


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN