第1086回 牡馬クラシックへの登竜門! 共同通信杯を分析する|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1086回 牡馬クラシックへの登竜門! 共同通信杯を分析する

2017/2/9(木)

今週は土曜東京でクイーンC、日曜に東京で共同通信杯、京都で京都記念と3鞍の重賞が行われる。京都記念は昨年の日本ダービー馬マカヒキの出走で注目を集めそうだが、馬券的な面白みはむしろ東の共同通信杯の方にありそうだ。過去5年で昨年のディーマジェスティをはじめ皐月賞馬を4頭も輩出しており、牡馬クラシックに向けて見逃せない一戦だ。今回のデータde出〜たでは、2012年以降の過去5年のデータから好走馬の特徴を探っていきたい。なお、データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 共同通信杯近5回の上位3着以内馬一覧(2012年以降)

馬場/頭数 着順 馬名 勝ちタイム 人気 4角通過順 上がり3F 前半1000m通過 レース上がり
2016
(やや重/10頭)
1 ディーマジェスティ 1分47秒4 6 7 34秒9 60秒0 35秒6
2 イモータル 1馬身1/4 5 3 35秒5
3 メートルダール 1/2馬身 3 8 35秒0
2015
(良/12頭)
1 リアルスティール 1分47秒1 3 4 34秒0 60秒0 34秒5
2 ドゥラメンテ 1/2馬身 1 7 33秒7
3 アンビシャス 1馬身1/4 4 3 34秒5
2014
(良/14頭)
1 イスラボニータ 1分48秒1 1 4 33秒2 62秒2 33秒4
2 ベルキャニオン 1馬身1/4 3 7 33秒1
3 サトノアラジン 2馬身 2 2 33秒8
2013
(良/10頭)
1 メイケイペガスター 1分46秒0 4 2 33秒8 60秒2 34秒0
2 ゴットフリート 1馬身1/2 2 4 33秒8
3 マイネルストラーノ 1/2馬身 9 2 34秒1
2012
(良/11頭)
1 ゴールドシップ 1分48秒3 2 4 33秒3 62秒6 33秒6
2 ディープブリランテ 1馬身3/4 1 1 33秒9
3 スピルバーグ ハナ 3 6 33秒2

まず表1は過去5年の3着以内馬一覧。この中から13年を除いて、ゴールドシップ、イスラボニータ、ドゥラメンテ、ディーマジェスティと4頭もの皐月賞が出ており、ディープブリランテとドゥラメンテは日本ダービーを制している。春の牡馬クラシックを占う上で非常に重要な前哨戦だ。それでは共同通信杯の中身を見ていこう。

勝ちタイムを見ると、かなりのスローペースとなった12年と14年は1分48秒を超えており、その他の3年は平均ペースで1分46〜47秒4の決着となっている。昨年は馬場状態がやや重で若干上がりを要したが、良馬場では上がり3Fで33秒台前半〜34秒5といった速い上がりを使える瞬発力タイプが上位に入っている。4角通過順では4コーナー先頭で3着以内に入ったのは12年ディープブリランテのみで、他の馬は4コーナーで2〜8番手に位置していた。

人気別では1番人気馬が【1.2.0.2】で、14年イスラボニータの1勝のみ。以下、2・3・4・6番人気馬が1勝ずつ。10番人気以下の激走はなく、昨年は1番人気ハートレーが9着に敗れてやや波乱となったものの、堅め〜小波乱の決着が多い一戦だ。

■表2 共同通信杯の所属別成績(2012年以降)

調教師分類 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
美浦 2- 3- 3-30/38 5.3% 13.2% 21.1% 65% 61%
栗東 3- 2- 2-12/19 15.8% 26.3% 36.8% 83% 76%

表2は出走馬の所属別成績。出走数は美浦所属の関東馬が多いものの、勝利数・勝率・連対率・複勝率いずれも栗東所属の関西馬が上回っている。関西馬は一昨年のリアルスティールら3勝で、昨年もイモータルが2着に入るなど毎年1頭は3着以内に入っている。

なお、関西馬で3着以内に入った7頭はすべて共同通信杯で上位5番人気以内に支持されていた。

■表3 共同通信杯のキャリア別成績(2012年以降)

キャリア 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1戦 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 203% 63%
2戦 0- 1- 2- 8/11 0.0% 9.1% 27.3% 0% 51%
3戦 2- 4- 1-10/17 11.8% 35.3% 41.2% 165% 106%
4戦 2- 0- 1-12/15 13.3% 13.3% 20.0% 42% 32%
5戦 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
6戦 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0% 0% 150%
8戦 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
※昨年優勝のディーマジェスティは3戦でカウント。

表3はキャリア別成績。表の黄色で強調した1〜4戦の馬から好走馬がほぼ出ている。出走馬最多の3戦の馬は昨年のディーマジェスティら2勝で、連対率35.3%・複勝率41.2%と非常に高い。4戦の馬は14年イスラボニータら2勝、1戦の馬は一昨年のリアルスティールが勝利している。

■表4 共同通信杯の前走レース別成績(2012年以降)

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
東スポ杯2歳S(G3) 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0% 55% 55%
ラジオNIKKEI杯2歳S(G3) 1- 0- 1- 2/ 4 25.0% 25.0% 50.0% 102% 60%
2歳未勝利 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3% 753% 190%
新馬 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0% 305% 95%
若駒S(OP) 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0% 560% 200%
朝日杯FS(G1) 0- 2- 0- 1/ 3 0.0% 66.7% 66.7% 0% 206%
ホープフルS(OP) 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0% 80%
セントポーリア賞(500万下) 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0% 130%
京成杯(G3) 0- 0- 2- 6/ 8 0.0% 0.0% 25.0% 0% 127%
500万下 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0% 95%
千両賞(500万下) 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0% 270%
その他のレース 0- 0- 0-25/25 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
※昨年優勝のディーマジェスティの前走は2歳未勝利でカウント。

表4は前走レース別成績。東スポ杯2歳S組は14年イスラボニータが勝利し、12年ディープブリランテが2着。ただし、近2年は一昨年アヴニールマルシェが5着、昨年はスマートオーディンが6着に敗れている。勝ち馬はすべて別々のレースから出ているものの、前走距離は芝1800〜2000mを使われていた。

その他では朝日杯FS組が好相性だが、今年は出走予定馬がいない。京成杯組は連対馬がいないものの、3着2回。なお、前走500万条件の馬はのべ【0.1.2.15】で勝ち星がなく、連対率5.6%・複勝率16.7%と低い。これら3着以内に入った3頭は前走500万下で連対を果たしていた。

■表5 共同通信杯の前走着順別成績(2012年以降)

前走着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
前走1着 3- 2- 1-12/18 16.7% 27.8% 33.3% 171% 76%
前走2着 1- 1- 1- 5/ 8 12.5% 25.0% 37.5% 51% 57%
前走3着 1- 1- 2- 3/ 7 14.3% 28.6% 57.1% 80% 110%
前走4着 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
前走5着 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
前走6〜9着 0- 1- 1-11/13 0.0% 7.7% 15.4% 0% 92%
前走10着以下 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

表5は前走着順別成績。表の黄色で強調したように前走3着以内だった馬が好成績をあげている。3着以内馬15頭中13頭を占めており、前走1着馬は昨年のディーマジェスティら過半数の3勝をあげている。また、前走3着馬は13年メイケイペガスター(前走若駒S)が勝利し、昨年もメートルダール(前走京成杯)が3着に入っている。

なお、前走6着以下から巻き返したのは13年3着マイネルストラーノ(前走京成杯8着)、 昨年2着イモータル(前走朝日杯FS9着)の2頭。両馬はオープンで連対した過去があった。

■表6 共同通信杯の前走上がり順位別成績(過去10年)

前走上がり順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
3F 1位 3- 2- 2- 9/16 18.8% 31.3% 43.8% 214% 103%
3F 2位 1- 1- 1- 3/ 6 16.7% 33.3% 50.0% 68% 90%
3F 3位 0- 1- 0- 8/ 9 0.0% 11.1% 11.1% 0% 18%
3F〜5位 1- 0- 1- 8/10 10.0% 10.0% 20.0% 22% 24%
3F6位以下 0- 1- 1-14/16 0.0% 6.3% 12.5% 0% 75%

表6は前走上がり順位別成績。前走上がり1位馬が昨年のディーマジェスティら過半数の3勝をあげており、連対率・複勝率ともに高い。また、上がり2位の馬は12年ゴールドシップが勝利し、昨年もメートルダールが3着に入っている。この組の3着以内馬3頭はすべて前走オープンか重賞を使われていた。

<結論>

■表7 今年の共同通信杯の出走予定馬(2/8現在)

馬名 所属 キャリア 前走成績
アサギリジョー 美浦 4戦 京成杯 5着
エアウィンザー 栗東 3戦 福寿草特別 2着
エテレインミノル 栗東 5戦 梅花賞 5着
エトルディーニュ 美浦 8戦 セントポーリア賞 2着
コマノレジーナ 美浦 1戦 新馬・牝 1着
サイバーエレキング 地方 9戦 浦和・ニューC 8着
スワーヴリチャード 栗東 3戦 東スポ杯2歳S 2着
タイセイスターリー 栗東 3戦 シンザン記念 2着
チャロネグロ 美浦 2戦 3歳未勝利 1着
ディアシューター 美浦 6戦 若竹賞 5着
ハナレイムーン 美浦 1戦 新馬・牝 1着
ビルズトレジャー 美浦 3戦 ホープフルS 7着
ムーヴザワールド 栗東 2戦 東スポ杯2歳S 3着
ヴェルラヴニール 美浦 2戦 2歳未勝利 1着

今年の出走予定馬は表7のとおり。

2016/10/2 阪神2R 2歳未勝利 1着 7番 スワーヴリチャード

人気を集めそうなのは前走東スポ杯2歳S組から2着スワーヴリチャード、3着ムーヴザワールド、そして福寿草特別で2着に敗れたものの好素材と名高いエアウィンザーの3頭だろう。

この3頭の比較ではスワーヴリチャードを最上位に挙げたい。前走は直線で一旦外にヨレながら、勝ち馬ブレスジャーニーを上回る上がり最速の33秒6の脚で2着に入っている。関西馬で好成績をあげているキャリア3戦というのも強調材料。これまでのデータから勝つ可能性が最も高いのはスワーヴリチャードと見る。

ムーヴザワールドがデビュー戦でエアウィンザーにクビ差勝利しており、2戦目の東スポ杯2歳Sが3着。前走は上がり33秒8で僅差ながらメンバー中3位。デビューから2戦連続で手綱をとっていたルメール騎手から今回戸崎騎手への乗り替わりもやや気にかかるところ。成長力は見込めそうだが、押さえまでにとどめておきたい。エアウィンザーは断然人気に支持された前走500万下で2着。エアスピネルの全弟で、関西馬かつキャリア3戦は好材料だが、前走500万下組で人気ほどの信頼度はないだろう。

2016/10/8 京都5R 2歳新馬 1着 14番 タイセイスターリー

ならば、前走シンザン記念2着のタイセイスターリーを推奨したい。関西馬でキャリア3戦、前走は重馬場のコンディションながら上がり2位をマークしている。一昨年リアルスティール1着、12年ディープブリランテ2着の矢作厩舎所属というのも買い材料だろう。

最後に穴で関東馬からキャリア3戦で前走ホープフルS7着ながら上がり2位で勝ったレイデオロから0秒6差だったビルズトレジャー、前走未勝利戦の勝ちタイムが京成杯を上回ったチャロネグロの2頭を挙げておきたい。

ライタープロフィール

ケンタロウ(けんたろう)

1978年6月、鹿児島県生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。初めて買った馬券が大当たりし、それから競馬にのめり込むように。データでは、開催日の馬場やコース適性に注目している。好きなタイプは逃げか追い込み。馬券は1着にこだわった単勝、馬単派。料理研究家ではない。


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN