第1044回 スプリンターズSへ前進する馬は? セントウルS分析|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1044回 スプリンターズSへ前進する馬は? セントウルS分析

2016/9/8(木)

今週は秋競馬が開幕。日曜の阪神競馬場では、早くも秋のG1・スプリンターズSへ向けたステップレースとなるセントウルSが行われる。昨年のストレイトガールなど、過去10年で5頭のスプリンターズS優勝馬を輩出した一戦。G1へ向けて一歩前進するのはどの馬か、過去の傾向を見てみよう。データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JV馬天楼 for データde出〜たを利用した。

■表1 人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1 1-5-2-2/10 10.0% 60.0% 80.0% 44% 112%
2 2-2-1-5/10 20.0% 40.0% 50.0% 108% 93%
3 1-0-1-8/10 10.0% 10.0% 20.0% 76% 47%
4 2-0-1-7/10 20.0% 20.0% 30.0% 174% 76%
5 1-1-2-6/10 10.0% 20.0% 40.0% 106% 153%
6 1-0-0-9/10 10.0% 10.0% 10.0% 165% 40%
7 0-1-0-9/10 0.0% 10.0% 10.0% 0% 36%
8 0-0-0-10/10 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
9 0-0-1-9/10 0.0% 0.0% 10.0% 0% 82%
10 1-0-0-9/10 10.0% 10.0% 10.0% 480% 101%
11〜 1-1-2-51/55 1.8% 3.6% 7.3% 56% 88%

2015/9/13 阪神11R セントウルステークス(G2) 1着 6番 アクティブミノル (10番人気)

過去10年、1番人気は複勝率80.0%ながら、勝ち馬は1頭のみ。それも10年前、中京代替時のシーイズトウショウのため、ここ9年阪神開催9回はすべて2着以下。12年以降は4年連続2着だ。一方、勝ち馬が下位人気まで出ている割には、2〜3着に入った穴馬はさほど多くなく、6番人気以下の合計で【3.2.3.97】。「人気薄は3着固定」といった狙いは避け、もし穴馬を買うなら勝つ可能性まで考えた馬券を選択したい。

■表2 性齢別成績

性別 年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
牡・セン 3歳 2-0-1-14/17 11.8% 11.8% 17.6% 338% 126%
4歳 1-2-2-12/17 5.9% 17.6% 29.4% 25% 51%
5歳 0-2-0-18/20 0.0% 10.0% 10.0% 0% 11%
6歳 0-1-1-20/22 0.0% 4.5% 9.1% 0% 67%
7歳以上 0-2-1-20/23 0.0% 8.7% 13.0% 0% 31%
3-7-5-84/99 3.0% 10.1% 15.2% 62% 55%
牝馬
3歳 1-1-0-4/6 16.7% 33.3% 33.3% 275% 126%
4歳 2-0-0-10/12 16.7% 16.7% 16.7% 116% 41%
5歳 3-2-3-15/23 13.0% 21.7% 34.8% 213% 197%
6歳 1-0-2-10/13 7.7% 7.7% 23.1% 33% 77%
7歳以上 0-0-0-2/2 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
7-3-5-41/56 12.5% 17.9% 26.8% 150% 121%

性別では、牝馬が【7.3.5.41】連対率17.9%、対して牡・セン馬は【3.7.5.84】同10.1%で牝馬優勢。牡・セン馬は3〜4歳馬からしか優勝馬は出ていないが、今年は登録なし。また、牝馬で好走の多い5歳馬も不在。今年は多少、年齢の条件を緩く見る必要はあるだろう。なお、牝馬が馬券に絡まなかったのは13年のみである。

■表3 枠番別成績(中京の06年を除く)

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1枠 1-1-0-11/13 7.7% 15.4% 15.4% 60% 35%
2枠 3-0-1-13/17 17.6% 17.6% 23.5% 322% 92%
3枠 1-0-1-15/17 5.9% 5.9% 11.8% 282% 82%
4枠 0-2-2-14/18 0.0% 11.1% 22.2% 0% 62%
5枠 1-1-0-16/18 5.6% 11.1% 11.1% 35% 17%
6枠 1-1-2-14/18 5.6% 11.1% 22.2% 53% 77%
7枠 0-1-0-17/18 0.0% 5.6% 5.6% 0% 20%
8枠 2-3-3-10/18 11.1% 27.8% 44.4% 83% 278%

枠番別で好走馬が多いのは8枠。特に馬番大外を引いた馬は、2桁人気2頭の2〜3着も含む【2.3.1.3】連対率55.6%の好成績だ。逆に言えば、同じ8枠でも外から2頭目の馬は3着2回のみである。その他では、3枠が勝率から複勝率まで全体的に高めの数字が出ている。

■表4 脚質別成績(中京の06年を除く)

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収 牡・セン 牝馬
逃げ 3-0-1-5/9 33.3% 33.3% 44.4% 924% 295% 2-0-1-3/6 1-0-0-2/3
先行 4-6-2-25/37 10.8% 27.0% 32.4% 92% 120% 1-5-1-16/23 3-1-1-9/14
中団 2-1-6-36/45 4.4% 6.7% 20.0% 53% 90% 0-0-2-22/24 2-1-4-14/21
後方 0-2-0-44/46 0.0% 4.3% 4.3% 0% 9% 0-1-0-32/33 0-1-0-12/13
※TARGET frontier JVによる分類

開幕週、しかも短距離戦ということもあってか、脚質別では「逃げ」「先行」が優勢で、連対馬18頭中13頭(中京開催の06年除く)を占めている。昨年は後方から進めたウリウリが1番人気に推されていたが、10番人気のアクティブミノルにハナ差で逃げ切られて2着敗退を喫した。 また、「中団」の馬は牝馬なら7頭が好走しているが、牡・セン馬は2頭のみ。そして「後方」に置かれた馬は牡・セン馬が多く、主にこの「中団」「後方」の成績が、表2の牝馬優勢に繋がっている

■表5 前走クラス・レース別成績(レースは中央競馬の好走馬輩出レース)

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1000万 0-0-0-1/1 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
1600万 0-0-0-5/5 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
OPEN特別 0-0-3-18/21 0.0% 0.0% 14.3% 0% 100%
G3 9-4-6-78/97 9.3% 13.4% 19.6% 101% 73%
G2 1-0-0-2/3 33.3% 33.3% 33.3% 1600% 336%
G1 0-3-1-17/21 0.0% 14.3% 19.0% 0% 57%
地方 0-0-0-2/2 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
海外 0-3-0-2/5 0.0% 60.0% 60.0% 0% 168%
北九州記念 5-1-4-55/65 7.7% 9.2% 15.4% 109% 65%
アイビスSD 3-0-0-3/6 50.0% 50.0% 50.0% 376% 126%
キーンランドC 1-1-0-9/11 9.1% 18.2% 18.2% 40% 135%
ニュージーランドT 1-0-0-0/1 100.0% 100.0% 100.0% 4800% 1010%
高松宮記念 0-2-0-5/7 0.0% 28.6% 28.6% 0% 41%
CBC賞 0-1-1-6/8 0.0% 12.5% 25.0% 0% 36%
函館スプリントS 0-1-1-1/3 0.0% 33.3% 66.7% 0% 93%
安田記念 0-1-0-6/7 0.0% 14.3% 14.3% 0% 14%
NHKマイルC 0-0-1-3/4 0.0% 0.0% 25.0% 0% 205%
朱鷺S 0-0-1-6/7 0.0% 0.0% 14.3% 0% 244%
谷川岳S 0-0-1-0/1 0.0% 0.0% 100.0% 0% 150%
NSTオープン 0-0-1-0/1 0.0% 0.0% 100.0% 0% 240%

前走クラス・レース別の成績を見ると、前走G3出走馬から優勝馬10頭中9頭が出るなど、好走馬の3分の2近くを占めている。特に北九州記念組の好走が多いが、出走数も多いため好走確率は低め。しっかり取捨を考えてかかりたい。また、G1組は【0.3.1.17】と勝利がなく、連対率や複勝率はG3とほぼ互角。前走G1出走馬だからといって、過剰評価してしまうのは避けたい

■表6 前走北九州記念からの好走馬

馬名 性齢 斤量 人気 着順 前走ハンデ 前走人気 前走着順
07 サンアディユ 牝5 55 11 1 54 5 7
カノヤザクラ 牝3 53 7 2 50 3 5
09 コスモベル 牝5 55 11 3 54 4 6
10 ダッシャーゴーゴー 牡3 55 4 1 54 2 11
メリッサ 牝6 55 5 3 52 5 1
11 エーシンヴァーゴウ 牝4 55 2 1 55.5 1 3
12 エピセアローム 牝3 52 6 1 52 6 3
14 リトルゲルダ 牝5 54 4 1 53 8 1
エピセアローム 牝5 54 2 3 55 1 7
15 バーバラ 牝6 54 5 3 53 6 4

出走馬の多い北九州記念組の好走馬は表6の通りである。該当10頭のうち、3歳牡馬・ダッシャーゴーゴー以外はすべて牝馬。牝馬だけに限ると計【4.1.4.24】複勝率27.3%、単複の回収率はそれぞれ186%、120%となるため、該当馬がいれば買いという考え方もとれる。前走着順はまちまちだが、同レースで6番人気以内くらいには推されていた馬が望ましい。また、ハンデ戦から別定替わりで3キロくらいの増なら好走する馬も見られるため、あまり斤量増を気にする必要はない。

■表7 前走その他G3からの好走馬

馬名 性齢 人気 着順 前走 人気 着順 前々走
06 シーイズトウショウ 牝6 1 1 キーンランドC 1 2 函館SS2着
08 カノヤザクラ 牝4 3 1 アイビスSD 2 1 CBC賞5着
シンボリグラン 牡6 11 2 キーンランドC 8 6 アイビスSD2着
09 アルティマトゥーレ 牝5 5 1 アイビスSD 2 3 1600万1着
11 ダッシャーゴーゴー 牡4 1 3 CBC賞 1 1 高松宮記念4降11着
12 ロードカナロア 牡4 1 2 函館スプリントS 1 2 高松宮記念3着
13 ハクサンムーン 牡4 2 1 アイビスSD 1 1 CBC賞2着
ドリームバレンチノ 牡6 3 3 函館スプリントS 1 7 高松宮記念2着
15 ウリウリ 牝5 1 2 CBC賞 2 1 安土城S1着

表7は、北九州記念以外のG3からの好走馬9頭。前走、今回ともに上位人気に推されている馬が大半で、2戦連続3番人気以下だったのは08年のシンボリグラン1頭である。また、前走で馬券圏外だったのは、そのシンボリグランと、13年ドリームバレンチノの6歳牡馬2頭。ともに前々走では連対を果たしていたほか、G1で馬券に絡んだ実績馬でもあった。

■表8 前走G3以外からの好走馬

馬名 性齢 人気 着順 前走 人気 着順
08 スプリングソング 牡3 9 3 NHKマイルC 9 6
09 スリープレスナイト 牝5 1 2 高松宮記念 1 2
13 ロードカナロア 牡5 1 2 安田記念 1 1
14 ハクサンムーン 牡5 1 2 高松宮記念 2 5
15 アクティブミノル 牡3 10 1 ニュージーランドT 6 15
06 ネイティヴハート 牡8 4 3 NSTオープン 3 2
07 キンシャサノキセキ 牡4 1 3 谷川岳S 1 1
12 アンシェルブルー 牝5 12 3 朱鷺S 4 4

【結論】

1番人気馬は複勝率80.0%と安定しているものの9連敗中。また、前走G1からの勝ち馬はなし、牡・セン馬の5歳以上は勝利なしと、勝ち馬に偏りが出ているセントウルS。全体的には牝馬優勢で、特に北九州記念組の好走馬はほとんど牝馬が占めている。前走G1出走馬でも過信は禁物だ。また、枠順確定後は大外枠を引いた馬には注意したい。

2015/6/20 函館11R HTB杯 1着 12番 ラヴァーズポイント

牝馬優勢のレースだが、今年の登録馬はウリウリラヴァーズポイントの2頭のみ。表2にあったように、牝馬の単複回収率は100%を超えている。特に、配当妙味が高そうなのはラヴァーズポイント。前走の北九州記念は11着敗退を喫したが、前々走のCBC賞では2着と、軽ハンデながらも通用している。好走の多い逃げ・先行脚質(表4)、北九州記念組なら牝馬という条件にも当てはまり、同レース上位人気も好材料だ(表6)。穴狙いになるが、サンアディユ、アクティブミノルと2桁人気馬でも10年で2勝を挙げているだけに、一発の可能性はある。 対してウリウリは、昨年参戦時(2連勝)の勢いはない状態での参戦で、その昨年すら2着に敗れた追い込み型(表4)。前走G1組は今回1番人気(3歳牡馬以外、表8)という条件もクリアできるか微妙なため、この2頭では次位の評価になる。

牡・セン馬なら、高松宮記念優勝以来となるビッグアーサー(表8、今回1番人気なら)、そしてアイビスSDを2番人気2着、今回も上位人気になりそうなネロ(表7)。優勝のない5歳(以上)牡馬という点は気がかりながら、馬連や3連複等の候補としては上位だ。その他では、ダンスディレクターはレース間隔がカギだが、北九州記念以外のG3(表7)組の好走条件は満たしている。また、同日の京成杯AH出走が予想されるワキノブレイブも、こちらに回れば前走オープン特別組の3着候補にはなりそうだ(表8)。

ライタープロフィール

浅田知広(あさだ ともひろ)

1970年12月、埼玉県生まれ。立命館大学文学部中退後、夕刊紙レース部のアルバイト、競馬データベース会社を経て、現在はフリー。パソコンが広く普及する以前から、パソコン通信でデータ手入力方式の競馬予想ソフトを公開するなど、競馬のみならずPCやネットワークにも精通。その知識を活かし、Webや雑誌で競馬ライターとして活躍するかたわら、ネットワークの専門誌にも連載を持つ。


データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN