第1033回 夏の新潟・小倉と札幌の芝で成績の差がある種牡馬は?|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1033回 夏の新潟・小倉と札幌の芝で成績の差がある種牡馬は?

2016/8/1(月)

先週から新潟、小倉、札幌の開催が始まった。今回の『データde出〜た』では、この3競馬場の芝コースにおける種牡馬について調べてみたい。新潟・小倉は野芝のみが使われているに対し、札幌は洋芝のみ使用と同じ芝コースでも条件が異なっている(※冬の小倉はオーバーシード馬場を使用)。そこで、野芝の新潟・小倉と洋芝の札幌で成績に差がある種牡馬がいるのかどうか、逆に差がない種牡馬についても調べてみたい。集計対象は過去2年の新潟、小倉、札幌の夏開催。データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 芝全コースの種牡馬別成績(着別度数順)

競馬場 順位 種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
新潟・小倉 1 ディープインパクト 33- 30- 27-207/297 11.1% 21.2% 30.3% 91% 75%
2 キングカメハメハ 22- 16- 11-125/174 12.6% 21.8% 28.2% 80% 73%
3 ステイゴールド 18- 13- 22-157/210 8.6% 14.8% 25.2% 98% 85%
4 ハーツクライ 18- 13-  9-130/170 10.6% 18.2% 23.5% 56% 48%
5 ダイワメジャー 15- 18- 22-143/198 7.6% 16.7% 27.8% 34% 87%
6 マンハッタンカフェ 13- 10- 13- 82/118 11.0% 19.5% 30.5% 70% 135%
7 ジャングルポケット 11-  4-  6- 87/108 10.2% 13.9% 19.4% 86% 70%
8 ゼンノロブロイ 10- 13- 11-138/172 5.8% 13.4% 19.8% 46% 51%
9 シンボリクリスエス 10-  9-  7- 87/113 8.8% 16.8% 23.0% 198% 113%
10 サクラバクシンオー 10-  6-  2- 60/ 78 12.8% 20.5% 23.1% 86% 51%
11 キンシャサノキセキ 7-  6-  4- 42/ 59 11.9% 22.0% 28.8% 28% 54%
12 メイショウサムソン 7-  6-  3- 56/ 72 9.7% 18.1% 22.2% 51% 50%
13 ヨハネスブルグ 7-  6-  2- 36/ 51 13.7% 25.5% 29.4% 104% 76%
14 タニノギムレット 6-  9-  5- 97/117 5.1% 12.8% 17.1% 41% 101%
15 スウェプトオーヴァーボード 6-  8-  2- 63/ 79 7.6% 17.7% 20.3% 49% 58%
札幌
1 ディープインパクト 21- 18- 11- 74/124 16.9% 31.5% 40.3% 131% 123%
2 ハーツクライ 9-  7-  5- 68/ 89 10.1% 18.0% 23.6% 77% 73%
3 ハービンジャー 9-  6-  8- 44/ 67 13.4% 22.4% 34.3% 53% 75%
4 ステイゴールド 8- 15-  5- 66/ 94 8.5% 24.5% 29.8% 90% 117%
5 キングカメハメハ 7- 10- 10- 71/ 98 7.1% 17.3% 27.6% 145% 82%
6 ジャングルポケット 5-  5-  6- 38/ 54 9.3% 18.5% 29.6% 67% 139%
7 ゼンノロブロイ 5-  4-  4- 48/ 61 8.2% 14.8% 21.3% 53% 44%
8 ネオユニヴァース 5-  4-  3- 50/ 62 8.1% 14.5% 19.4% 42% 38%
9 アドマイヤムーン 5-  3-  7- 32/ 47 10.6% 17.0% 31.9% 98% 101%
10 サクラバクシンオー 5-  2-  1- 33/ 41 12.2% 17.1% 19.5% 84% 48%
11 ダイワメジャー 4- 11-  5- 47/ 67 6.0% 22.4% 29.9% 45% 69%
12 マツリダゴッホ 4-  4-  3- 35/ 46 8.7% 17.4% 23.9% 59% 51%
13 シンボリクリスエス 3-  5-  5- 51/ 64 4.7% 12.5% 20.3% 105% 85%
14 キングヘイロー 3-  3-  1- 21/ 28 10.7% 21.4% 25.0% 501% 100%
15 チチカステナンゴ 3-  2-  1- 28/ 34 8.8% 14.7% 17.6% 55% 40%

表1は、距離を問わない芝全コースの種牡馬成績(着別度数順)を「新潟・小倉」と「札幌」で分けて示したもの。やはりというべきか、ディープインパクトが野芝の新潟・小倉、洋芝の札幌のいずれにおいても1位に輝いている。このうちディープインパクト産駒の適性がより高いのは、好走率、回収率ともに抜群の数値を残している札幌だろう。ディープインパクトと並んで競馬シーンを引っ張るキングカメハメハは、新潟・小倉は2位に入ったものの、札幌では5位と少しランキングを落としている。札幌の数値も極端に悪いわけではないが、どちらかといえば野芝の新潟・小倉を得意としているようだ。

サンデーサイレンス系の有力種牡馬では、ステイゴールド(新潟・小倉3位、札幌4位)とハーツクライ(新潟・小倉4位、札幌2位)はどちらも上位に入っているが、ダイワメジャーは新潟・小倉の5位に対して、札幌は11位と少し差がついている。札幌の成績を確認すると1着4回に対して2着11回と勝ち切れないことが多く、これがランキングを落とす原因となったようだ。

そのほかに新潟・小倉と札幌でランキングに差がある種牡馬を挙げると、マンハッタンカフェ(新潟・小倉6位、札幌21位)、キンシャサノキセキ(新潟・小倉11位、札幌74位)、メイショウサムソン(新潟・小倉12位、札幌73位)、ヨハネスブルグ(新潟・小倉13位、札幌93位)、ハービンジャー(新潟・小倉19位、札幌3位)、チチカステナンゴ(新潟・小倉31位、札幌15位)といった名前が挙がる。これらの種牡馬は、野芝の新潟・小倉と洋芝の札幌の適性に少し差があると考えられ、馬券を買う際にも考慮したほうがよさそうだ。

■表2 芝1200mの種牡馬別成績(着別度数順)

競馬場 順位 種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
新潟・小倉 1 スクワートルスクワート 6- 1- 1-31/39 15.4% 17.9% 20.5% 50% 31%
2 キンシャサノキセキ 5- 5- 3-15/28 17.9% 35.7% 46.4% 37% 88%
3 アドマイヤムーン 5- 4- 4-33/46 10.9% 19.6% 28.3% 65% 81%
4 ダイワメジャー 4- 7- 8-44/63 6.3% 17.5% 30.2% 63% 142%
5 スウェプトオーヴァーボード 4- 4- 2-33/43 9.3% 18.6% 23.3% 62% 72%
6 サクラバクシンオー 4- 3- 1-25/33 12.1% 21.2% 24.2% 70% 50%
7 ヨハネスブルグ 4- 2- 0-20/26 15.4% 23.1% 23.1% 123% 47%
8 ゼンノロブロイ 4- 0- 1-31/36 11.1% 11.1% 13.9% 125% 61%
9 エンパイアメーカー 3- 3- 0- 6/12 25.0% 50.0% 50.0% 87% 190%
10 メイショウボーラー 3- 2- 1-27/33 9.1% 15.2% 18.2% 84% 142%
札幌 1 アドマイヤムーン 4- 2- 4-14/24 16.7% 25.0% 41.7% 127% 135%
2 サクラバクシンオー 4- 1- 0-23/28 14.3% 17.9% 17.9% 111% 41%
3 ダイワメジャー 2- 4- 2-16/24 8.3% 25.0% 33.3% 82% 108%
4 ファルブラヴ 2- 1- 1-12/16 12.5% 18.8% 25.0% 61% 51%
5 Exceed And Excel 2- 1- 1- 0/ 4 50.0% 75.0% 100.0% 230% 185%
6 ハーツクライ 2- 1- 0-11/14 14.3% 21.4% 21.4% 129% 60%
7 キングカメハメハ 2- 1- 0- 7/10 20.0% 30.0% 30.0% 135% 81%
8 サクラプレジデント 2- 0- 1-11/14 14.3% 14.3% 21.4% 123% 72%
9 タイキシャトル 1- 3- 1-12/17 5.9% 23.5% 29.4% 60% 114%
10 キングヘイロー 1- 3- 1- 7/12 8.3% 33.3% 41.7% 72% 65%

表2〜表4の項では、新潟、小倉、札幌の3競馬場の芝コースに共通して設定されている距離(1200m、1800m、2000m)の種牡馬別成績を調べたい。まずは1200mから見ていこう。野芝で行なわれる新潟・小倉の芝1200mと洋芝の札幌芝1200mでともに10位以内に入っている種牡馬は、アドマイヤムーン(新潟・小倉3位、札幌1位)、ダイワメジャー(新潟・小倉4位、札幌3位)、サクラバクシンオー(新潟・小倉6位、札幌2位)の3頭。特に双方で3位以内のアドマイヤムーンは、この時期の芝1200mで要注意の種牡馬といえる。ダイワメジャーは、表1の距離を問わないランキングでは順位に落差があったが、芝1200mに限れば差がないことを確認しておきたい。そして、2011年に死亡したため残された産駒は決して多くないサクラバクシンオーが、両方でトップ10入りを果たしているのはさすがのひと言だ。

逆に、新潟・小倉と札幌で順位に極端な差がついている種牡馬では、スクワートルスクワート(新潟・小倉1位、札幌3着以内なし)、キンシャサノキセキ(新潟・小倉2位、札幌40位)、スウェプトオーヴァーボード(新潟・小倉5位、札幌3着以内なし)、ヨハネスブルグ(新潟・小倉7位、札幌49位)、ゼンノロブロイ(新潟・小倉8位、札幌3着以内なし)、エンパイアメーカー(新潟・小倉9位、札幌3着以内なし)、ファルブラヴ(新潟・小倉3着以内なし、札幌4位)、サクラプレジデント(新潟・小倉3着以内なし、札幌8位)といった名前が挙がる。なお、スクワートルスクワートの6勝は、すべて2歳の九州産馬限定戦におけるものだった。

■表3 芝1800mの種牡馬別成績(着別度数順)

競馬場 順位 種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
新潟・小倉 1 ディープインパクト 11- 4- 5-56/76 14.5% 19.7% 26.3% 158% 63%
2 ステイゴールド 9- 3- 9-42/63 14.3% 19.0% 33.3% 169% 116%
3 ハーツクライ 8- 3- 2-40/53 15.1% 20.8% 24.5% 49% 34%
4 キングカメハメハ 7- 6- 4-34/51 13.7% 25.5% 33.3% 50% 101%
5 ジャングルポケット 6- 0- 2-25/33 18.2% 18.2% 24.2% 87% 57%
6 マンハッタンカフェ 4- 3- 5-28/40 10.0% 17.5% 30.0% 54% 104%
7 シンボリクリスエス 3- 4- 2-29/38 7.9% 18.4% 23.7% 34% 48%
8 ネオユニヴァース 3- 2- 6-35/46 6.5% 10.9% 23.9% 10% 96%
9 コンデュイット 3- 0- 2- 7/12 25.0% 25.0% 41.7% 262% 100%
10 アグネスタキオン 3- 0- 1- 4/ 8 37.5% 37.5% 50.0% 228% 140%
札幌 1 ハービンジャー 6- 3- 2-17/28 21.4% 32.1% 39.3% 91% 72%
2 ディープインパクト 4- 3- 4- 9/20 20.0% 35.0% 55.0% 62% 136%
3 キングカメハメハ 3- 5- 5-21/34 8.8% 23.5% 38.2% 352% 122%
4 ネオユニヴァース 3- 0- 1-13/17 17.6% 17.6% 23.5% 93% 52%
5 ステイゴールド 2- 5- 2-16/25 8.0% 28.0% 36.0% 15% 231%
6 マツリダゴッホ 2- 3- 2- 3/10 20.0% 50.0% 70.0% 109% 134%
7 ジャングルポケット 2- 2- 0- 9/13 15.4% 30.8% 30.8% 112% 100%
8 ハーツクライ 2- 0- 1-17/20 10.0% 10.0% 15.0% 44% 26%
9 スズカフェニックス 2- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0% 850% 245%
10 ダイワメジャー 1- 4- 1- 8/14 7.1% 35.7% 42.9% 20% 52%

続いて芝1800mを見ていこう。新潟・小倉の芝1800mと札幌芝1800mのどちらでも10位以内に入ったのは、ディープインパクト(新潟・小倉1位、札幌2位)、ステイゴールド(新潟・小倉2位、札幌5位)、ハーツクライ(新潟・小倉3位、札幌8位)、キングカメハメハ(新潟・小倉4位、札幌3位)、ジャングルポケット(新潟・小倉5位、札幌7位)、ネオユニヴァース(新潟・小倉8位、札幌4位)と、共通している種牡馬が6頭もいる。

逆に、どちらかで10位以内に入りながら、新潟・小倉と札幌で極端な差がついている種牡馬はそれほど多くはなく、コンデュイット(新潟・小倉9位、札幌3着以内なし)、ハービンジャー(新潟・小倉17位、札幌1位)、マツリダゴッホ(小倉・新潟40位、札幌6位)ぐらい。この時期の芝1800m戦は、野芝と洋芝の適性を考えるより、まずは能力を重視したほうがいいのかもしれない。

■表4 芝2000mの種牡馬別成績(着別度数順)

競馬場 順位 種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
新潟・小倉 1 ディープインパクト 11- 4- 9-52/76 14.5% 19.7% 31.6% 53% 66%
2 キングカメハメハ 8- 5- 3-28/44 18.2% 29.5% 36.4% 98% 76%
3 ゼンノロブロイ 4- 4- 3-28/39 10.3% 20.5% 28.2% 56% 54%
4 ハービンジャー 3- 2- 1-15/21 14.3% 23.8% 28.6% 192% 81%
5 マンハッタンカフェ 3- 2- 0-27/32 9.4% 15.6% 15.6% 41% 28%
6 メイショウサムソン 3- 1- 0-19/23 13.0% 17.4% 17.4% 79% 37%
7 ハーツクライ 2- 7- 4-31/44 4.5% 20.5% 29.5% 11% 70%
8 シンボリクリスエス 2- 2- 1-13/18 11.1% 22.2% 27.8% 963% 393%
9 ダイワメジャー 2- 1- 5-14/22 9.1% 13.6% 36.4% 22% 110%
10 ダンスインザダーク 2- 0- 1-16/19 10.5% 10.5% 15.8% 49% 34%
札幌 1 ディープインパクト 8- 6- 5-29/48 16.7% 29.2% 39.6% 115% 96%
2 ステイゴールド 2- 7- 2-22/33 6.1% 27.3% 33.3% 82% 82%
3 キングカメハメハ 2- 2- 3-26/33 6.1% 12.1% 21.2% 28% 60%
4 ジャングルポケット 2- 2- 1-14/19 10.5% 21.1% 26.3% 72% 58%
5 ゼンノロブロイ 2- 1- 1-19/23 8.7% 13.0% 17.4% 45% 35%
6 ダンスインザダーク 2- 0- 2- 6/10 20.0% 20.0% 40.0% 284% 103%
7 ハービンジャー 1- 2- 2-12/17 5.9% 17.6% 29.4% 24% 65%
8 ハーツクライ 1- 2- 1-14/18 5.6% 16.7% 22.2% 60% 131%
9 ブライアンズタイム 1- 2- 0- 4/ 7 14.3% 42.9% 42.9% 60% 92%
10 サムライハート 1- 1- 2-11/15 6.7% 13.3% 26.7% 63% 53%

2014/8/24 札幌11R 札幌記念(G2) 1着 8番 ハープスター

最後に芝2000mを見ていこう。新潟・小倉の芝2000mと札幌芝2000mのどちらでも10位以内に入ったのは、ディープインパクト(新潟・小倉1位、札幌1位)、キングカメハメハ(新潟・小倉2位、札幌3位)、ゼンノロブロイ(新潟・小倉3位、札幌5位)、ハービンジャー(新潟・小倉4位、札幌7位)、ハーツクライ(新潟・小倉7位、札幌8位)、ダンスインザダーク(新潟・小倉10位、札幌6位)と、こちらも6頭の種牡馬が共通している。現在の二強種牡馬となっているディープインパクトやキングカメハメハは別格と考えると、それ以外の4頭はいずれも2000mより長い距離での活躍が目立つ種牡馬という点で共通していることに注目したい。ちなみに、両方で1位となったディープインパクトは、2014年に新潟記念(マーティンボロ)、小倉記念(サトノノブレス)、札幌記念(ハープスター)と、この3競馬場で行なわれる夏の2000m重賞をすべて制覇しており、さすがとしかいいようがない。

2014/8/10 小倉11R 小倉記念(G3) 1着 9番 サトノノブレス

どちらかで10位以内に入りながら、新潟・小倉と札幌で大きな差がついている種牡馬としては、ダイワメジャー(新潟・小倉9位、札幌3着以内なし)、ジャングルポケット(新潟・小倉30位、札幌4位)、ブライアンズタイム(新潟・小倉3着以内なし、札幌9位)、サムライハート(新潟・小倉3着以内なし、札幌10位)といったあたり。野芝の2000mと洋芝の2000mで成績に差があるこれらの種牡馬の取り扱いには十分注意したい。

ライタープロフィール

出川塁(でがわ るい)

1977年熊本県生まれ。上智大学文学部卒業後、出版社2社で競馬専門誌、競馬書籍の編集に携わり、2007年からフリーライターに。「競馬最強の法則」「サラブレ」「優駿」などへ寄稿するほか、出版社勤務時代を含めて制作に関わった競馬書籍は多数。馬券は単勝派だが、焼肉はタン塩派というわけではない。メインの競馬のほか、サッカーでも密かに活動中。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN