第1017回 単勝1倍台で敗退した馬の次走を考える|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1017回 単勝1倍台で敗退した馬の次走を考える

2016/6/6(月)

今年の安田記念は、昨年の年度代表馬モーリスが単勝1・7倍の圧倒的1番人気に推されたものの、2着に終わった。ところで、こうした単勝1倍台に支持されながら勝ち切れなかった馬は、次走でどのような成績を収めているのだろうか。今度のレースこそ信用していいのか、それともやっぱり信用できないのか。取捨に迷う場面のひとつだ。そこで、今回は「単勝1倍台に推されながら2着以下に敗れた馬の次走成績」について、着順と人気の相関関係を調べてみたい。集計期間は2011年1月5日〜2016年5月29日。データ分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 単勝1倍台1番人気2着馬の次走・人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
1番人気 253-107- 66-151/577 43.8% 62.4% 73.8% 77% 84%
2番人気 20- 25- 19- 60/124 16.1% 36.3% 51.6% 57% 73%
3番人気 5-  7-  7- 19/ 38 13.2% 31.6% 50.0% 62% 77%
4番人気 2-  2-  2- 14/ 20 10.0% 20.0% 30.0% 69% 70%
5番人気 0-  0-  0-  5/  5 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
6番人気 0-  0-  0-  3/  3 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
7番人気 0-  0-  0-  1/  1 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
8番人気 0-  0-  1-  2/  3 0.0% 0.0% 33.3% 0% 156%
9番人気 0-  0-  0-  1/  1 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
10番人気以下 0-  0-  0-  3/  3 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

2016/6/5 東京11R 安田記念(G1) 1着 6番 ロゴタイプ

表1は「単勝1倍台で2着に敗れた馬の次走成績を人気別に調べたもの」である。集計期間内の該当例は延べ775回あり、そのうち577回は次走でも1番人気に支持されている。その結果は良好で、勝率43.8%は標準的な1番人気を大きく上回っている。単勝1倍台の期待に応えられなかったのに次走でも1番人気、という馬にネガティブな印象を持つ人もいるかもしれないが、むしろ信用度は高い。反面、次走で2番人気に落ちた場合は、標準的な2番人気の成績を下回っており、このケースでは注意が必要になる。

■表2 単勝1倍台1番人気3着馬の次走・人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
1番人気 82- 46- 36- 81/245 33.5% 52.2% 66.9% 73% 81%
2番人気 14- 26- 15- 36/ 91 15.4% 44.0% 60.4% 58% 89%
3番人気 0-  5-  5- 16/ 26 0.0% 19.2% 38.5% 0% 71%
4番人気 2-  3-  2- 15/ 22 9.1% 22.7% 31.8% 61% 71%
5番人気 2-  1-  0-  7/ 10 20.0% 30.0% 30.0% 288% 112%
6番人気 0-  0-  1-  3/  4 0.0% 0.0% 25.0% 0% 102%
7番人気 0-  0-  0-  1/  1 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
8番人気 0-  0-  0-  0/  0          
9番人気 0-  1-  0-  1/  2 0.0% 50.0% 50.0% 0% 330%
10番人気以下 0-  0-  0-  2/  2 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

表2は「単勝1倍台で3着に敗れた馬の次走成績を人気別に調べたもの」である。このシチュエーションでも次走で1番人気に支持された馬の成績は悪くなく、わずかではあるが標準的な1番人気の数字を上回っている。単勝1倍台で3着という前走を理由にとりたてて評価を下げる必要はなさそうだ。次走で2番人気になった場合は面白い傾向が出ており、勝率15.4%は2番人気としては振るわないものの、連対率、複勝率、複勝回収率は優秀で、軸馬としては信頼できる。そして、該当例は少ないが、5〜9番人気も高い回収率を記録している。10番人気以下まで評価を落とすようだとさすがに厳しいが、ひとケタ人気に収まっていれば押さえておいていいだろう。

■表3 単勝1倍台1番人気4、5着馬の次走・人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
1番人気 56- 35- 22- 50/163 34.4% 55.8% 69.3% 81% 91%
2番人気 21- 19- 18- 38/ 96 21.9% 41.7% 60.4% 81% 92%
3番人気 6-  5- 10- 33/ 54 11.1% 20.4% 38.9% 53% 79%
4番人気 4-  3-  2- 12/ 21 19.0% 33.3% 42.9% 148% 88%
5番人気 2-  0-  1-  6/  9 22.2% 22.2% 33.3% 210% 78%
6番人気 0-  2-  1- 11/ 14 0.0% 14.3% 21.4% 0% 71%
7番人気 0-  0-  1-  6/  7 0.0% 0.0% 14.3% 0% 37%
8番人気 1-  0-  0-  1/  2 50.0% 50.0% 50.0% 965% 260%
9番人気 0-  0-  1-  1/  2 0.0% 0.0% 50.0% 0% 345%
10番人気以下 0-  0-  1-  3/  4 0.0% 0.0% 25.0% 0% 95%

表3は「単勝1倍台で4、5着に敗れた馬の次走成績を人気別に調べたもの」である。実は、このシチュエーションに該当する馬の成績は人気を問わず優秀で、全体で単勝回収率83%、複勝回収率90%となっている。人気別の成績を見ても総じて良好な数字が残っており、1、2番人気は好走率、回収率ともに水準以上。そして、目を見張るのが4番人気以下のゾーンで、この人気とは思えないほどの好走率を残し、当然ながら回収率も高い。前走で単勝1倍台に推されながら、馬券圏内を外す4、5着に敗れた馬というとイメージはよくないかもしれないが、実は馬券的には狙い目。具体例として、今年の桜花賞で単勝1・5倍の1番人気に推されながら4着に敗れたものの、次走のNHKマイルCを快勝したメジャーエンブレムを挙げておきたい。

■表4 単勝1倍台1番人気6〜9着馬の次走・人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
1番人気 31- 13- 10- 23/ 77 40.3% 57.1% 70.1% 92% 96%
2番人気 12-  9-  6- 28/ 55 21.8% 38.2% 49.1% 79% 79%
3番人気 9-  3-  6- 35/ 53 17.0% 22.6% 34.0% 90% 64%
4番人気 2-  4-  5- 17/ 28 7.1% 21.4% 39.3% 45% 109%
5番人気 1-  1-  1-  9/ 12 8.3% 16.7% 25.0% 80% 60%
6番人気 0-  0-  1-  9/ 10 0.0% 0.0% 10.0% 0% 35%
7番人気 0-  0-  0-  6/  6 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
8番人気 0-  0-  0-  2/  2 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
9番人気 0-  0-  0-  2/  2 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
10〜人気 0-  0-  0-  3/  3 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

2016/5/8 東京11R NHKマイルカップ(G1) 1着 4番 メジャーエンブレム

表4は「単勝1倍台で6〜9着に敗れた馬の次走成績を人気別に調べたもの」である。ここに該当するのは、単勝1倍台なのに掲示板にすら載れなかった馬ということになるが、それでも次走で1番人気に推された馬の成績は非常に優秀。また、2、3番人気の好走率も良好だ。仮に前走で狙ってガッカリした経験があったとしても、今走で上位人気に支持されているようであれば、前走は前走、今走は今走と考えたほうがよさそうだ。

■表5 単勝1倍台1番人気10着以下馬の次走・人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
1番人気 9- 3- 0-10/22 40.9% 54.5% 54.5% 103% 81%
2番人気 6- 3- 1-11/21 28.6% 42.9% 47.6% 117% 85%
3番人気 1- 4- 1- 9/15 6.7% 33.3% 40.0% 40% 74%
4番人気 1- 2- 0- 9/12 8.3% 25.0% 25.0% 50% 61%
5番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
6番人気 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3% 0% 126%
7番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
8番人気 0- 0- 0- 0/ 0          
9番人気 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
10番人気以下 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

表5は「単勝1倍台で10着以下に敗れた馬の次走成績を人気別に調べたもの」である。単勝1倍台で10着以下となるとさすがに該当例が少なくなるようだ。1、2番人気に共通しているのが、勝率と単勝回収率は非常に高いものの、連対率、複勝率、複勝回収率はそれほどでもないこと。勝つか負けるかの極端な傾向が出ており、馬券では思い切りが求められる。一方、3番人気以下の成績は総じて振るわない。このシチュエーションにおいては、前走より人気が落ちたという評価を素直に受け取ったほうがいいだろう。

ライタープロフィール

出川塁(でがわ るい)

1977年熊本県生まれ。上智大学文学部卒業後、出版社2社で競馬専門誌、競馬書籍の編集に携わり、2007年からフリーライターに。「競馬最強の法則」「サラブレ」「優駿」などへ寄稿するほか、出版社勤務時代を含めて制作に関わった競馬書籍は多数。馬券は単勝派だが、焼肉はタン塩派というわけではない。メインの競馬のほか、サッカーでも密かに活動中。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN