第1011回 アンタレスS組の逆転に要注意 平安Sを分析する|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第1011回 アンタレスS組の逆転に要注意 平安Sを分析する

2016/5/16(月)

今週は平安Sとオークスの2重賞。まず月曜掲載分の今回は、土曜に京都競馬場で行われる平安Sを取り上げたい。13年に現在の時期に移動して今年で4回目になるが、10〜12年には同じ京都ダート1900mで東海Sが行われていたため、それも含め6回分を対象として分析したい。データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JV馬天楼 for データde出〜たを利用した。

■表1 人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収 平安S
1 1- 1- 0- 4/ 6 16.7% 33.3% 33.3% 23% 46% 1-0-0-2
2 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7% 80% 26% 0-0-0-3
3 1- 2- 0- 3/ 6 16.7% 50.0% 50.0% 65% 100% 0-1-0-2
4 2- 0- 1- 3/ 6 33.3% 33.3% 50.0% 218% 156% 1-0-1-1
5 0- 0- 3- 3/ 6 0.0% 0.0% 50.0% 0% 136% 0-0-2-1
6 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7% 0% 76% 0-0-0-3
7 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7% 0% 111% 0-1-0-2
8 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7% 0% 98% 0-1-0-2
9 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0% 0-0-0-3
10 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0% 148% 0-0-0-3
11〜 1- 0- 1-30/32 3.1% 3.1% 6.3% 234% 88% 1-0-0-17

2015/5/23 京都11R 平安ステークス(G3) 1着 1番 4番人気 インカンテーション

まず人気別の成績では、1番人気は【1.1.0.4】で、平安Sになった過去3回も好走はニホンピロアワーズ1頭のみ。また、2番人気も【1.0.0.5】(平安Sでは好走なし)に終わっており、1〜2番人気は今ひとつ。3〜5番人気がいずれも複勝率50.0%、そして複勝回収率も100%を超えているため、上位人気の中でも少しずらした狙いがおもしろいレースだ。また、G3の平安Sになった過去3年では、7番人気以下が半数の3連対。さらに人気薄の馬にも警戒が必要だ。

■表2 性齢別成績

性別 年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収 平安S
牡・セン 4歳 2-2-0-22/26 7.7% 15.4% 15.4% 303% 103% 1-1-0-14
5歳 3-3-3-20/29 10.3% 20.7% 31.0% 61% 135% 1-1-0-9
6歳 1-1-0-12/14 7.1% 14.3% 14.3% 10% 50% 1-1-0-5
7歳以上 0-0-2-17/19 0.0% 0.0% 10.5% 0% 26% 0-0-2-13
牝馬 0-0-1-3/4 0.0% 0.0% 25.0% 0% 105% 0-0-1-0

牡・セン馬の年齢別では5歳馬が優勢で、次いで4歳馬。ただ、G2・東海Sの3回では好走馬6頭すべて4〜5歳馬だったのに対し、平安Sになってからは6歳馬が2連対、7歳以上も3着2回(ともに7歳馬)。好走馬の年齢が幅広くなってきている点には注意したい。5歳馬中心には変わりないものの、ベテランの軽視は禁物だ。なお、牝馬は14年に5歳のワイルドフラッパー(4番人気)が3着に入っている。

■表3 枠番・脚質別成績

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収
1枠 3-0-2-6/11 27.3% 27.3% 45.5% 104% 181%
2枠 0-0-0-12/12 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
3枠 1-2-1-8/12 8.3% 25.0% 33.3% 57% 115%
4枠 1-1-0-9/11 9.1% 18.2% 18.2% 43% 68%
5枠 1-0-0-11/12 8.3% 8.3% 8.3% 624% 140%
6枠 0-2-1-8/11 0.0% 18.2% 27.3% 0% 60%
7枠 0-0-0-12/12 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
8枠 0-1-2-8/11 0.0% 9.1% 27.3% 0% 160%
逃げ 1-2-0-3/6 16.7% 50.0% 50.0% 103% 143%
先行 3-2-3-12/20 15.0% 25.0% 40.0% 405% 164%
中団 2-2-3-31/38 5.3% 10.5% 18.4% 28% 107%
後方 0-0-0-27/27 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
マクリ 0-0-0-1/1 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
※脚質はTarget frontier JVによる分類

2013/5/18 京都11R 平安ステークス(G3) 1着 1番 ニホンピロアワーズ

枠番別の成績では、1枠が【3.0.2.6】で複勝率45.5%の好成績をマーク。隣の2枠から好走馬が出ていない点はやや気になるものの、まず1枠を引いた馬には注目したい。また、6〜8枠からは2〜3着馬こそいるものの、優勝馬は出ていない。

一方、表の下部に記した脚質別では、逃げ・先行が安定した成績。中団からでも好走馬は出ているため差し馬も無視はできないが、後方追走を強いられた馬は【0.0.0.27】。3コーナーの通過順で見ると、12番手以下になると【0.0.0.21】と苦戦している。

■表4 前走クラス・レース別成績

前走 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収 複回収 平安S
1600万下 0-0-1-11/12 0.0% 0.0% 8.3% 0% 74% 0-0-0-8
OPEN特別 1-1-1-20/23 4.3% 8.7% 13.0% 30% 43% 0-0-1-12
G3 4-5-2-30/41 9.8% 22.0% 26.8% 207% 131% 2-3-1-15
G2 0-0-0-3/3 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0% 0-0-0-2
G1 1-0-1-0/2 50.0% 50.0% 100.0% 310% 275% 1-0-0-0
地方 0-0-1-9/10 0.0% 0.0% 10.0% 0% 42% 0-0-1-2
アンタレスS 4-5-1-25/35 11.4% 25.7% 28.6% 242% 120% 2-3-1-13
ブリリアントS 1-0-1-14/16 6.3% 6.3% 12.5% 43% 33% 0-0-1-8
フェブラリーS 1-0-1-0/2 50.0% 50.0% 100.0% 310% 275% 1-0-0-0
エスペランサS 0-1-0-0/1 0.0% 100.0% 100.0% 0% 460%
マーチS 0-0-1-4/5 0.0% 0.0% 20.0% 0% 232% 0-0-0-2
マリーンC 0-0-1-2/3 0.0% 0.0% 33.3% 0% 140% 0-0-1-0
両国S 0-0-1-0/1 0.0% 0.0% 100.0% 0% 890%

前走に関してはG3、特にアンタレスS出走馬の好走馬が多く、過去6年の連対馬12頭中9頭を占めている。ただし、3着馬は6頭中5頭がアンタレスS以外のため、3連単フォーメーションで買い目を削減したい場合には覚えておきたい傾向だ。

■表5 前走アンタレスS出走の好走馬(1)

レース 馬名 性齢 人気 着順 前走コース 前走人気 前走着順 ダ18〜20重賞
10 東海S シルクメビウス 牡4 3 1 京都 3 5 JCダート2着
トランセンド 牡4 1 2 1 8 レパードS1着
11 ワンダーアキュート 牡5 2 1 1 2 シリウスS1着
12 ニホンピロアワーズ 牡5 3 2 阪神 2 5 名古屋大賞典1着
13 平安S ニホンピロアワーズ 牡6 1 1 2 2 JCダート1着
ナイスミーチュー 牡6 8 2 6 5 シリウスS1着
14 クリノスターオー 牡4 12 1 9 16 マーチS5着
ソロル 牡4 7 2 4 12 マーチS1着
15 クリノスターオー 牡5 3 2 6 1 平安S1着
ローマンレジェンド 牡7 5 3 3 6 東京大賞典1着

そのアンタレスSからの好走馬は表5の10頭。G2の東海Sだった12年までは、前走も今回も3番人気以内の馬ばかりが好走していた。しかし、平安Sになってからの好走馬6頭を見ると、前走6番人気以下が半数の3頭、さらに今回6番人気以下も同じく3頭を占めている。

また、この6回を通じてアンタレスSの連対馬は【2.1.0.6】連対率33.3%と、目立って良いというほどではない。人気にもなりがちなため、単複の回収率は68%、54%止まりだ。さらに、3〜4着馬は【0.0.0.5】と好走がない。しかし、5着以下の馬全体では【2.4.1.14】連対率28.6%、複勝率33.3%と、連対馬と遜色ない成績を残している。配当妙味(単複の回収率375%、178%)も加味すれば、アンタレスS組なら5着以下の馬を狙いたくなるデータだ。

ほかに、この組の好走馬10頭のうち、クリノスターオー(14年)を除く9頭は、ダート1800〜2000mの重賞で連対した実績(8頭は1着)を持っていた。G3戦ではあるものの、ダート重賞実績は欠かせない。

■表6 前走アンタレスS出走の好走馬(2)

レース 馬名 性齢 人気 着順 前々走 前々走人気 前々走着順
10 東海S シルクメビウス 牡4 3 1 JCダート 5 2
トランセンド 牡4 1 2 アルデバランS 2 1
11 ワンダーアキュート 牡5 2 1 名古屋大賞典 2 2
12 ニホンピロアワーズ 牡5 3 2 名古屋大賞典 1 1
13 平安S ニホンピロアワーズ 牡6 1 1 JCダート 6 1
ナイスミーチュー 牡6 8 2 仁川S 4 1
14 クリノスターオー 牡4 12 1 マーチS 9 5
ソロル 牡4 7 2 マーチS 3 1
15 クリノスターオー 牡5 3 2 チャンピオンズC 7 8
ローマンレジェンド 牡7 5 3 フェブラリーS 4 5

好走馬の多いアンタレスS組についてはもうひとつ、前々走の成績を調べたのが表6で、前々走で連対していた馬が10頭中7頭。残る3頭のうち、昨年2、3着のクリノスターオーとローマンレジェンドは、前々走でG1に出走していた。アンタレスSの成績に関わらず、前々走連対かG1出走馬がこの組の狙いだ。

■表7 前走アンタレスS以外からの好走馬

レース 馬名 性齢 人気 着順 前走 前走人気 前走着順 ダ18〜20重賞
10 東海S アルトップラン 牡5 10 3 両国S 3 1 未経験
11 ランフォルセ 牡5 6 2 エスペランサS 2 1 未経験
シルクメビウス 牡5 5 3 フェブラリーS 6 8 東海S1着
12 ソリタリーキング 牡5 4 1 ブリリアントS 5 1 レパードS3着
サイレントメロディ 牡5 11 3 マーチS 6 1 マーチS1着
13 平安S ナムラタイタン 牡7 5 3 ブリリアントS 3 4 東海S2着
14 ワイルドフラッパー 牝5 4 3 マリーンC 1 1 TCK女王盃2着
15 インカンテーション 牡5 4 1 フェブラリーS 5 2 みやこS1着

最後に、前走アンタレスS以外からの好走馬も見ておきたい。こちらの特徴は、まず好走馬8頭中7頭が5歳馬だったこと。表5に記したように、アンタレスS組の年齢は分散していたが、こちらはまず年齢をチェックしたい。さらに、ダート1800〜2000mの重賞で3着以内の実績を持つことが理想で(6頭)、未経験なら前走1着。加えて、表には記していないが、前走3着以下だった2頭は前々走でG1に出走していた。

以上、平安Sからいくつかデータを取り上げてみた。本稿執筆時点ではまだ登録馬が発表されたばかりで出走馬は不明だが、今年も前走アンタレスS出走馬が9頭登録してきた。同レース1、2着のアウォーディー、アスカノロマンが人気に推されそうで、データ的にも有力だろう。

ただ、表5本文でも記したように、この組なら5着以下に敗れた馬のほうが配当的にはおもしろい。さらに、重賞連対実績があり(表5)、加えて前々走で連対かG1に出走していた馬となると(表6)、アンタレスS5着のロワジャルダン、同6着のショウナンアポロンを、現時点での注目馬として挙げておきたい。別路線(表7)なら、5歳のアムールブリエだろうか。

ライタープロフィール

浅田知広(あさだ ともひろ)

1970年12月、埼玉県生まれ。立命館大学文学部中退後、夕刊紙レース部のアルバイト、競馬データベース会社を経て、現在はフリー。パソコンが広く普及する以前から、パソコン通信でデータ手入力方式の競馬予想ソフトを公開するなど、競馬のみならずPCやネットワークにも精通。その知識を活かし、Webや雑誌で競馬ライターとして活躍するかたわら、ネットワークの専門誌にも連載を持つ。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN