第1000回特別版 皐月賞展望|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

2016/4/13(水)

無敗馬には鬼門の皐月賞!?(ケンタロウ)

ついに区切りの1000回を迎えたデータde出〜た。私は第638回から参加させていただいている。1000回目はライター全員での皐月賞分析とのことで、早速過去10年(2011年東京開催を含む)のデータから戦績面で分析していきたい。

タイトルで「無敗馬には鬼門」と示したが、過去10年で無敗のまま皐月賞へと挑戦したのは7頭。それらの皐月賞での成績を列記していくと、06年フサイチジャンク3着、07年フサイチホウオー3着、09年ロジユニヴァース14着、12年シルバーウエイブ15着、14年トーセンスターダム11着、15年キタサンブラック3着・サトノクラウン6着となっている。驚くことに勝ち馬どころか、連対馬すら出ていない。フサイチジャンク、フサイチホウオー、昨年のキタサンブラックの3着が最高成績で、他の4頭はいずれも着外に敗れていた。

無敗で皐月賞を制したのは11年前のディープインパクトまでさかのぼる。つまり、他の出走馬とかなりの力の差がなければ、勝利はもちろん好走も難しいといえそうだ。そして今年、3戦3勝の土付かずで出走予定なのがサトノダイヤモンドとマカヒキ。どちらもディープインパクト産駒で父同様に無敗のクラシック制覇となるか、またはデータどおり鬼門となるのか。この2頭の人気面を考えても、他馬を狙う手は大いにありそうだ。

それではどういった戦績の馬が好走しているのか。過去10年の3着以内馬30頭を分析すると、皐月賞までに勝率50%以上だった馬が21頭、勝率50%未満でも連対率で50%以上だった馬が7頭、それ以外が2頭となった。連対率で50%を超えている馬が最低条件で、勝率50%を超えている馬を狙いたい。また、09年以降の連対馬14頭のうち、前走2着以内だった馬は13頭(例外は13年2着エピファネイアのみ)を占めている。

2016/3/20 中山11R スプリングS(G2) 1着 1番 マウントロブソン

好走馬30頭の前走がすべてオープン・重賞だったことから、以上のデータから浮上するのはアドマイヤダイオウ、ディーマジェスティ、プロフェット、マウントロブソン、リオンディーズの5頭となった。この中から推奨馬として3連勝中でも中位人気におさまりそうなマウントロブソン、割り引きたい馬としては3連勝中のサトノダイヤモンド・マカヒキを挙げておきたい。

【1000回記念にあたり一言】

データde出〜た1000回記念にあたり、私もライターの一人として参加させていただいていることをうれしく思います。今後もデータで紐解く競馬の面白さを伝えていければと考えています。

ライタープロフィール

ケンタロウ(けんたろう)

1978年6月、鹿児島県生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。初めて買った馬券が大当たりし、それから競馬にのめり込むように。データでは、開催日の馬場やコース適性に注目している。好きなタイプは逃げか追い込み。馬券は1着にこだわった単勝、馬単派。料理研究家ではない。

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN