第980回 牝馬クラシックへ名乗り!エルフィンSを分析する|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第980回 牝馬クラシックへ名乗り!エルフィンSを分析する

2016/2/1(月)

今週は京都で土曜にエルフィンS、日曜にきさらぎ賞と牝馬・牡馬の注目レースが2鞍行われる。今回のデータde出〜たでは、桜花賞へ向けて重要なステップレースのエルフィンSをピックアップ。過去にはウオッカやマルセリーナらが勝利し、昨年の勝ち馬クルミナルも桜花賞で2着と好走している。牝馬クラシックへ重要な一戦を過去5年のデータから分析していきたい。なお、データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 エルフィンSの過去5年の成績

年/馬場 着順 馬名 勝ちタイム 人気 4角通過順 上がり3F 前半800m通過 レース上がり
2015(良) 1 クルミナル 1分35秒3 1 5 33秒5 49秒1 33秒9
2 ナガラフラワー 2馬身 7 9 33秒4
3 ジルダ 2馬身 5 2 34秒4
2014(重) 1 シャイニーガール 1分37秒7 8 1 34秒8 50秒4 34秒8
2 ショウナンパンドラ 1馬身3/4 1 7 34秒0
3 チョコレートバイン 1馬身3/4 2 2 35秒1
2013(良) 1 トーセンソレイユ 1分35秒4 2 9 33秒5 48秒5 35秒1
2 ウインプリメーラ 1/2馬身 1 4 34秒2
3 グッドレインボー ハナ 4 2 34秒4
2012(良) 1 サンシャイン 1分36秒9 2 2 33秒8 50秒1 34秒0
2 フレイムコード 1馬身1/2 6 1 34秒2
3 タガノキャンドル クビ 3 4 34秒0
2011(良) 1 マルセリーナ 1分34秒4 2 4 34秒2 47秒7 34秒6
2 ノーブルジュエリー 1馬身1/4 1 2 34秒7
3 グルヴェイグ 1馬身 3 4 34秒7

2011/2/5 京都9R エルフィンステークス 1着 5番 マルセリーナ

まず表1はエルフィンSの過去5年の上位3着馬の一覧。11年1着のマルセリーナは続く桜花賞を優勝、昨年のクルミナルも桜花賞2着・オークス3着と活躍しており、例年素質馬が出走するレースとなっている。ここで敗れた馬の中からもショウナンパンドラやストレイトガールといったG1馬へと成長する馬も出ている。

レースの中身を見ていくと、平均ペースだった11年以外の近4年はいずれも前半800m通過が48秒5〜50秒4のスローペースとなっている。ペースが上がるレース後半での瞬発力勝負になることがほとんどで、実際に速い上がりを使った馬が上位に好走している。

3着以内馬で上がり35秒台だったのは重馬場だった14年3着のチョコレートバインだけで、他の馬はすべて33〜34秒台の上がりを使っていた。人気のあるなしに関わらず、瞬発力勝負に強いタイプを積極的に狙っていきたいところだ。

■表2 エルフィンSのキャリア別成績(過去5年)

キャリア 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1戦 2- 2- 2- 3/ 9 22.2% 44.4% 66.7% 93% 121%
2戦 2- 1- 1-10/14 14.3% 21.4% 28.6% 46% 47%
3戦 1- 0- 2-10/13 7.7% 7.7% 23.1% 120% 52%
4戦 0- 2- 0- 4/ 6 0.0% 33.3% 33.3% 0% 70%
5戦以上 0- 0- 0-16/16 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

続いて表2は出走馬のキャリア別成績。表の黄色で強調したように新馬戦を勝ったばかりの1戦の馬が13年トーセンソレイユ、昨年のクルミナルと2勝をあげており、連対率44.4%・複勝率66.7%と非常に高い。昨年は7番人気で2着と好走したナガラフラワーも該当しており、該当馬がいなかった12年を除いて毎年1頭は好走している。新馬戦を勝ったばかりでオープンに使うのは、クラシックに向かいたいという陣営の期待の表れだろう。

2戦の馬は11年マルセリーナ、12年サンシャインの2勝。2頭ともに前走シンザン記念を使われており、1戦の馬と同じく期待が大きかったことがうかがえる。3戦の馬は14年シャイニーガールの1勝。勝ち馬は1〜3戦の間におさまっていた。4戦の馬は勝ち星こそないが、2着2回で連対率・複勝率は高い。なお、5戦以上の馬はすべて4着以下で苦戦傾向にある。

■表3 エルフィンSの前走レース別成績(過去5年)

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
新馬 2- 2- 1- 2/ 7 28.6% 57.1% 71.4% 120% 131%
シンザン記念 2- 0- 0- 0/ 2 100.0% 100.0% 100.0% 325% 135%
紅梅S 1- 1- 1-10/13 7.7% 15.4% 23.1% 120% 66%
未勝利 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0% 65%
フェアリーS 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0% 0% 140%
未勝利・牝 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0% 0% 52%
新馬・牝 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0% 0% 85%
ネモフィラ賞 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0% 150%
その他のレース 0- 0- 0-26/26 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

表3は前走レース別成績。表2で示したキャリア1戦の馬のなかでも前走牡馬混合の新馬戦を勝利した馬が好成績を残している。単勝回収率・複勝回収率ともに100%を超えており、このパターンの馬は必ずチェックしておきたい。

また、シンザン記念組は表2でも述べたように2戦2勝。それに比べると、紅梅Sは13頭出走して14年シャイニーガールの1勝のみで連対率・複勝率ともに低い。この組で3着以内に入った3頭はいずれも5番人気以下で、そのうち2頭は前走6着以下から巻き返していた。紅梅S組は前走着順が良い馬よりも着順が悪くても巻き返す可能性がありそうな穴馬を狙っていきたい

他では牡馬混合の未勝利組は14年ショウナンパンドラ、フェアリーS組は13年ウインプリメーラが連対している。全体的な傾向として、前走で牝馬限定戦よりも牡馬混合戦を使われた馬が好成績を残していることがわかる。

■表4 エルフィンSの前走距離別成績(過去5年)

前走距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収率 複勝回収率
1200m 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
1400m 1- 2- 1-17/21 4.8% 14.3% 19.0% 74% 46%
1600m 2- 1- 3-16/22 9.1% 13.6% 27.3% 29% 42%
1800m 2- 1- 1- 1/ 5 40.0% 60.0% 80.0% 168% 164%
2000m 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0% 0% 65%

表4は前走距離別成績。出走数は少ないものの、前走1800m戦を使われた馬の成績が非常に良い。昨年は1着クルミナル、2着ナガラフラワーともに芝1800の新馬戦を使われていた。前走2000m組も14年ショウナンパンドラが2着に入っており、距離短縮組に注目だ。

前走1600m組と前走1400m組の比較では、複勝率で前走1600m組の方が高い。なお、距離延長組でも前走1200m組は苦戦傾向にある。

■表5 エルフィンSでのディープインパクト産駒の成績(過去5年)

年度 馬名 人気 着順 前走成績
2015 クルミナル 1 1 新馬(京都芝1800m)1着
2014 ショウナンパンドラ 1 2 未勝利(京都芝2000m)1着
チョコレートバイン 2 3 新馬・牝(京都芝1600m)1着
ラグタイム 10 9 菜の花賞(中山芝1600m)5着
2013 ディープサウス 3 4 白梅賞(京都芝1600m)4着
ウリウリ 6 5 白菊賞(京都芝1600m)5着
2011 マルセリーナ 2 1 シンザン記念3着
グルヴェイグ 3 3 新馬(阪神芝1600m)1着
ケイティーズジェム 4 4 紅梅S(京都芝1400m)4着
メデタシ 7 5 未勝利・牝(京都芝1600m)1着

2015/2/7 京都10R エルフィンステークス 1着 2番 クルミナル

最後に表5は出走数が最も多いディープインパクト産駒の成績一覧。昨年優勝のクルミナルをはじめ黄色で示した3着以内馬はいずれも前走で1着もしくはシンザン記念で3着以内であり、今回のエルフィンSで3番人気以内に支持されていた。

ディープインパクト産駒で連対したマルセリーナ、ショウナンパンドラ、クルミナルはいずれも後に牝馬三冠で勝利もしくは2着に好走している。阪神JFを勝利したメジャーエンブレムに対抗する存在があらわれるか、今年のエルフィンSにぜひ注目していただきたい。

ライタープロフィール

ケンタロウ(けんたろう)

1978年6月、鹿児島県生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。初めて買った馬券が大当たりし、それから競馬にのめり込むように。データでは、開催日の馬場やコース適性に注目している。好きなタイプは逃げか追い込み。馬券は1着にこだわった単勝、馬単派。料理研究家ではない。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN