第951回 ここにきて産駒が好調のメイショウサムソンを分析!|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第951回 ここにきて産駒が好調のメイショウサムソンを分析!

2015/10/19(月)

先週の土曜、10月17日の京都競馬場で出走した産駒3頭がすべて勝利を収めるという快挙を達成したのがメイショウサムソンだ。この日に限らず、その産駒は今年に入ってから総じて好調で、馬券でも見逃せない存在となりつつある。今回の『データde出〜た』では、そんな種牡馬メイショウサムソンについて調べてみよう。集計期間は産駒が中央競馬で初出走した2012年7月1日から2015年10月18日。データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 年度別成績

着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
2012年 0-  7-  6- 60/ 73 0.0% 9.6% 17.8% 0% 140%
2013年 21- 17- 33-266/337 6.2% 11.3% 21.1% 50% 91%
2014年 32- 20- 42-386/480 6.7% 10.8% 19.6% 52% 68%
2015年 43- 35- 32-421/531 8.1% 14.7% 20.7% 98% 65%
※2015年の成績は10月18日までのもの

表1は年度別成績。種牡馬としてのメイショウサムソンが最初に話題になったのが、2012年にデビューした初年度産駒が2歳戦で1勝もできなかったことだった。その不名誉なイメージを現在まで引きずっている印象は否めないのだが、実際の成績は年を追うごとに上昇しており、今年の勝率と連対率は過去最高の数値を記録している。今年の成績ではもうひとつ、3着数より2着数、2着数より1着数が多い点も見逃してはならないところで、単勝回収率も98%と優秀だ。過去のイメージは忘れて、現在のメイショウサムソンは勝ち切れる種牡馬と認識を改めたほうがいいかもしれない。

■表2 馬場別成績

馬場 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
全体 96-  79- 113-1133/1421 6.8% 12.3% 20.3% 66% 76%
67- 54- 62-647/830 8.1% 14.6% 22.0% 92% 81%
ダート 27- 24- 48-461/560 4.8% 9.1% 17.7% 30% 67%
障害 2- 1- 3-25/31 6.5% 9.7% 19.4% 22% 110%

表2は馬場別成績。芝とダートの数値を比較すると、5項目すべてで芝のほうがハッキリと数値が高く、メイショウサムソンは明らかに芝向きの種牡馬と言える。なお、芝に限った今年の成績は【28.25.17.228】、勝率9.4%、複勝率23.5%、単勝回収率141%、複勝回収率78%だから、芝のレースにメイショウサムソン産駒が出てきたら、今後しばらくはそれだけで要注意の存在と言っても過言ではないだろう。

■表3 人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
1番人気 25-  12-   9-  25/  71 35.2% 52.1% 64.8% 95% 90%
2番人気 22-  18-  11-  39/  90 24.4% 44.4% 56.7% 111% 100%
3番人気 16-  10-  18-  52/  96 16.7% 27.1% 45.8% 111% 107%
4番人気 5-  10-  12-  71/  98 5.1% 15.3% 27.6% 35% 65%
5番人気 7-  10-  14-  66/  97 7.2% 17.5% 32.0% 81% 88%
6番人気 9-   7-  12-  97/ 125 7.2% 12.8% 22.4% 105% 84%
7番人気 5-   2-   8-  87/ 102 4.9% 6.9% 14.7% 84% 69%
8番人気 3-   3-   6-  91/ 103 2.9% 5.8% 11.7% 81% 79%
9番人気 2-   2-   6- 101/ 111 1.8% 3.6% 9.0% 52% 62%
10番人気以下 2-   5-  17- 504/ 528 0.4% 1.3% 4.5% 37% 66%

表3は人気別成績で、メイショウサムソンの産駒は上位人気を背負ったときの信頼性が高いことが見て取れる。1〜3番人気の数値は水準を優に上回っており、単複の回収率もすべて90%以上を記録している。一方で10番人気以下の場合は、好走率が低いのは仕方ないにしても、回収率も冴えない。極端な穴狙いは避けて、最低でもひとケタ人気に収まっている産駒を狙ったほうがよさそうだ。

■表4 クラス別成績(平地戦のみ)

クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
新馬 6-   8-  11- 133/ 158 3.8% 8.9% 15.8% 29% 51%
未勝利 46-  45-  57- 617/ 765 6.0% 11.9% 19.3% 60% 76%
500万下 26-  17-  24- 247/ 314 8.3% 13.7% 21.3% 89% 81%
1000万下 12-   5-  11-  58/  86 14.0% 19.8% 32.6% 96% 81%
1600万下 2-   2-   6-  19/  29 6.9% 13.8% 34.5% 35% 99%
オープン特別 2-   1-   1-  15/  19 10.5% 15.8% 21.1% 284% 172%
G3 0-   0-   0-   8/   8 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
G2 0-   0-   0-   7/   7 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%
G1 0-   0-   0-   4/   4 0.0% 0.0% 0.0% 0% 0%

表4はクラス別成績。ここでの集計対象は平地戦のみとし、障害戦は除外している。表4を見て最初にまず目につくのは、平地重賞での好走例が一度もないことではないだろうか。また、新馬戦の成績も振るわない。メイショウサムソンへの注目度が上がってこない理由のひとつに、重賞や新馬戦といった注目されるクラスで結果を残していないことがありそうだ。対して、500万下からオープン特別まででは手堅く走っており、馬券で狙うとしたらこれらのクラスがいいだろう。

■表5 距離別成績(平地戦のみ)

距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
1000m〜1300m 9-   7-  11- 114/ 141 6.4% 11.3% 19.1% 93% 63%
1400m〜1600m 11-  11-  16- 208/ 246 4.5% 8.9% 15.4% 41% 58%
1700m〜2000m 61-  50-  71- 679/ 861 7.1% 12.9% 21.1% 55% 81%
2100m〜2400m 10-   9-   6-  94/ 119 8.4% 16.0% 21.0% 177% 66%
2500m〜 3-   1-   6-  13/  23 13.0% 17.4% 43.5% 76% 153%

表5は距離別成績(平地戦のみ)で、全体として距離が延びるほど数値が高くなる傾向にあると考えていいだろう。特に2500m以上の好走率が非常に高く、長距離戦での信頼度は抜群だ。ただし、芝に限ったデータを見ると、もっとも短い1000〜1300mのゾーンで【8.6.7.55】、勝率10.5%、複勝率27.6%、単勝回収率165%、複勝回収率92%という好成績を残している点に注意しておきたい。

■表6 競馬場別成績(芝のみ)

競馬場 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
札幌 0-  3-  3- 23/ 29 0.0% 10.3% 20.7% 0% 67%
函館 2-  1-  3- 20/ 26 7.7% 11.5% 23.1% 278% 103%
福島 5-  7-  5- 63/ 80 6.3% 15.0% 21.3% 31% 87%
新潟 6-  7-  7- 73/ 93 6.5% 14.0% 21.5% 71% 99%
東京 15- 14- 13-109/151 9.9% 19.2% 27.8% 107% 112%
中山 13-  7- 14- 80/114 11.4% 17.5% 29.8% 76% 104%
中京 4-  4-  1- 63/ 72 5.6% 11.1% 12.5% 210% 49%
京都 5-  0-  6- 87/ 98 5.1% 5.1% 11.2% 28% 41%
阪神 6-  4-  7- 78/ 95 6.3% 10.5% 17.9% 67% 48%
小倉 11-  7-  3- 51/ 72 15.3% 25.0% 29.2% 151% 77%

表6は競馬場別成績で、得意とする芝のみを集計対象とした。これを見る限り、メイショウサムソン産駒がもっとも得意とするのは小倉と考えて間違いない。勝率と連対率はいずれもトップの数値で、単勝回収率も151%と非常に高い。内訳を見ても1200mから2600mまで総じて高い好走率を残しており、距離を問わずとにかく小倉の芝コースに高い適性を持っていることが垣間見える。また、東京や中山との相性もいいようだ。注意したいのが阪神で、内回りの【5.2.3.38】、勝率10.4%、単勝回収率125%に対し、外回りでは【1.2.4.40】、勝率2.1%、単勝回収率7%と、内回りと外回りでの乖離が著しい。相性が悪いのは京都で、こちらは内回り、外回りともに振るわない。先週土曜に3戦3勝の離れ業を達成したとはいえ、まだ過信は禁物だろう。

■表7 枠番別成績(芝のみ)

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
1枠 10-  7-  4- 58/ 79 12.7% 21.5% 26.6% 94% 94%
2枠 10-  8-  6- 59/ 83 12.0% 21.7% 28.9% 130% 122%
3枠 9-  5-  4- 88/106 8.5% 13.2% 17.0% 198% 70%
4枠 6-  6- 11- 81/104 5.8% 11.5% 22.1% 123% 129%
5枠 8-  3-  9- 82/102 7.8% 10.8% 19.6% 38% 52%
6枠 9- 12- 11- 73/105 8.6% 20.0% 30.5% 79% 88%
7枠 5-  8-  7-103/123 4.1% 10.6% 16.3% 35% 58%
8枠 10-  5- 10-103/128 7.8% 11.7% 19.5% 60% 57%

メイショウサムソン産駒の枠番別成績を確認したところ、得意とする芝のレースで興味深い傾向が表れていた。表7の通り、内枠(1、2枠)に入ったときの好走率が非常に高いのだ。3、4枠も回収率が高く、真ん中より内の1〜4枠の成績は総じて優秀であることが見て取れる。芝の内枠に入ったメイショウサムソン産駒に要注意だ。

■表8 母父別成績(着別度数順)

母父 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
サンデーサイレンス 19- 17- 25-320/381 5.0% 9.4% 16.0% 55% 61%
アグネスタキオン 15- 11-  6- 58/ 90 16.7% 28.9% 35.6% 108% 92%
エルコンドルパサー 12-  7- 13- 67/ 99 12.1% 19.2% 32.3% 84% 111%
フジキセキ 9-  2-  8- 69/ 88 10.2% 12.5% 21.6% 114% 101%
バブルガムフェロー 5-  5-  7- 22/ 39 12.8% 25.6% 43.6% 79% 93%
ダンスインザダーク 4-  5-  5- 67/ 81 4.9% 11.1% 17.3% 28% 53%
クロフネ 4-  1-  3-  8/ 16 25.0% 31.3% 50.0% 85% 108%
ネオユニヴァース 3-  4-  2- 20/ 29 10.3% 24.1% 31.0% 30% 73%
Wild Again 3-  1-  4- 20/ 28 10.7% 14.3% 28.6% 51% 78%
アドマイヤベガ 3-  1-  3-  5/ 12 25.0% 33.3% 58.3% 188% 127%

メイショウサムソン産駒は、どんな母父を持つ馬が活躍しているのだろうか。それを調べたのが表8の母父別成績。最多勝を挙げているのは母父サンデーサイレンスだが、その数値は低調で、5項目すべてでメイショウサムソン産駒全体の数値にも届かない。圧倒的に多い出走回数によってなんとか勝ち鞍を稼いだ、というのが実情のようだ。相性がいいのは、2位の母父アグネスタキオンと3位の母父エルコンドルパサー。母父アグネスタキオンとの組み合わせでは今週の菊花賞に登録があるマサハヤドリームなどが出ており、表5の項で確認した2500m以上の距離が得意という傾向を考慮すると、ダークホースとして注目してみる価値があるのではないか。母父エルコンドルパサーとの組み合わせからはプリンシパルSを制したサムソンズプライド、エリザベス女王杯4着の実績があるトーセンアルニカと、複数のオープン活躍馬が出ている。

2015/9/5 小倉10R 玄海特別 1着 12番 マサハヤドリーム
2013/5/4 東京11R プリンシパルS	1着 6番 サムソンズプライド

ライタープロフィール

出川塁(でがわ るい)

1977年熊本県生まれ。上智大学文学部卒業後、出版社2社で競馬専門誌、競馬書籍の編集に携わり、2007年からフリーライターに。「競馬最強の法則」「サラブレ」「優駿」などへ寄稿するほか、出版社勤務時代を含めて制作に関わった競馬書籍は多数。馬券は単勝派だが、焼肉はタン塩派というわけではない。メインの競馬のほか、サッカーでも密かに活動中。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN