第950回 意外と混戦? 秋華賞を占う|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第950回 意外と混戦? 秋華賞を占う

2015/10/15(木)

今週日曜日に京都競馬場で秋華賞が行われる。3歳牝馬三冠最後のレースとして注目の一戦だ。おそらく下馬評では春にオークスを制したミッキークイーンが最有力とされるだろうが、実は混戦と言えるメンバー構成かもしれない。その根拠をデータ面から示し、今年のレースを占ってみたい。データは05年以降の過去10年分を参考。データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 過去10年の秋華賞ほか牝馬三冠路線の優勝馬

秋華賞 ローズS オークス 桜花賞 阪神JF
15年 ??? タッチングスピーチ ミッキークイーン レッツゴードンキ ショウナンアデラ
14年 ショウナンパンドラ ヌーヴォレコルト ヌーヴォレコルト ハープスター レッドリヴェール
13年 メイショウマンボ デニムアンドルビー メイショウマンボ アユサン ローブティサージュ
12年 ジェンティルドンナ ジェンティルドンナ ジェンティルドンナ ジェンティルドンナ ジョワドヴィーヴル
11年 アヴェンチュラ ホエールキャプチャ エリンコート マルセリーナ レーヴディソール
10年 アパパネ アニメイトバイオ ※1アパ・サンテ アパパネ アパパネ
09年 レッドディザイア ブロードストリート ブエナビスタ ブエナビスタ ブエナビスタ
08年 ブラックエンブレム マイネレーツェル トールポピー レジネッタ トールポピー
07年 ダイワスカーレット ダイワスカーレット ローブデコルテ ダイワスカーレット ウオッカ
06年 カワカミプリンセス アドマイヤキッス カワカミプリンセス キストゥヘヴン テイエムプリキュア
05年 エアメサイア エアメサイア シーザリオ ラインクラフト ※2ショウナンパントル
※1アパパネとサンテミリオンの同着。※2、04年阪神JF勝ち馬

表1は過去10年の秋華賞優勝馬並びに、その年の三冠路線の優勝馬を示したもの。具体的には秋華賞優勝馬のほかに、ローズS、オークス、桜花賞。そして前年に行われた阪神JFの優勝馬を記した。これを見ると牝馬三冠路線の大まかな流れをつかむことができる。

年によってその傾向は様々だ。例えば、ジェンティルドンナがいた12年は同馬一色の年。桜花賞とオークス、そしてローズSも制し、秋華賞本番も人気に応えて見事に三冠を達成した。アパパネがいた10年も同様で、1頭抜けた馬がいた年は、表1に示した複数のレースで同じ馬が勝利を挙げている。07年はウオッカというもう一頭の別格馬がいたが、桜花賞とローズSを勝っていたダイワスカーレットが秋華賞を制している。実際に複数のレースで勝利という形で結果を残していることが重要であることがわかる。

では今年の場合を考えてみるとしよう。前年の阪神JFを制したのはショウナンアデラ。桜花賞はレッツゴードンキで、オークスはミッキークイーン。そしてトライアルのローズSはタッチングスピーチが優勝した。全部のレースで勝ち馬が異なっている。つまり、「1強」のような状況ではなく、見かけ上は混戦と言っていいメンバー構成だ

2013/10/13 京都11R 秋華賞(G1)1着 16番 メイショウマンボ

今年と同じような状況だったのは13年と11年、そして06年。秋華賞までの4重賞の勝ち馬が異なっていた年だ。その3年分の秋華賞がどのような結末を迎えたかというと、13年と06年はオークス馬が優勝。11年は上がり馬のアヴェンチュラが優勝を果たした。

その点を鑑みると、今年オークスを制しているミッキークイーンにとっては好材料と言えるだろう。ローズSで不覚を取ったものの、メイショウマンボも同様の形で巻き返したからだ。

それ以外の年の結果を見ても、春のクラシック好走馬は何らかの形で秋華賞でもかかわってくることが多い。対象的に前年の阪神JF優勝馬は厳しい結果になることが多い。時期的に早熟性や完成度が求められるレースなので、ここにきてもトップの力を維持するのは相当難しいのではないかと思われる。また、施行時期が近いローズSは逆に結びつきが強い。10年アニメイトバイトや09年ブロードストリートは、秋華賞で2着と好走した。

■表2 秋華賞の注目好走馬(過去10年)

着順 人気 馬名 1800m以上のOP
14年 1 3 ショウナンパンドラ 紫苑S2着
3 4 タガノエトワール ローズS2着
13年 2 2 スマートレイアー  
3 15 リラコサージュ スイートピーS1着
12年 2 2 ヴィルシーナ ローズS2着ほか
3 6 アロマティコ  
11年 2 7 キョウワジャンヌ ローズS3着
10年 3 2 アプリコットフィズ クイーンS1着
08年 1 11 ブラックエンブレム フラワーC1着
2 8 ムードインディゴ ローズS2着
3 16 プロヴィナージュ 関東オークス2着
07年 2 7 レインダンス ローズS3着
06年 2 5 アサヒライジング 米オークス2着
3 4 フサイチパンドラ ローズS3着ほか
05年 3 5 ニシノナースコール  

続いて実際に秋華賞で好走した一部の馬を注目して取り上げてみることにする(表2)。具体的には春のクラシック好走していなかったにもかかわらず、秋華賞で好走した馬を主に取り上げた。

結論から言うと、前走成績もさることながら過去にOPクラスの1800m以上で好走実績があるかどうかに注目すべきだ。昨年優勝のショウナンパンドラは紫苑S2着の実績。一般的には不振と言われる紫苑S組だが、距離の実績があったことは間違いない。もう一つのトライアルであるローズSは3着以内の馬までマークすべきだ。昨年のタガノエトワールや、11年2着のキョウワジャンヌ、そして07年2着のレインダンスなど、本番でも続けて好走しているケースが多い。

あとは前述のアヴェンチュラのように古馬相手にクイーンSを勝っているようだと強力なアドバンテージとなる。そしてスイートピーSやフラワーCといった春の3歳限定戦勝ち馬も侮れない。13年は15番人気のリラコサージュが激走。08年はブラックエンブレムが11番人気で優勝。同年3着のプロヴィナージュはかなり狙いにくいタイプだが、ダートながら2100mの関東オークスで好走を果たしていた。そう考えると1800m以上の好走実績が重要であることがうかがえる。

前走条件クラスだった馬もいる。13年スマートレイアーや05年ニシノナースコールが該当。この手のタイプはやや苦しいが、強い勝ち方をしてきた馬には注意した方がいいだろう。当日上位人気に支持されるような馬が、過去に好走を果たしている。

【結論】
それでは今年の秋華賞出走予定メンバーを見ながら展望してみよう。予定馬は表3の通り。

■表3 秋華賞出走予定馬

馬名 前走成績 1800m以上OP
アースライズ 紫苑S7着 フラワーC2着
アスカビレン 夕月特別1着  
アンドリエッテ ローズS6着  
キャットコイン オークス12着  
クイーンズリング ローズS5着  
クインズミラーグロ 紫苑S1着  
ココロノアイ オークス7着  
シングウィズジョイ ローズS14着 フローラS1着
タッチングスピーチ ローズS1着  
※テルメディカラカラ ローズS10着  
テンダリーヴォイス 紫苑S11着  
ディープジュエリー ローズS7着 スイートピーS1着
ディアマイダーリン オークス11着 フローラS2着
トーセンビクトリー ローズS3着  
ノットフォーマル 紫苑S15着  
ホワイトエレガンス 紫苑S2着  
※マキシマムドパリ 甲武特別1着  
ミッキークイーン ローズS2着 オークス2着
レッツゴードンキ ローズS4着  
※レッドカーラ 久多特別2着  
フルゲート18頭。※は抽選対象。

2015/5/24 東京11R 優駿牝馬(G1)1着 10番 ミッキークイーン

前述したようにオークス馬ミッキークイーンは有力。ローズSで不覚を取ったが、2着にはきており体調面には問題がなさそうな点は幸いだ。焦点は同馬を脅かし逆転を果たす馬がいるかどうか。11年のアヴェンチュラほどの実績を持っている馬はいない。紫苑S組にしても昨年のようは高レベルとは言い難い状況で、個人的にはあまり推奨できない。今年のローズSは道悪ではなく、普通に良馬場で行われたことから、08年ブラックエンブレムのような大逆転を望むのもどうか。となると、ミッキークイーンが勝利する可能性が高いとみたい。

次点はローズS好走馬。タッチングスピーチトーセンビクトリーになる。1800m以上のOPクラス実績馬はアースライズ、ディープジュエリーなど多数いる。もう少し絞り込みたいところだが、超大穴での激走例もあるだけに該当馬すべてにチャンスはあると考えておいた方が良さそうだ。もし好走できれば配当的にもかなり期待できるだろう。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN