第919回 ダートの「良」と「稍重〜不良」の違いを考える|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第919回 ダートの「良」と「稍重〜不良」の違いを考える

2015/6/29(月)

先週の中央競馬は3場とも雨絡みの開催となり、良馬場時とは異なる予想を迫られた方も多いことだろう。そこで今回は、開催中の函館、今週末にスタートする福島、中京の主要ダートコースについて、良馬場時と稍重〜不良馬場時で脚質別成績と枠順別成績にどのような変化が表れるかを調べてみたい。集計期間は2012年3月3日〜2015年6月28日。データの分析には、JRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用した。

■表1 福島ダート1150m・脚質別成績と枠番別成績

馬場状態 脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
逃げ 29-   8-  10-  54/ 101 28.7% 36.6% 46.5% 238% 151%
先行 44-  54-  37- 224/ 359 12.3% 27.3% 37.6% 120% 130%
中団 26-  29-  39- 503/ 597 4.4% 9.2% 15.7% 79% 66%
後方 2-  11-  14- 496/ 523 0.4% 2.5% 5.2% 14% 27%
マクリ 0-   0-   0-   0/   0          
稍重〜不良 逃げ 5-  2-  1- 19/ 27 18.5% 25.9% 29.6% 83% 45%
先行 13- 16- 12- 54/ 95 13.7% 30.5% 43.2% 145% 121%
中団 8-  9- 12-133/162 4.9% 10.5% 17.9% 49% 52%
後方 1-  0-  2-143/146 0.7% 0.7% 2.1% 18% 30%
マクリ 0-  0-  0-  0/  0          
馬場状態 枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
1枠 12- 18- 10-144/184 6.5% 16.3% 21.7% 101% 71%
2枠 11-  4- 16-161/192 5.7% 7.8% 16.1% 41% 50%
3枠 12- 15- 12-159/198 6.1% 13.6% 19.7% 198% 93%
4枠 7- 15- 19-161/202 3.5% 10.9% 20.3% 19% 74%
5枠 9-  9- 13-170/201 4.5% 9.0% 15.4% 26% 51%
6枠 21- 17-  6-158/202 10.4% 18.8% 21.8% 102% 82%
7枠 11- 14- 10-166/201 5.5% 12.4% 17.4% 46% 82%
8枠 18- 10- 14-160/202 8.9% 13.9% 20.8% 81% 81%
稍重〜不良 1枠 2- 3- 3-45/53 3.8% 9.4% 15.1% 18% 23%
2枠 5- 1- 2-46/54 9.3% 11.1% 14.8% 103% 65%
3枠 3- 3- 3-44/53 5.7% 11.3% 17.0% 44% 30%
4枠 3- 5- 1-45/54 5.6% 14.8% 16.7% 38% 44%
5枠 3- 3- 3-45/54 5.6% 11.1% 16.7% 74% 45%
6枠 2- 4- 5-43/54 3.7% 11.1% 20.4% 47% 50%
7枠 5- 4- 5-40/54 9.3% 16.7% 25.9% 123% 135%
8枠 4- 4- 5-41/54 7.4% 14.8% 24.1% 46% 85%

表1は、福島ダート1150mの脚質別成績と枠番別成績を、良馬場と稍重〜不良馬場で比較したもの。なお、脚質はTARGET frontier JVの分類に従っている(以下同)。脚質のほうから見ていくと、真っ先に目が行くのが「逃げ」の数値だ。良馬場の勝率28.7%、複勝率46.5%に対して、稍重〜不良馬場では勝率18.5%、複勝率29.6%まで下がり、回収率も大差がついている。稍重〜不良馬場の福島ダート1150mでは「逃げ」を過信せず、全項目で安定した数値を残す「先行」を重視したほうが結果につながりやすいだろう。

枠番別成績では1枠に注目したい。良馬場時の好走率はなかなか優秀で、単勝回収率101%と高いのに、稍重〜不良馬場では苦戦。回収率は単複ともに低調だ。1枠だけに限らず、稍重〜不良馬場では全体として内枠不利、外枠有利になる傾向も見てとれるので、枠順にしっかりと注意を払いたい。

■表2 福島ダート1700m・脚質別成績と枠番別成績

馬場状態 脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
逃げ 24-  24-  21- 106/ 175 13.7% 27.4% 39.4% 126% 138%
先行 84-  78-  56- 284/ 502 16.7% 32.3% 43.4% 151% 144%
中団 36-  34-  58- 751/ 879 4.1% 8.0% 14.6% 45% 47%
後方 3-   3-  12- 627/ 645 0.5% 0.9% 2.8% 6% 18%
マクリ 10-  17-   9-  15/  51 19.6% 52.9% 70.6% 163% 234%
稍重〜不良 逃げ 19- 10-  8- 39/ 76 25.0% 38.2% 48.7% 621% 325%
先行 26- 35- 21- 99/181 14.4% 33.7% 45.3% 93% 144%
中団 13- 12- 29-321/375 3.5% 6.7% 14.4% 61% 70%
後方 0-  2-  3-252/257 0.0% 0.8% 1.9% 0% 21%
マクリ 4-  3-  1- 11/ 19 21.1% 36.8% 42.1% 138% 244%
馬場状態 枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
1枠 13-  8- 15-119/155 8.4% 13.5% 23.2% 73% 81%
2枠 20- 17- 21-221/279 7.2% 13.3% 20.8% 49% 66%
3枠 17- 10- 18-248/293 5.8% 9.2% 15.4% 34% 40%
4枠 19- 23- 19-240/301 6.3% 14.0% 20.3% 79% 86%
5枠 19- 32- 22-233/306 6.2% 16.7% 23.9% 42% 90%
6枠 14- 16- 25-252/307 4.6% 9.8% 17.9% 45% 51%
7枠 24- 25- 11-249/309 7.8% 15.9% 19.4% 56% 53%
8枠 31- 25- 25-229/310 10.0% 18.1% 26.1% 151% 106%
稍重〜不良 1枠 5-  6-  5- 46/ 62 8.1% 17.7% 25.8% 81% 107%
2枠 11-  4-  8- 91/114 9.6% 13.2% 20.2% 330% 141%
3枠 8-  4-  7-100/119 6.7% 10.1% 16.0% 52% 73%
4枠 8-  8-  9- 98/123 6.5% 13.0% 20.3% 147% 117%
5枠 4-  4-  9-106/123 3.3% 6.5% 13.8% 15% 64%
6枠 5-  9- 11- 98/123 4.1% 11.4% 20.3% 39% 86%
7枠 10- 10-  7- 96/123 8.1% 16.3% 22.0% 58% 74%
8枠 11- 17-  6- 88/122 9.0% 23.0% 27.9% 70% 113%

表2は、福島ダート1700mの脚質別成績と枠番別成績を、良馬場と稍重〜不良馬場で比較したもの。馬場状態を問わず、脚質は「逃げ」か「先行」が有利で、「中団」や「後方」からの競馬になっただけで好走確率が大幅に下がってしまう。まずは「逃げ」か「先行」の馬を狙うのが基本となる。そして、稍重〜不良馬場になった場合は、その優位がさらに拡大する「逃げ」を是非とも狙ってみたい

枠番別成績は、馬場状態による際立った傾向の違いは見られない。稍重〜不良馬場に関しては、内の1、2枠、外の7、8枠の成績が良く、その間に挟まれた3〜6枠が若干数値を下げているのが特徴と言えるだろう。

■表3 中京ダート1200m・脚質別成績と枠番別成績

馬場状態 脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
逃げ 18-  16-   6-  34/  74 24.3% 45.9% 54.1% 239% 201%
先行 38-  31-  24- 165/ 258 14.7% 26.7% 36.0% 132% 121%
中団 17-  18-  38- 374/ 447 3.8% 7.8% 16.3% 32% 70%
後方 1-   9-   6- 368/ 384 0.3% 2.6% 4.2% 11% 28%
マクリ 0-   0-   0-   0/   0          
稍重〜不良 逃げ 10- 11-  4- 12/ 37 27.0% 56.8% 67.6% 306% 285%
先行 16- 12- 17- 96/141 11.3% 19.9% 31.9% 83% 96%
中団 5- 12- 13-179/209 2.4% 8.1% 14.4% 30% 39%
後方 6-  2-  3-179/190 3.2% 4.2% 5.8% 106% 52%
マクリ 0-  0-  0-  0/  0          
馬場状態 枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
1枠 5-  8-  7-120/140 3.6% 9.3% 14.3% 50% 92%
2枠 11- 14- 12-106/143 7.7% 17.5% 25.9% 73% 94%
3枠 5-  7- 12-123/147 3.4% 8.2% 16.3% 26% 62%
4枠 11-  3- 10-123/147 7.5% 9.5% 16.3% 76% 62%
5枠 8- 13-  5-121/147 5.4% 14.3% 17.7% 34% 42%
6枠 8-  9-  8-123/148 5.4% 11.5% 16.9% 45% 49%
7枠 12- 11-  9-115/147 8.2% 15.6% 21.8% 60% 95%
8枠 14-  9- 11-114/148 9.5% 15.5% 23.0% 116% 109%
稍重〜不良 1枠 8- 3- 5-53/69 11.6% 15.9% 23.2% 50% 42%
2枠 1- 8- 4-58/71 1.4% 12.7% 18.3% 3% 96%
3枠 3- 7- 3-58/71 4.2% 14.1% 18.3% 49% 65%
4枠 8- 2- 8-54/72 11.1% 13.9% 25.0% 218% 65%
5枠 1- 2- 4-67/74 1.4% 4.1% 9.5% 3% 27%
6枠 6- 4- 5-58/73 8.2% 13.7% 20.5% 216% 104%
7枠 6- 3- 5-60/74 8.1% 12.2% 18.9% 93% 44%
8枠 4- 8- 3-59/74 5.4% 16.2% 20.3% 50% 140%

表3は、中京ダート1200mの脚質別成績と枠番別成績を、良馬場と稍重〜不良馬場で比較したもの。このコースは「逃げ」が圧倒的に有利で、稍重〜不良馬場では好走確率がさらに上昇する。ひと雨来たら、とにかくスタートダッシュの速い馬を狙うように心がけたい。

枠番別成績では、良馬場時は2枠を除いて内枠の好走率が低めで、やや外枠有利の傾向にある。一方、稍重〜不良馬場になると、全体的にフラットな好走率が記録されており、枠の有利不利はあまりないようだ。唯一、6枠の数値が極端に低く、いわゆる「死に目」となっている。

■表4 中京ダート1400m・脚質別成績と枠番別成績

馬場状態 脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
逃げ 11-  13-   5-  54/  83 13.3% 28.9% 34.9% 248% 130%
先行 34-  24-  27- 216/ 301 11.3% 19.3% 28.2% 125% 101%
中団 31-  39-  30- 380/ 480 6.5% 14.6% 20.8% 50% 77%
後方 7-   7-  21- 388/ 423 1.7% 3.3% 8.3% 19% 37%
マクリ            
稍重〜不良 逃げ 12-  3-  4- 29/ 48 25.0% 31.3% 39.6% 271% 101%
先行 16- 19- 19-121/175 9.1% 20.0% 30.9% 105% 120%
中団 14- 20- 17-223/274 5.1% 12.4% 18.6% 46% 59%
後方 6-  6-  8-235/255 2.4% 4.7% 7.8% 38% 41%
マクリ            
馬場状態 枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
1枠 8- 13-  6-125/152 5.3% 13.8% 17.8% 25% 58%
2枠 9-  8-  9-130/156 5.8% 10.9% 16.7% 30% 88%
3枠 14- 12-  9-123/158 8.9% 16.5% 22.2% 172% 91%
4枠 8- 15-  9-128/160 5.0% 14.4% 20.0% 36% 68%
5枠 11-  9- 11-132/163 6.7% 12.3% 19.0% 57% 66%
6枠 12- 10- 14-130/166 7.2% 13.3% 21.7% 83% 69%
7枠 11-  9- 14-132/166 6.6% 12.0% 20.5% 104% 75%
8枠 10-  7- 11-138/166 6.0% 10.2% 16.9% 52% 71%
稍重〜不良 1枠 4-10- 9-69/92 4.3% 15.2% 25.0% 44% 111%
2枠 7- 4- 4-78/93 7.5% 11.8% 16.1% 56% 57%
3枠 7- 7- 5-74/93 7.5% 15.1% 20.4% 111% 114%
4枠 8- 5- 8-73/94 8.5% 13.8% 22.3% 119% 71%
5枠 2- 7- 5-82/96 2.1% 9.4% 14.6% 24% 33%
6枠 6- 8- 5-77/96 6.3% 14.6% 19.8% 55% 57%
7枠 5- 0- 8-80/93 5.4% 5.4% 14.0% 51% 41%
8枠 9- 7- 4-76/96 9.4% 16.7% 20.8% 110% 76%

2014/7/13 中京11R プロキオンステークス(G3)1着 6番 ベストウォーリア

表4は、中京ダート1400mの脚質別成績と枠番別成績を、良馬場と稍重〜不良馬場で比較したもの。興味深いのが「逃げ」の成績で、連対率や複勝率ベースではそれほど差がない反面、勝率ベースに限ると稍重〜不良馬場の数値が2倍近く高い。つまり、稍重〜不良馬場で逃げ馬を狙うなら、単勝、あるいは馬単や3連単の1着固定で買う価値が高いということである。

スタート地点が芝になっているダートコースでは、芝の部分を長く走れる外枠が有利というセオリーが知られている。ところが、そのセオリーは中京ダート1400mにはあまり当てはまらない。外枠で優秀なのは稍重〜不良馬場時の8枠ぐらいで、あとは取り立てて強調すべき枠は見当たらず、むしろ内寄りの枠に高い数値が並んでいる。実際、稍重で行なわれた昨年のプロキオンSでは、1着のベストウォーリアが3枠、2着のキョウワダッフィーが2枠、3着のガンジスが1枠と、内枠の馬が1〜3着を占めた。前述のセオリーを鵜呑みにして安易に外枠を重視すると痛い目に遭いかねないので、注意が必要だ。

■表5 中京ダート1800m・脚質別成績と枠番別成績

馬場状態 脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
逃げ 30-  24-  14-  69/ 137 21.9% 39.4% 49.6% 149% 141%
先行 55-  67-  46- 276/ 444 12.4% 27.5% 37.8% 123% 131%
中団 34-  31-  48- 559/ 672 5.1% 9.7% 16.8% 71% 66%
後方 7-   6-  16- 534/ 563 1.2% 2.3% 5.2% 26% 25%
マクリ 2-   0-   4-   8/  14 14.3% 14.3% 42.9% 42% 104%
稍重〜不良 逃げ 17- 10-  8- 40/ 75 22.7% 36.0% 46.7% 139% 129%
先行 35- 28- 29-142/234 15.0% 26.9% 39.3% 145% 127%
中団 11- 21- 24-282/338 3.3% 9.5% 16.6% 28% 63%
後方 3-  4-  5-301/313 1.0% 2.2% 3.8% 19% 13%
マクリ 1-  4-  1-  7/ 13 7.7% 38.5% 46.2% 66% 98%
馬場状態 枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
1枠 9- 11- 15-159/194 4.6% 10.3% 18.0% 43% 56%
2枠 20- 14- 20-151/205 9.8% 16.6% 26.3% 65% 94%
3枠 16- 10- 15-176/217 7.4% 12.0% 18.9% 84% 68%
4枠 17- 16- 20-178/231 7.4% 14.3% 22.9% 53% 57%
5枠 22- 14- 11-194/241 9.1% 14.9% 19.5% 86% 56%
6枠 15- 20- 20-191/246 6.1% 14.2% 22.4% 78% 84%
7枠 10- 21- 13-207/251 4.0% 12.4% 17.5% 66% 94%
8枠 19- 22- 14-199/254 7.5% 16.1% 21.7% 114% 83%
稍重〜不良 1枠 5-  8-  9- 81/103 4.9% 12.6% 21.4% 31% 67%
2枠 7- 12- 12- 80/111 6.3% 17.1% 27.9% 98% 100%
3枠 7-  6-  3-101/117 6.0% 11.1% 13.7% 48% 35%
4枠 8-  3-  6-104/121 6.6% 9.1% 14.0% 41% 40%
5枠 11-  4-  7-104/126 8.7% 11.9% 17.5% 73% 37%
6枠 10- 12-  9- 98/129 7.8% 17.1% 24.0% 42% 109%
7枠 7- 10- 10-105/132 5.3% 12.9% 20.5% 87% 91%
8枠 12- 12- 11- 99/134 9.0% 17.9% 26.1% 73% 64%

表5は、中京ダート1800mの脚質別成績と枠番別成績を、良馬場と稍重〜不良馬場で比較したもの。脚質別成績を見ると、良馬場時と稍重〜不良馬場時の数値にそれほど大きな変化がないことがわかる。馬場状態を問わず「逃げ」や「先行」が有利なコースと認識しておけばいいだろう。

枠順別成績では、馬場状態を問わず1枠の数値(特に回収率)がイマイチなのが目を引く。2枠はどちらも優秀なので内枠がダメとまでは言えないものの、少なくとも最内の1枠は不利と言える。一方、大外の8枠は好調で、特に稍重〜不良馬場時は勝率と連対率でトップの数値をマークしている。馬場が湿ったら8枠狙いの作戦が面白そうだ。

■表6 函館ダート1000m・脚質別成績と枠番別成績

馬場状態 脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
逃げ 22- 11-  7- 19/ 59 37.3% 55.9% 67.8% 261% 251%
先行 32- 37- 33-101/203 15.8% 34.0% 50.2% 81% 151%
中団 5-  7- 13-192/217 2.3% 5.5% 11.5% 38% 32%
後方 1-  3-  6-187/197 0.5% 2.0% 5.1% 3% 18%
マクリ 0-  0-  0-  0/  0          
稍重〜不良 逃げ 7-  4-  6- 13/ 30 23.3% 36.7% 56.7% 68% 136%
先行 20- 20- 12- 59/111 18.0% 36.0% 46.8% 178% 114%
中団 3-  2-  9- 85/ 99 3.0% 5.1% 14.1% 18% 54%
後方 0-  4-  3- 94/101 0.0% 4.0% 6.9% 0% 82%
マクリ 0-  0-  0-  0/  0          
馬場状態 枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
1枠 11-  4-  5- 37/ 57 19.3% 26.3% 35.1% 144% 84%
2枠 2-  8-  6- 43/ 59 3.4% 16.9% 27.1% 68% 102%
3枠 6-  7-  5- 41/ 59 10.2% 22.0% 30.5% 44% 61%
4枠 6-  3-  8- 42/ 59 10.2% 15.3% 28.8% 45% 75%
5枠 11- 14-  7- 72/104 10.6% 24.0% 30.8% 68% 96%
6枠 7-  7-  5- 91/110 6.4% 12.7% 17.3% 39% 43%
7枠 8-  7- 10- 90/115 7.0% 13.0% 21.7% 58% 79%
8枠 9-  8- 13- 86/116 7.8% 14.7% 25.9% 43% 116%
稍重〜不良 1枠 0- 2- 2-25/29 0.0% 6.9% 13.8% 0% 35%
2枠 1- 3- 4-22/30 3.3% 13.3% 26.7% 8% 99%
3枠 3- 4- 2-21/30 10.0% 23.3% 30.0% 50% 45%
4枠 4- 3- 2-21/30 13.3% 23.3% 30.0% 276% 194%
5枠 2- 4- 4-45/55 3.6% 10.9% 18.2% 16% 54%
6枠 8- 3- 7-37/55 14.5% 20.0% 32.7% 112% 151%
7枠 6- 7- 1-42/56 10.7% 23.2% 25.0% 64% 69%
8枠 6- 4- 8-38/56 10.7% 17.9% 32.1% 52% 73%

表6は、函館ダート1000mの脚質別成績と枠番別成績を、良馬場と稍重〜不良馬場で比較したもの。JRA10場で最後の直線がもっとも短い函館のダート1000mだけあって、「逃げ」や「先行」が断然有利なのは当たり前かもしれない。ただし、良馬場では勝率37.3%を誇る「逃げ」が、稍重〜不良馬場では勝率以下の数値を軒並み落としており、アドバンテージが減少することは覚えておきたい。

枠順別成績では、良馬場では勝率19.3%と断然トップの数値をマークした1枠が、稍重〜不良馬場では29戦0勝と不振に喘いでいるのが目につく。たまたま苦戦必死の人気薄ばかりが入ったわけではなく、1番人気と2番人気が3頭ずつ、3、4番人気も計3頭と有力な馬も含まれていた。それでいて1勝もできなかったのだから、稍重〜不良馬場の1枠は相当に不利な条件なのだろう。2枠も1勝のみということを考慮しても内枠から勝ち切るのはかなり大変な模様で、買うにしても1着固定は避けたほうがいいだろう。

■表7 函館ダート1700m・脚質別成績と枠番別成績

馬場状態 脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
逃げ 33-  10-  16-  75/ 134 24.6% 32.1% 44.0% 201% 150%
先行 57-  66-  50- 198/ 371 15.4% 33.2% 46.6% 160% 132%
中団 16-  26-  33- 336/ 411 3.9% 10.2% 18.2% 37% 66%
後方 0-   5-   9- 447/ 461 0.0% 1.1% 3.0% 0% 9%
マクリ 12-  11-  10-  13/  46 26.1% 50.0% 71.7% 223% 184%
稍重〜不良 逃げ 18- 16-  6- 43/ 83 21.7% 41.0% 48.2% 100% 105%
先行 44- 42- 36-117/239 18.4% 36.0% 51.0% 194% 170%
中団 5-  9- 23-228/265 1.9% 5.3% 14.0% 16% 43%
後方 2-  3-  6-269/280 0.7% 1.8% 3.9% 3% 11%
マクリ 5-  4-  3- 10/ 22 22.7% 40.9% 54.5% 151% 157%
馬場状態 枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回率 複回率
1枠 8- 13- 11- 85/117 6.8% 17.9% 27.4% 40% 76%
2枠 10-  6- 15- 87/118 8.5% 13.6% 26.3% 56% 87%
3枠 12-  7- 10- 89/118 10.2% 16.1% 24.6% 89% 83%
4枠 16-  9- 13-154/192 8.3% 13.0% 19.8% 66% 50%
5枠 18- 24- 15-146/203 8.9% 20.7% 28.1% 79% 90%
6枠 13- 22- 18-165/218 6.0% 16.1% 24.3% 134% 78%
7枠 15- 20- 14-179/228 6.6% 15.4% 21.5% 56% 52%
8枠 26- 17- 22-169/234 11.1% 18.4% 27.8% 82% 98%
稍重〜不良 1枠 1-  9-  5- 59/ 74 1.4% 13.5% 20.3% 2% 48%
2枠 10-  4- 11- 48/ 73 13.7% 19.2% 34.2% 82% 86%
3枠 5-  8-  6- 53/ 72 6.9% 18.1% 26.4% 106% 74%
4枠 15- 11-  7- 91/124 12.1% 21.0% 26.6% 132% 67%
5枠 8- 12- 14- 93/127 6.3% 15.7% 26.8% 38% 109%
6枠 10- 10-  6-111/137 7.3% 14.6% 19.0% 85% 50%
7枠 14-  9- 13-103/139 10.1% 16.5% 25.9% 65% 88%
8枠 11- 11- 12-109/143 7.7% 15.4% 23.8% 50% 75%

表7は、函館ダート1700mの脚質別成績と枠番別成績を、良馬場と稍重〜不良馬場で比較したもの。1000mほどではないが、このコースも「逃げ」や「先行」が強いことに変わりはない。良馬場と稍重〜不良馬場での違いはあまりないので、馬場状態を問わず、前に行けそうな馬を狙うのが基本線となる。

枠順別成績では、このコースも稍重〜不良馬場時に1枠がなかなか勝てないことに注目したい。延べ74頭が走り、勝ったのは1番人気に推された1頭だけで、単勝回収率はわずかに2%しかない。隣の2枠は好成績なので内枠そのものが不利というわけではないのだろうが、このコースでも稍重〜不良馬場の1枠を1着固定で狙うのは大きなリスクが伴うことを確認しておきたい。

ライタープロフィール

出川塁(でがわ るい)

1977年熊本県生まれ。上智大学文学部卒業後、出版社2社で競馬専門誌、競馬書籍の編集に携わり、2007年からフリーライターに。「競馬最強の法則」「サラブレ」「優駿」などへ寄稿するほか、出版社勤務時代を含めて制作に関わった競馬書籍は多数。馬券は単勝派だが、焼肉はタン塩派というわけではない。メインの競馬のほか、サッカーでも密かに活動中。

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN