第901回 オークストライアル・スイートピーSの傾向を読む|競馬情報ならJRA-VAN

JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

データde出〜た

データde出〜たバックナンバー

第901回 オークストライアル・スイートピーSの傾向を読む

2015/4/27(月)

2006/4/30 東京11R スイートピーS1着 8番 カワカミプリンセス

今週は日曜日に天皇賞(春)が行われる。が、その前に同日の東京競馬場のメインレースであるスイートピーSについて考えていきたい。06年にはカワカミプリンセスが優勝し、次走オークスも制していた。今年はクラシック組の層がかなり厚そうではあるが、スイートピーS単体のレース予想として参考になりそうなデータを探してみた。データ分析にはJRA-VAN DataLab.TARGET frontier JVを利用。過去10年の結果をもとにレース傾向を考えていきたい。

■表1 スイートピーSの人気別成績(過去10年)

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
1番人気 3-  1-  2-  4/ 10 30.0% 40.0% 60.0% 71 85
2番人気 2-  0-  1-  7/ 10 20.0% 20.0% 30.0% 77 52
3番人気 1-  2-  2-  5/ 10 10.0% 30.0% 50.0% 69 111
4番人気 0-  2-  3-  5/ 10 0.0% 20.0% 50.0% 0 129
5番人気 2-  1-  1-  6/ 10 20.0% 30.0% 40.0% 179 140
6番人気 1-  3-  0-  6/ 10 10.0% 40.0% 40.0% 163 148
7番人気 1-  1-  0-  8/ 10 10.0% 20.0% 20.0% 147 87
8番人気 0-  0-  0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
9番人気 0-  0-  0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
10番人気 0-  0-  0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
11番人気 0-  0-  0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
12番人気 0-  0-  1-  9/ 10 0.0% 0.0% 10.0% 0 169
13番人気 0-  0-  0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
14番人気 0-  0-  0-  9/  9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
15番人気 0-  0-  0-  9/  9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
16番人気 0-  0-  0-  6/  6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
17番人気 0-  0-  0-  4/  4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
18番人気 0-  0-  0-  4/  4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

まずは過去10年(以下同じ)の人気別成績を調べた(表1)。1番人気は【3.1.2.4】という成績。特に良くも悪くもない数字といった印象。2番人気以下で特に優秀な人気というものはなく、ほぼ横一線の成績が7番人気まで続く。8番人気以下になると、好走率が一気に下がる。12番人気で3着が1回あるのみで、超人気薄の激走はほとんど見られない。馬券になっているのは上位7番人気以内となっている。

■表2 スイートピーSの所属別成績(過去10年)

調教師分類 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
美浦 4-  2-  8- 79/ 93 4.3% 6.5% 15.1% 27 50
栗東 6-  8-  2- 50/ 66 9.1% 21.2% 24.2% 68 68
地方 0-  0-  0-  3/  3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

続いて出走馬の所属別成績。出走頭数は美浦がかなり多いが、好走率は圧倒的に栗東の方が高い。回収率の面でも関西馬が優勢だ。特に連軸は関西馬から選んでみたいところだ。

■表3 スイートピーSの脚質別成績(過去10年)

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
平地・逃げ 0-  2-  0-  9/ 11 0.0% 18.2% 18.2% 0 56
平地・先行 3-  3-  4- 26/ 36 8.3% 16.7% 27.8% 111 113
平地・中団 6-  5-  3- 50/ 64 9.4% 17.2% 21.9% 33 53
平地・後方 1-  0-  3- 46/ 50 2.0% 2.0% 8.0% 17 21
3F  1位 4-  0-  3-  4/ 11 36.4% 36.4% 63.6% 159 134
3F  2位 0-  4-  1-  6/ 11 0.0% 36.4% 45.5% 0 129
3F  3位 3-  2-  1- 13/ 19 15.8% 26.3% 31.6% 80 74
3F 〜5位 1-  1-  3-  9/ 14 7.1% 14.3% 35.7% 49 100
3F 6位〜 2-  3-  2- 99/106 1.9% 4.7% 6.6% 29 32

次にスイートピーSの脚質別成績。逃げ馬が【0.2.0.9】で未勝利。先行馬も【3.3.4.26】で、勝率や連対率は目立たない。差し馬が【6.5.3.50】で好走馬の数は多く、決め手がある馬の方が若干勝ちやすい印象だ。レースの上がり1位の馬は【4.0.3.4】で、まずまずの成績。東京コース向きの瞬発力がある馬が狙い目と言えるだろう。ただ、先行馬も複勝率は27.8%で先行馬より優秀。回収率に至っては、差し馬よりも先行馬の方がかなり上だ。単・複ともに100%を超えている。つまり、大穴は見込めなくても、配当妙味を考えるならば先行粘り込みタイプにも注意しなければならないというわけだ。

■表4 スイートピーS出走馬の間隔別成績(過去10年)

間隔 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
連闘 0-  0-  0-  1/  1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
中1週 0-  0-  0- 18/ 18 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
中2週 5-  7-  6- 36/ 54 9.3% 22.2% 33.3% 60 108
中3週 1-  1-  1- 20/ 23 4.3% 8.7% 13.0% 70 51
中4〜 8週 4-  2-  2- 39/ 47 8.5% 12.8% 17.0% 46 40
中9〜24週 0-  0-  1- 17/ 18 0.0% 0.0% 5.6% 0 16
半年以上 0-  0-  0-  1/  1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

表4は出走馬の間隔別成績。連闘や中1週の強行軍での好走例はない。また、中9週以上間隔が開いていた馬の好走も1頭しかない。ひと息入っている馬は割り引きが必要だ。つまり、無理のないローテーションで、順調に使われていることが望ましい。中でも中2週の馬が【5.7.6.36】と好走率が高い。後述することになるが、桜花賞や忘れな草賞組がここにあてはまる。

■表5 スイートピーS出走馬の前走場所別成績(過去10年)

前走場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
札幌 0-  0-  0-  0/  0          
函館 0-  0-  0-  0/  0          
福島 0-  0-  0-  9/  9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
新潟 0-  0-  0-  0/  0          
東京 0-  0-  1-  7/  8 0.0% 0.0% 12.5% 0 37
中山 6-  4-  7- 56/ 73 8.2% 13.7% 23.3% 66 78
中京 0-  0-  0-  4/  4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
京都 0-  0-  0-  3/  3 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
阪神 4-  6-  2- 51/ 63 6.3% 15.9% 19.0% 34 50
小倉 0-  0-  0-  0/  0          
地方 0-  0-  0-  2/  2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

表5は前走場所別成績。中2週の好走馬が多いため、前走中山・阪神組で大半を占める。連対馬はすべて該当。ローカルからの転戦馬は苦戦している。

■表6 スイートピーS出走馬の前走レース別成績(過去10年)

順位 前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回収率 複回収率
1 桜花賞G1 2- 0- 0- 9/11 18.2% 18.2% 18.2% 160 53
2 忘れな草 1- 5- 2-12/20 5.0% 30.0% 40.0% 9 99
3 デイジー500* 1- 2- 0- 5/ 8 12.5% 37.5% 37.5% 52 72
4 フラワーG3 1- 2- 0- 9/12 8.3% 25.0% 25.0% 57 75
5 未勝利・牝 1- 1- 1-15/18 5.6% 11.1% 16.7% 50 58
6 500万下・牝* 1- 0- 2- 6/ 9 11.1% 11.1% 33.3% 38 72
7 ミモザ賞500* 1- 0- 1-12/14 7.1% 7.1% 14.3% 116 45
8 ニュージG2 1- 0- 1- 1/ 3 33.3% 33.3% 66.7% 293 190
9 君子蘭賞500* 1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0% 44 26
10 未勝利 0- 0- 1-11/12 0.0% 0.0% 8.3% 0 11
11 春菜賞500* 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 300
12 山吹賞500* 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0% 0 1690
13 500万下* 0- 0- 0-18/18 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
14 ファルコG3 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
15 フィリーG2 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
16 新馬 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
17 新馬・牝 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
18 マーガレ 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
19 フェアリG3 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
20 クイーンG3 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

2014/5/4 東京11R スイートピーS1着 4番 シャイニーガール

最後に出走馬の前走レース別成績を見ていく(表6)。前述したように桜花賞と忘れな草賞組が上位となった。前走桜花賞組で好走したのは昨年1着のシャイニーガールと05年1着のライラプス。ともに桜花賞は二けた着順に敗れていたが、前者は過去にエルフィンS1着、後者は過去にクイーンCで1着の実績があった。桜花賞での着順は度外視し、そうした点に注目する手もあるだろう。

忘れな草賞組は1着馬こそ少ないが、2〜3着馬がかなり多い。忘れな草賞で掲示板に乗っている馬が特に有力だ。あとは、デイジー賞やフラワーC組。いずれもクラシックを目指す馬たちの牝馬限定戦。未勝利戦や500万クラスの平場戦も、牡馬混合戦よりも牝馬限定戦からの馬の方が好成績であることが特徴だ。

【結論】
以上のような傾向・特徴をまとめると、次のようになる。

・1番人気の信頼度は普通。馬券は上位7番人気以内でほぼ決まる。
・関西馬が優勢。
・決め手がある差し馬が若干勝ちやすい。ただし、配当妙味は先行馬。
・強行軍や休み明けは割り引き。中2週の馬が強い。
・大半が前走中山・阪神組。
・桜花賞組は前走着順不問。ただし、オープンクラスの勝ち鞍がほしい。
・忘れな草賞組は5着以内の馬が有力。
・前走未勝利・500万クラスも牝馬限定戦組が狙い目。

ライタープロフィール

小田原智大(おだわら ともひろ)

1975年6月、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、業界紙記者を経て、(株)レイヤード入社。ライター&エディターとして活躍。JRA-VANデータの配信初期から、いち早くデータ競馬の有効性に着目する。05年5月より「競馬 最強の法則WEB」にて、障害戦を除く全重賞レースの傾向と対策、予想を展開。「オッズパーク ダートグレードデータ作戦」では、地方競馬の重賞の攻略にも取り組んでいる。仕事の関係でなかなか競馬場には行けなくなったが、年に1、2回行くローカル遠征が楽しみ。
小田原智大の完全なる買い方ブログ

データde出〜たバックナンバー

データ競馬のための最強ツール TARGET frontier JV(ターゲット)

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN